著者
蔦谷 匠 久保 麦野 三河内 彰子
出版者
日本人類学会
雑誌
Anthropological Science (Japanese Series) (ISSN:13443992)
巻号頁・発行日
vol.126, no.1, pp.55-62, 2018 (Released:2018-06-28)
参考文献数
16

人類学・先史考古学の教育普及において博物館展示は特に有効だが,展示解説には常にさまざまな制約があり,さらに興味を抱いた来館者に対して効果的に展示を補足する工夫が求められる。既存のウェブサービスを活用すれば,大きなコストやスキルを必要とせずに,博物館展示を補足する解説システムを構築できる。本稿では,東京大学総合研究博物館の2009–2013年の人類学・先史考古学を扱った常設展示「キュラトリアル・グラフィティ―学術標本の表現」において実施した,Twitterやブログを利用した展示解説の取り組みについて報告する。2011年9月から2013年5月までの21ヶ月間に,ふたつのシステムを比較し,利用者にアンケートをとって解析した。その結果,以下の3点が明らかになった。(1)来館者の所持する携帯電話端末から閲覧できる展示解説は,多数の来館者から利用を希望されていたものの,モバイル通信ネットワーク経由で接続することを前提としたシステムでは,提供する情報量を絞り,軽量性を重視することも重要である。(2)2011–2013年時点の状況として,10代20代の若い世代の利用率が高く(それぞれ17%,24%)60代以降の利用率が低かった(7%以下)。(3)来館者のニーズは多様であり,どのような範囲のニーズに応えることを目指しているのかを明確にしていく必要がある。
著者
鷺谷 威
出版者
公益社団法人 日本地震学会
雑誌
地震 第2輯 (ISSN:00371114)
巻号頁・発行日
vol.52, no.1, pp.111-120, 1999-06-30 (Released:2010-03-11)
参考文献数
17
被引用文献数
2

Conventional triangulation and leveling data are analyzed to estimate crustal movements associated with the 1948 Fukui earthquake and its fault model. Horizontal displacement vectors at 84 triangulation points and vertical displacements of 82 leveling benchmarks are inverted to estimate slip distribution on the fault plane. Although two surface traces of faults were found after the earthquake, most of the seismic moment was released from a main fault on the west, and an eastern sub-fault played only a complementary role. The dip angle of the main fault is not well constrained. However, geodetic data are fairly consistent with an assumption of a vertical fault. Estimated fault mechanism is mostly left-lateral strike slip with the maximum slip of 6m. The seismic moment of the Fukui earthquake is estimated as 2.4×1019Nm (Mw=6.8), which is consistent with another estimation based on seismic data. The Fukui earthquake was comparable to the 1995 Kobe earthquake in its size, but the heterogeneity of slip distribution is different each other. The Fukui earthquake fault had a much longer preparatory period before the 1948 event, and fault strength might be completely recovered before the earthquake, which resulted in a rather homogeneous slip distribution. In the case of the 1995 Kobe earthquake, a short recurrence time along the Rokko-Awaji fault after the 1596 Keicho-Fushimi earthquake might result in a rather heterogeneous slip distribution.
著者
荒木 一視
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
日本地理学会発表要旨集
巻号頁・発行日
vol.2014, 2014

