101616161

投稿一覧(最新100件)

120℃、8日間ではわずかに溶出するという報告があります。なので、100℃以下だと無視できるほどかもしれませんが、全く零ではないと思います。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcorr1991/40/5/40_5_315/_pdf
基本的にはないと思います。アミロペクチンの作り方はかなり複雑で、グルコースのα1,4結合を伸長したものに枝作り酵素が作用して枝分作って、また伸長しての繰り返しですが、枝作り酵素が反応する最低の長さがあるため、連続とはならないはずです。 詳しくは参考文献を見てください。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/bag/1/1/1_KJ00009004684 ...
栄養成分(寒天は除いて)は、 MEA 麦芽エキス20、グルコース20、ペプトン1 PDA ポテトエキス4、グルコース20 CMA コーン浸出液末2です。 純粋に栄養量から行けばMEAがよさそうですが、一般的にはPDAがよく育つような感覚はあります。 食品を対象とした真菌用培地の性能比較という論文がありますから、参考にしてください。多少の差のように思えます。 https:/ ...
「糖水溶液の粘度測定」というのがあります。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssi/2005/0/2005_0_161/_pdf
13%も含まれているという情報はどこから得られたものでしょうか。もともと豆乳には3.6%程度のタンパク質が含まれていて、そのうちのごく一部がトリプシンインヒビターです。なのでそう簡単に取れるものではありませんが、初期のフルペーパーを参照して、検討してください。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/biochemistry1922/62/2/62_2_141.. ...
濃くなるほど粘度は高くなります。式はないのですが、測定データはこの文献にあります。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssi/2005/0/2005_0_161/_pdf また英語で良ければ式のあるものもあります。 http://www.rsc.org/suppdata/ra/c3/c3ra41075g/c3ra41075g.pdf#searc ...
例えばこの方法はろ紙電気泳動で分離後抽出・定量しています。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/cha1953/1960/15/1960_15_77/_ar...
規制装置となると難しそうです。排出を監視する装置、コントロールする方法などのいくつかのHPを上げておきますので、参考になればいいと思います。 畜産からの温室効果ガスの排出抑制技術 http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/pdf/mgzn09801(5).pdf#search=%... 下水処理場における温室効果ガスの排出係数評価と低減対策 htt ...

1 0 0 0 OA 光合成細菌

「紅色硫黄細菌は、一般に湖や硫黄泉などの硫化水素が蓄積した水環境の、光の当たる無酸素域に見出される。」ということですから硫黄泉の水辺ではなく内部の赤くなっているところでとれると思います。また普通に池などから採取しても増やせるようです。こちら http://outdoor.geocities.jp/y44235/sub9-017.html またこちらなら緑色硫黄細菌についての説明もありま ...
古い文献ですが、「二種のモグラの分布境界線における14年間の変化」( https://www.jstage.jst.go.jp/article/jmammsocjapan1952/6/1/6_1_13/_... )というのがあります。
この論文に詳しく書いてあります。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/101/3/101_3_...
扱っている菌にもよりますが、それほど大きな差は出ないのではないかと思います。この報告も参考にしてください。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/shokueishi1960/24/1/24_1_7/_pd...
ぴったりの文献があります。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscc1971b/33/3-4/33_187/_pdf