著者
藤井 理行
出版者
Japan Association for Quaternary Research
雑誌
第四紀研究 (ISSN:04182642)
巻号頁・発行日
vol.34, no.3, pp.151-156, 1995-08-31 (Released:2009-08-21)
参考文献数
19
被引用文献数
2 2

氷河や氷床の涵養域では,雪とともにさまざまな起源を有する物質が年々堆積している.また雪が氷になる過程では,大気が気泡として取り込まれている.このように,氷河あるいは氷床から掘削により取り出したコアは,過去100~105年の気候や環境変動のタイムカプセルといえ,第四紀研究における分解能のよい情報を提供することになる.雪氷コアの解釈の上で重要なことは,コア年代の合理的な決定である.本論では,季節変化シグナルによる方法,年代示準シグナルによる方法,放射性同位体による絶対年代の決定法,氷の流動モデルによる方法を紹介する.
著者
深田 淳太郎
出版者
日本文化人類学会
雑誌
文化人類学 (ISSN:13490648)
巻号頁・発行日
vol.73, no.4, pp.535-559, 2009-03-31 (Released:2017-08-21)

パプアニューギニア、トーライ社会ではタブと呼ばれる貝殻貨幣が、婚資の支払いから秘密結社の加入の手続、役所での税金の支払いまで広い用途で用いられている。このように貨幣がなんらかの意味を持ち、その意味を様々に変え、また実効的な役割を果たすということはいったいどのような事態として考えられるだろうか。本稿では、貨幣やそれを用いた実践が特定の意味を持つことを、それが何であるのかが周囲の人々から見て分かり、説明(アカウント)できることと捉えるエスノメソドロジーの視点を採用する。ここで問うべきは、そのようなアカウンタブルな事態がいかにして出来上がっているのかということである。この問いを具体的に考えていくための事例としてトーライ社会の葬式を取りあげる。葬式においてトーライの人々はタブを用いて、死者への弔意を表し、自らの豊かさを誇示し、他の親族集団と良好な関係を築くなど様々なことを行なう。周囲から見て、個々のタブ使用実践がこれらの様々な意味や効果を持つものと分かるのは、それがなんらかの秩序だったコンテクストの中に位置付けられることによってである。だが同時に、そのようなコンテクストは個々の実践を通して可視化され生成されるものでもある。本稿では葬式におけるタブ使用実践が、そのときどきのコンテクストに沿った適切なやり方でなされながら、同時に周囲の様々な要素との関係の中で当のコンテクストを生成していく相互反照的な生成の過程を記述し、その過程から貝貨タブが具体的な意味や効果を持つものとして可視化されてくる様子を明らかにする。
著者
駒井 克昭 日比野 忠史 大釜 達夫
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集B (ISSN:18806031)
巻号頁・発行日
vol.64, no.3, pp.165-179, 2008 (Released:2008-08-20)
参考文献数
34
被引用文献数
1 1

黒潮流路,河川流量,および瀬戸内海の開口部水位等の経年変化特性に基づいて1982∼1999年を3期に分けて解析し,瀬戸内海の流れ場に及ぼす黒潮の蛇行・直進の影響を明らかにした.まず,実測の密度分布および気圧配置の季節変動を考慮した平面二次元モデルによって瀬戸内海全域の流れ場を解析し,通過流量の強さと流向の変化は下層の低塩分水塊の滞留域の変化によく一致することを示した.次に,運動量保存則に基づいた考察から,黒潮流軸の位置とそれに沿った流速等の水理量を三角級数で近似する数値モデルを構築した.瀬戸内海の通過流量は1010m3/monthのオーダーで期毎に異なり,黒潮流路の蛇行・直進による影響は季節変動量の約3∼4割に相当することが推定された.
著者
大橋 美幸
出版者
函館大学図書館
雑誌
函館大学論究 = The Review of Hakodate University (ISSN:02866137)
巻号頁・発行日
vol.49, no.1, pp.129-161, 2017-10

北海道新幹線の開業2年目に、函館市等の街頭、イベントでアンケートを行い、開 業前、開業直後と比較した(回収数3635)。 北海道新幹線の利用経験は函館4割、他の沿線5~8割、札幌15%であり、沿線だ けでなく遠方からも利用されている。目的は道内外ともに観光7割であり、開業直後 から変わっていない。 沿線への開業の影響は、経済・社会全体に「プラス」、観光客数が「増えた」と函館、 新幹線駅地元で7割に評価されており、おおむね肯定的に捉えられている。 道外からの移動は、東北8割、北関東4割が新幹線を利用しており、東北でJR利 用が移行し、北関東で飛行機からの一部乗り換えが起こっている。他方で、南関東以 南の新幹線利用はわずかであり、開業直後よりもむしろ減っている。訪問先は函館の みが8割以上であり、周遊につながっていない。周遊は開業直後よりもむしろ減って おり、開業効果を限定的なものにしている。
著者
関根 康史
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集 (ISSN:21879761)
巻号頁・発行日
vol.83, no.845, pp.16-00250, 2017 (Released:2017-01-25)
参考文献数
14

