akyoon@himaari (@akyooon)

投稿一覧(最新100件)

近代デジタルライブラリー - ユダヤ禍の迷妄 http://t.co/YnVQCNx79m
"世界を攪乱するユダヤ人" 近代デジタルライブラリー - 世界を攪乱するユダヤ人 http://t.co/SdJK5u7yQn
近代デジタルライブラリー - 共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状 http://t.co/sBjsxhH82l
近代デジタルライブラリー - 共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状 http://t.co/5j1OnaqTZW

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(734ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @korimaru0206: 子宮頸がんワクチンに関連した自己免疫脳症 鹿児島大学神経内科 高嶋博 https://t.co/LQe0HafLrb
救急外来における過換気症候群( ..)φメモ 無呼吸による低酸素血症の発生に注意。 全体の55.9%が救急車の搬送。冬より夏に多く、女性が多く(82%)、既往の記載があった患者では神経症性障害,ストレス関連障害および身体表現性障… https://t.co/oUFteTR8Zq
( ..)φメモ  救急搬送 過換気症候群 653例の検討  "若年者・女性(78%)・昼間発症例が多く,複数回搬送が少なく,精神疾患の既往が多く,鎮静薬の投与比率が低い" https://t.co/IHEAYFPYdV
RT @tcv2catnap: どうぞ 「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原攝子 https://t.co/GCIHPWTtCn 「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」市原攝子 https://t.co/YiX7…
RT @tcv2catnap: どうぞ 「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原攝子 https://t.co/GCIHPWTtCn 「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」市原攝子 https://t.co/YiX7…
RT @tcv2catnap: どうぞ 「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原攝子 https://t.co/GCIHPWTtCn 「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」市原攝子 https://t.co/YiX7…
RT @tcv2catnap: どうぞ 「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原攝子 https://t.co/GCIHPWTtCn 「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」市原攝子 https://t.co/YiX7…
RT @AAD_Japan: レボフロキサシンの副作用による両側アキレス腱断裂の一例(整形外科と災害外科、2017年) https://t.co/pHkArKRnQ5 内服3日から両足関節部が痛くなり、3週間目に両側断裂... 内服したのは4日だけ。
RT @SatoshiMasutani: @tcv2catnap 続編もあった。「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原 攝子 https://t.co/eE8vSlowY3
RT @PriamalFear: @sinwanohate なかなかハイレベルな御質問ですが > 未分化の状態に近くなる これは未分化にBRAFが多い(BRAF/RASで排他的)ですが、その発症頻度からもBRAF単体でけではなく別のトリガが関与する必要があると思います。…

フォロワー(990ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @korimaru0206: 子宮頸がんワクチンに関連した自己免疫脳症 鹿児島大学神経内科 高嶋博 https://t.co/LQe0HafLrb
RT @tcv2catnap: どうぞ 「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原攝子 https://t.co/GCIHPWTtCn 「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」市原攝子 https://t.co/YiX7…
RT @tcv2catnap: どうぞ 「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原攝子 https://t.co/GCIHPWTtCn 「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」市原攝子 https://t.co/YiX7…
RT @SatoshiMasutani: @tcv2catnap 続編もあった。「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原 攝子 https://t.co/eE8vSlowY3