&nbsp;戦前の日本の米が国内で自給されていたわけではない。少なからぬ量の米が植民地であった台湾や朝鮮半島から供給され,国内の需要を賄ってきた。その一方で,少なからぬ穀物(米,小麦,粟など)がこれらの地域に輸移入されていた。本発表では朝鮮半島の主要港湾のデータに基づき,これらの主要食用の輸移出入の動向を把握する。これを通じて,戦前期の日本(内地)の食料(米)需要を支えた植民地からの移入米を巡る動向と,1939~1940年にそのような仕組みが破綻したことの背景を明らかにしたい。 <br>&nbsp;第一次大戦と1918年の米騒動を期に,日本は東南アジアに対する米依存を減らし,それにかわって朝鮮半島と台湾に対する依存を高める。円ブロック内での安定的な米自給体系を確立しようとするもので,1920年代から30年代にかけて,朝鮮半島と台湾からの安定した米の供給が実現していた。しかし,1939年の朝鮮半島の干ばつを期にこの食料供給体系は破綻し,再び東南アジアへの依存を高め,戦争に突入していく。以下では朝鮮半島の干ばつまでの時期を取り上げ,朝鮮半島の主要港の食料貿易の状況を把握する。 この時期の貿易総額は1914(大正3)年の97.6百万円から1924(大正13)年には639百万円,1934(昭和9)年には985百万円,1939年(昭和14)年には2,395百万円と大きく拡大する。貿易額の最も多いのが釜山港で期間を通じて全体の15~20%を占める。これに次ぐのが仁川港で,新南浦や群山港,新義州港がそれに続く。また,清津,雄基,羅津の北鮮三港も一定の貿易額を持っている。 <br>&nbsp;釜山:最大の貿易港であるが,1939年の動向の貿易総額734百万円のうち外国貿易額は35百万円,内国貿易が697百万円となり,内地との貿易が中心である。釜山港の移出額260万円のうち米及び籾が46百万円,水産物が14百万円を占め,食料貿易の多くの部分を占める。なお,1926年では輸移出額計124万円のうち玄米と精米で50百万円と,時代をさかのぼると米の比率は大きくなる。1939年の釜山港の移入額では,菓子(4百万円)や生果(8百万円)が大きく,米及び籾と裸麦がそれぞれ3百万円程度となる。1926年(輸移入額104百万円)においても輸移入される食料のうち最大のものは米(主に台湾米)で,5百万円程度にのぼる。これに次ぐのが小麦粉の2百万円,菓子の百万円などである。 <br>仁川:釜山港同様に1939年の総額367百万円のうち外国貿易は67百万円と内地との貿易が主となる。1920年代から1930年代にかけて,米が移出の中心で,1925年の輸移出額64百万円のうち,玄米と精米で47百万円を占め,1933年では同様に43百万円中の28百万円,1939年では106百万円のうち32百万円を占める。なお仕向け先は東京,大阪,名古屋,神戸が中心である。輸移入食料では米及び籾,小麦粉が中心となる。 <br>鎮南浦:平壌の外港となる同港も総額213百万円(1939)のうち,外国貿易は29百万円にとどまる。同年の移出額89百万円のうち玄米と精米で15百万円を占め,主に吉浦(呉)や東京,大阪に仕向けられる。移入では内地からの菓子や小麦,台湾からの切干藷が認められる。 <br>新義州:総額135百万円のうち外国貿易が120百万円を占め,朝鮮半島では外国貿易に特化した港湾である。1926年の主要輸出品は久留米産の綿糸,新義州周辺でとれた木材,朝鮮半島各地からの魚類などで,1939年には金属等,薬剤等,木材が中心となる。いずれも対岸の安東や営口,撫順,大連などに仕向けられる。輸入品は粟が中心で,1926年の輸入総額52百万円中17百万円,1930年には35百万円中,15百万円,1939年には46百万円中12百万円を占める。移出は他と比べて大きくはないが,米及び籾を東京や大阪に仕向けている。 <br>清津:日本海経由で満州と連結する北鮮三港のひとつで,1939年の総額158百万円中35百万円が外国貿易である。1932年の主要移出品は大豆で,移出額7百万円中3百万円を占める。ほかに魚肥や魚油がある。移入品では工業製品のほか小麦粉,米及び籾,輸入品では大豆と粟が中心である。&nbsp;
著者
金 洛年
出版者
土地制度史学会(現 政治経済学・経済史学会)
雑誌
土地制度史学 (ISSN:04933567)
巻号頁・発行日
vol.37, no.2, pp.1-16, 1995-01-20 (Released:2017-12-30)

The purpose of this paper is to show how industrialization of Korea in the 1930s was influenced by the preceding agricultural development plans for increasing rice production (1920-34). Until now the rapid industrialization has been explained mainly by Japan's armaments-expanding policy in the 1930s. However this paper emphasizes internal factors created in the process of agricultural transformation in the 1920s. On the one hand, increase in rice production and its export to Japan at relatively high price produced an enormous surplus in the agricultural sector. This, in turn, enabled Korea to increase imports of manufatured goods. Through the agricultural development and trade with Japan, Korean economy could rapidly expand markets for manufactured goods beyond her production capacity. Later this expansion stimulated new rise and growth of many small-scale factories owned by Koreans or Japanese residents in Korea. Also it induced private direct investments from Japan to the manufaturing industry in Korea. This process promoted import substitution for manufactured goods. On the other hand, most of agricultural surplus fell into the pockets of large landlords and merchants who took the lead in rice production and export under landlord-tenant system. In order to examine whether agricultural surplus remained within the agricultural sector or was transferred to other sectors, we made access to the available lists of large landlords and stockholders, and examined the relationship between them. The results of this examination revealed that a lot of landlords not only took actively part in stock investment, but also established their own companies in non-agricultural sectors. In case of the companies owned by Koreans, it is estimated that more than one third of their capital was invested by landlords and one forth of their owners were also landlords. In short, agricultural development in the 1920s provided favorable conditions for the industrialization in Korea in the next decade in terms of domestic market expansion and capital formation.
著者
矢島 桂
出版者
Business History Society of Japan
雑誌
経営史学 (ISSN:03869113)
巻号頁・発行日
vol.44, no.2, pp.2_59-2_84, 2009 (Released:2012-03-23)