Recently, AACN (Advanced Automatic Collision Notification) that presupposed cooperation with emergency life-saving organizations is expected. Therefore, emergency life-saving organizations must recognize injury speciation of patients, as quickly as possible. So, the author tried the traffic accident analyzing method by statistical data analysis from combing analysis items analysis items for main site of injury and analysis items for injury contents (indicated in the traffic accident statistics vote by Japanese National Police Agency). And furthermore it is necessary to improve the safety of vehicles not only for same class collisions but also for collisions between vehicles of different types (e.g., between SUVs and sedans). In this study, the author applied the method of analysis as described above for frontal collision between SUVs and middle sedans, and analyzed using statistical data stored in ITARDA (Institute for Traffic Accident Research and Data Analysis). In the case of fatal or severe injuries, it is shown that the component rate of chest fracture of middle sedan drivers is higher than that of SUVs. It is supposed that the difference in these rates is caused by the vertical offset configuration between the frames of the two different types of vehicles when they crash into each other.

6 6 0 0 文化経済学

出版者
文化経済学会「日本」
巻号頁・発行日
1998
著者
Sally Lee PERRIN Jillian DORRIAN Charlotte GUPTA Stephanie CENTOFANTI Alison COATES Lyla MARX Karyn BEYNE Siobhan BANKS
出版者
National Institute of Occupational Safety and Health
雑誌
Industrial Health (ISSN:00198366)
巻号頁・発行日
pp.2018-0070, (Released:2018-10-19)

Flight attendants experience circadian misalignment and disrupted sleep and eating patterns. This survey study examined working time, sleep, and eating frequency in a sample (n=21, 4 males, 17 females) of Australian flight attendants (mean age=41.8 y, SD=12.0 y, mean BMI=23.8 kg/m2, SD=4.1 kg/m2). Respondents indicated frequencies of snack, meal, and caffeine consumption during their last shift. Reported sleep duration on workdays (mean=4.6 h, SD=1.9 h) was significantly lower than on days off (M=7.2 h, SD=1.2 h, p<0.001), and significantly lower than perceived sleep need (M=8.1 h, SD=0.8 h, p<0.001). Food intake was distributed throughout shifts and across the 24 h period, with eating patterns incongruent with biological eating periods. Time available, food available, and work breaks were the most endorsed reasons for food consumption. Caffeine use and reports of gastrointestinal disturbance were common. Working time disrupts sleep and temporal eating patterns in flight attendants and further research into nutritional and dietary-related countermeasures may be beneficial to improving worker health and reducing circadian disruption.
著者
廣畑 輔雄
出版者
東京教育大学漢文学会
雑誌
漢文學會々報
巻号頁・発行日
vol.24, pp.24-38, 1965-06-25
著者
柴田 博仁
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.50, no.3, pp.1204-1213, 2009-03-15

本稿は,ディスプレイ構成の違いが業務にもたらす影響を定量的に測定することを狙いとするものである.知的財産管理業務を行う8人の被験者を対象に,17インチのシングルディスプレイ環境(Small条件)から,24インチの大画面ディスプレイ環境(Large条件),あるいは2つの17インチディスプレイを並置する多画面ディスプレイ環境(Dual条件)へと移行した前後で,およそ2週間ずつ実業務でのウィンドウ操作ログを取得した.ディスプレイ構成の違いによる業務効率化の程度は,ウィンドウ操作に要する時間の総和でとらえることができるという考えに基づき,ウィンドウの切替え,移動,サイズ変更というウィンドウ操作に要する時間を条件間で比較した.結果として,Small条件では,コンピュータ操作を行っている時間のうち8.5%をウィンドウ操作に費やしていることが分かった.これは,現状のウィンドウシステムにおける改善の必要性を示唆するものである.さらに,Small条件に対して,Large条件ではウィンドウ操作のコスト削減は見られなかったが,Dual条件では13.5%のコスト削減が見られた.これは,ウィンドウ操作に要するコストという観点から,大画面ディスプレイに対する多画面ディスプレイの優位性を示すものである.
著者
Eun Seo Jo Mark Algee-Hewitt
出版者
Japanese Association for Digital Humanities
雑誌
Journal of the Japanese Association for Digital Humanities (ISSN:21887276)
巻号頁・発行日
vol.3, no.1, pp.1-32, 2018-10-21 (Released:2018-10-22)
参考文献数
21

Historians have traditionally relied on close readings of select primary sources to evaluate linguistic and discursive changes over time, but this approach can be limiting in its scope. Numeric representations of language allow us to statistically quantify and compare the significance of discursive changes and capture linguistic relationships over time. Here, we compare two deep learning methods of quantitatively identifying the chronology of linguistic shifts: RNN classification and RNN language modeling. In particular, we examine deep learning methods of isolating stylistic from topical changes, generating “decade embeddings,” and charting the changing average perplexity in a language model trained on chronologically sorted data. We apply these models to a historical diplomatic corpus, finding that the two world wars proved to be notable moments of linguistic change in American foreign relations. With this example we show applications of text-based deep learning methods for digital humanities usages.