著者
今 悠気 中村 拓人 梶本 裕之
出版者
特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会
雑誌
日本バーチャルリアリティ学会論文誌 (ISSN:1344011X)
巻号頁・発行日
vol.21, no.4, pp.565-573, 2016 (Released:2017-02-01)
参考文献数
31
被引用文献数
2

Application of the Hanger Reflex to walking navigation was investigated. The Hanger Reflex is a phenomenon that produces an illusory force and involuntary rotation of the body parts by skin deformation. It was first applied at the head by using a wire hanger, but is now known to work on many body parts such as the waist, wrist, and ankle. In the experiment combining Hanger Reflex devices at the head, waist, and ankle, we confirmed that the waist-type Hanger Reflex is the most effective, and that combined Hanger Reflex imparted limited influence on the results.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (4 users, 6 posts, 3 favorites)

理学療法士の方やPT学生さんにとっては ・腰部ハンガー反射 ・足首ハンガー反射 と歩行の影響、各障害へのアプローチ等に関心を持たれる方も、いるのではないかと思います。 J-STAGE - ハンガー反射の歩行への影響… https://t.co/zinhxtc6r4
ハンガー反射を足に応用すればナビゲーションに使えるじゃん、と思っていたら、今日の発表のハンガー反射の人が既に論文出してた。 https://t.co/JdbLDOn4iK #未踏
ハンガー反射で歩行ナビゲーションする研究の一歩目の論文です.B4の頃の研究成果が詰まってます. https://t.co/fSkGsEbcQk https://t.co/SefZJ78Wbr

収集済み URL リスト