This article analyzes the basic characteristic of the investment in Korean railways, centering on a relationship between the colonial Government and the investors. We deal with the case of a merger with six railway companies in 1923 as an example.In Korea in the era of colonization, a lot of railway companies were established in 1918-20. But, after the crisis of the postwar period, they could not make profits on their business. The Government had given the railway companies protections and aids to encourage establishing a network of railways, and railway companies, given the Government grants, could keep paying dividends.Early 1920s, the railway companies had difficulties of their business, and their investors were made fluctuated. The government enacted the Private Railway Aid Act to calm down the investors. On the other hand, railway companies bargained about merger as a means of breaking difficulties of their business. Although the Government, at first, opposed it, under the curtailed budget, it became to back up the merger.The railway company which was merged with six companies in 1923, wanted the Government to take burdens to break its difficulties. Kaichi Watanabe who was the president—director of the company, urged that the Government should set up the big project including buying out the lines of the railway companies. He tried to make its difficulties broken by the nationalization of the lines.The Government needed private companies to build a part of railways network. The investors wanted colonial government to take burdens in order to break difficulties of their business. Thus, there was a relationship between colonial government and investors, which restricted each other. While the Government should secure the investments in railways, the investors could parasitize on the Government budget in this scheme.
著者
三宅 悠介 松本 亮介
雑誌
研究報告インターネットと運用技術(IOT) (ISSN:21888787)
巻号頁・発行日
vol.2018-IOT-42, no.2, pp.1-7, 2018-06-21

EC サイトの商品種類増大に伴う情報過多問題を解決するため,利用者の要求を満たす商品を自動的に提案する機能が EC サイトにとっての関心事となる.大規模 EC サイトで商品を提案するために扱う特徴量は大規模かつ高次元ベクトルの集合となるため,類似度の比較は精度と計算量を抑えた近似解を用いなければならない.商品を自動的に提案する機能には,可用性を担保しつつ,提案内容の的確さと充分な応答速度が求められる.本報告では,大規模 EC サイトで商品を提案することを想定して,精度と速度を両立した分散可能な近似近傍探索エンジン Sanny を提案する.Sanny は,検索質問データ (クエリ) に対する高次元ベクトル集合の近傍探索結果の上位集合が,クエリと高次元ベクトル集合を任意の次元数で等分した部分ベクトル単位で近傍探索した結果と類似しやすいことに着目して,提案すべき商品の近傍探索を部分ベクトル単位での探索に分解することで分散処理可能にし,その探索結果の和集合である近傍候補から再度近傍探索を行うことにより,全体として高速に近似近傍探索を行える.実験では,従来の近似近傍探索に対する速度並びに精度面での性能比較について評価を行う.
出版者
兵談会
巻号頁・発行日
1912
著者
松本 亮介 中田 裕貴 栗林 健太郎
雑誌
研究報告インターネットと運用技術(IOT) (ISSN:21888787)
巻号頁・発行日
vol.2018-IOT-42, no.1, pp.1-8, 2018-06-21

スマートフォンや PC のモバイル化,SNS の爆発的普及に伴い,個人の Web サイトであってもコンテンツ次第でアクセスが集中する機会が増大してきている.我々は,サービス利用者に専門的な知識を要求せず,アクセス数や負荷に応じて反応的かつ高速にリソースをインスタンスに再割当てすることで,サービス利用者や事業者に手間を強いることなく突発的なアクセス集中に耐えうる FastContainer アーキテクチャを提案した.一方で,従来のホスティングサービスやクラウドサービスと同様に,インスタンスの収容サーバ障害時に,HTTP タイムアウトが生じない程度での可用性を担保しサービスを継続提供するためには,複数収容サーバに横断して,それぞれ複数インスタンスを立ち上げておく必要があった.そのため,利用者にとってはサービス利用コストの増加に繋がっていた.本研究では,HTTP リクエスト処理時において,単一のインスタンスであっても,収容サーバの状態に応じて自動的にインスタンスを別の収容サーバに再配置しサービスを継続させる,HTTP リクエスト単位での低コストで高速なインスタンススケジューリング手法を提案する.高速にインスタンスを再配置するために,Web サーバソフトウェア自体を拡張することなく,Web サーバプロセス起動時に実行されるシステムコールを監視して,起動完了する直前のシステムコール実行前の段階でプロセスイメージを作成しておくことにより,インスタンス再配置時には高速に Web サーバプロセスをそのイメージから起動させる.
著者
冨田 研一
出版者
The Crystallographic Society of Japan
雑誌
日本結晶学会誌 (ISSN:03694585)
巻号頁・発行日
vol.23, no.5, pp.289-298, 1981-09-30 (Released:2010-09-30)
参考文献数
36

