著者
伊藤 公雄
出版者
公益財団法人 日本学術協力財団
雑誌
学術の動向 (ISSN:13423363)
巻号頁・発行日
vol.23, no.12, pp.12_44-12_48, 2018-12-01 (Released:2019-04-19)
参考文献数
3

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 3 favorites)

変容するGender概念 https://t.co/AOQ5uHzG1c “「ジェンダー」ジョン・マネーは、1955年の段階で社会的・心理的性別という意味合いでこの言葉を用いていた。…フランスでは、社会的に構築された性別としてのジェンダーについて…、いまではgenreという用語が使われている
変容するGender概念 ─社会科学とGendered Innovation(性差研究に基づく技術革新) https://t.co/0jF9PEB7BS
「ジェンダー」概念をめぐる議論の変遷がコンパクトにまとめられてるのだ。ジェンダー平等に関する議論は先ずここに書かれてることを押さえておくといいと思うのだ:変容するGender概念 https://t.co/Kez7rd00wX
あとで読むのだ:変容するGender概念 https://t.co/Kez7rd00wX

収集済み URL リスト