The recent progress in single crystal X-ray analysis of DNA fragments involving the oligomers having alternating cytosine-guanine base sequence and novel left-handed double-stranded helical structure is reviewed and all the possible requisite conditions for providing the handedness of DNA structure are also evaluated.
著者
坪井 良介 各務 裕太 山口 大輔 倉光 君郎
雑誌
情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) (ISSN:18827802)
巻号頁・発行日
vol.11, no.2, pp.22, 2018-06-26

型推論は,構文パターンから型を推論する方法で,型アノテーションなしで静的型付けを実現する.ただし,構文パターンからの型推論はアルゴリズムが複雑になりがちですべての言語に採用しにくい問題がある.本発表は,よりお手軽に型推論を実現するため,名前からの型推論を提案する.まず,実際のソース・コードを解析し,型と名前の法則性を調べる.それに基づき,名前からの型を推論するシステムと言語設計を定義した.我々は,これらのアイディアを関数型スクリプト言語konoha 5λに実装し,その使いやすさを検証し報告する.
著者
下山 巌 本田 充紀 奥村 雅彦 小暮 敏博 町田 昌彦 岡本 芳浩 馬場 祐治
出版者
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2016-04-01 (Released:2016-04-21)

H28年度において実施した研究の実績概要は以下の通りである。1.高温低圧環境高速X線回折(XRD)装置及び蛍光X線分析装置(XRF)の導入:複数の候補からリガク製XRD装置SmartLab3を選定し、低圧加熱実験可能な電気炉と2θに対して10°以上の範囲の同時測定可能な高速2次元検出器を併用することで、加熱時及び冷却時の構造変化をその場観察できる装置を導入した。また、XRF装置も導入した。2.アルカリ塩化物試薬におけるカチオン依存性の解明:非放射性Csを収着させた風化黒雲母(WB)をモデル土壌とし、CaCl2とKCl単塩をそれぞれ添加した際のXRD、XRF測定を行った。CaCl2添加により700℃低圧加熱で100%のCs除去率を確認した。一方、KCl添加では約50%のCs除去率となった。また、CaCl2添加時はXRDパターンが大きく変化したのに対し、KCl添加ではWBの構造がほぼ保たれた。これらの結果から同じ塩化物でも1価と2価のカチオンではWBからのCs脱離過程が異なることを明らかにした。また、昇温脱離法(TDS)を用いた分析でもCaCl2添加時にCs脱離が促進されることを確認した。X線吸収分光法(XAFS)を用いた加熱中のその場観察の研究ではNaCl-CaCl2混合塩へのCs溶出が観察された。それと共に、600℃付近より高温側と低温側でCs脱離過程が異なる可能性を見いだした。以上の知見に関しては欧文誌に論文発表すると共に、国内外の学会において報告を行った。3.福島汚染土壌による実証試験:福島の帰還困難区域から粘土質汚染土壌を採取し、加熱処理による放射能変化をNaI検出器により調べた。その結果、KCl、MgCl2試薬では低圧加熱の方が大気加熱よりも高い放射能減衰率が得られたがCaCl2試薬では両者で大きな差が見られず750℃大気加熱で約97%の放射能減衰が得られた。
著者
半田 知宏 三嶋 理晃
出版者
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
雑誌
日本耳鼻咽喉科学会会報 (ISSN:00306622)
巻号頁・発行日
vol.120, no.7, pp.899-906, 2017-07-20 (Released:2017-08-18)
参考文献数
20

膠原病に伴う肺病変は多彩であり, 間質性肺炎の他に気道病変や胸膜炎, 肺高血圧症などを呈することがある. 間質性肺炎は, 膠原病の予後にかかわる重要な臓器病変である. 病理学的には非特異性間質性肺炎パターンが多く, 特発性肺線維症と比較すると予後は一般に良好である. また, シェーグレン症候群ではリンパ増殖性疾患も併発することがある. 治療に関して, ランダム化比較試験が行われているのは強皮症のみである. 一般にステロイドと免疫抑制剤が使用されるが, 強皮症ではその効果は限られる. 近年特発性肺線維症に用いられる抗線維化薬の効果が強皮症を中心に検討されてきている. また, 治療不応例では肺移植も考慮される. 日常臨床では膠原病の特徴を有しつつも膠原病の診断基準を満たさない間質性肺炎が少なくないため, 現在そのような疾患をどう分類するかについて議論がなされている. それらは現在のガイドラインでは特発性間質性肺炎に含められるが, Interstitial Pneumonia with Autoimmune Features(IPAF) という概念が提唱され, その特徴が検討されている. 膠原病性間質性肺炎の治療に関するデータは十分ではなく, 今後の検討を要する.