ごんてん (@gonten)

投稿一覧(最新100件)

RT @ktgis: 大正時代はじめに、現在の板橋区中板橋駅付近の石神井川沿いにあった牧場。その頃は、巣鴨から新宿、渋谷にかけて牧場が立地していた。小田内通敏1918『帝都と近郊』より。国会図書館デジタルアーカイブ https://t.co/0jLx7CwyIy https:/…
RT @ogugeo: 昨日の熊本の地震と同様に、震源が浅く狭い範囲で被害が大きかった1889年の熊本地震について、新聞記者の日記などを用いて全体像をまとめた論文 https://t.co/lxxQBqzbxM 阪神淡路大震災により都市の直下型地震が注目されたことを踏まえて19…
「日本昔話 「 鬼が笑う 」 にみる母性」千野 美和子 京都光華女子大学学術リポジトリ https://t.co/4fwp6GSlpY
読んだ:DSpace at Waseda University: 星々は夢を見ない -オーギュスト・ブランキに関する覚え書き- http://t.co/Z4PTZBGtX3
九十九里を臨む地表の高台にもソレらは表れているのだろうか:「東京直下に沈み込む2枚のプレートと首都圏下の特異な地震活動」(「地学雑誌」PDF)https://t.co/dEImBcdVA9
読んだ。敵は海賊ではない:CiNii 論文 -  ポスドクからポストポスドクへ(<シリーズ>"ポスドク"問題 その12) http://t.co/XpuNvojyD8
RT @ogugeo: 時の人である東洋大の地形学者・渡辺満久氏が東大のオーバードクターの時に発表した北上低地帯の地形と断層に関する論文(地理学評論,1989年)http://t.co/FdMkBMhQ 当時の論文の図は手書きで,渡辺氏は優れた図を描くことでも有名だった。 ...
刺激的な児童書だ:近代デジタルライブラリー - 星と雲・火山と地震 http://t.co/jSnCszmK
雷の周期が28日、というのだけわかった:太陽活動ー雷活動のリンクの可能性と超高層雷放電が地球大気ヘ与える化学的インパクト[pdf] http://t.co/dw67h8m0
RT @gyoxay: ウェブで読めます:玉井建也「「聖地」へと至る尾道というフィールド-歌枕から『かみちゅ!』へ-」(『コンテンツ文化史研究』創刊号、2009年) http://jairo.nii.ac.jp/0021/00020077

お気に入り一覧(最新100件)

日本でも石原あえか、石倉和佳らの研究のように蓄積がある、ある時代の科学と文学の関係についての研究だろうか。取り寄せる→中野逸雄(2012)「19世紀における自然科学の作品化と「崇高」:アーダルベルト・シュティフターの文学」『藝術研究』http://t.co/epLRDFdKlb

フォロー(724ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @morita11: "CiNii 論文 -  マレー人農村の伝承医の薬と医師の薬 : 137人の聞き取りと伝承医の治療の観察から" https://t.co/VdK052p0z1
RT @morita11: "CiNii 論文 -  現代日本における科学文化論の展望 : 科学思想史から鎌池和馬『とある魔術の禁書目録』の作品論へ" https://t.co/1YBTgbGM6L
RT @morita11: "CiNii 論文 -  アニメ「進撃の巨人」における澤野弘之の劇伴" https://t.co/s0nRO4v2fi
RT @hamano_takashi: 中山徹「性的差異の二律背反 : カント、フロイト、ラカン派精神分析」CiNii 図書 - ジェンダーと「自由」 : 理論、リベラリズム、クィア https://t.co/uePmqntmgE #CiNii
さっきの「々」に関して『日本語における畳語複数形の生成可能性について』(https://t.co/TN3RzdD9ZC)という言語学の論文があった。私も「使用範囲が非常に限定されている」のが面白いと思う。たしかに「魚魚(うおうお)… https://t.co/mRIBZ2vhhO
RT @baritsu: 大正8年「強力エルモ: 冒険大活劇」http://t.co/8jVfKQX5エルモ・リンカーンの「強力エルモ」のノベライズ。巻末の既刊リスト見ても「名金」とか「吸血鬼蝙蝠団」(ドラルー=吸血ギャング団)とか知ってる題名がいくつも。ノベライズは映画を所有…
RT @wasurenakusa: これ読んでカンギレムについて勉強した。キーワードが非常に手際よくまとめられていてとても勉強になった。たくさんのヒントを得た。 https://t.co/ZWytuIYC1w
RT 「情報管理」Vol. 59 (2016) No. 5 p. 331-335 視点 人工知能はみようみまねマシンの究極形 https://t.co/aY3uHKnDXv 情報・システム研究機構 統計数理研究所 樋口 知之
【地理学評論掲載論文】佐藤大祐 2003.明治・大正期におけるヨットの伝播と受容基盤,地理学評論76,599-615.https://t.co/eKS3gfRTlU
【地理学評論掲載論文】稲垣 稜 2003.大都市圏郊外のニュータウン出身者の移動行動-高蔵寺ニュータウンを事例に,地理学評論76,575-598.https://t.co/UhIBK8QHbi
【地理学評論掲載論文】新井智一 2003.東京都田無市と保谷市におけるロカリティの変化と両市の合併,地理学評論76,555-574.https://t.co/KErGoD1H60

フォロワー(931ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

p進Hodge理論と多様体のL関数の特殊値のp進的性質については,加藤和也氏による数学的にも文学的にも価値の高い論説があるので興味のある方は是非それ等を参照されたい. https://t.co/vv4KJ8caUH https://t.co/K3euqhLrh0
RT @baritsu: 大正8年「強力エルモ: 冒険大活劇」http://t.co/8jVfKQX5エルモ・リンカーンの「強力エルモ」のノベライズ。巻末の既刊リスト見ても「名金」とか「吸血鬼蝙蝠団」(ドラルー=吸血ギャング団)とか知ってる題名がいくつも。ノベライズは映画を所有…
岩澤理論は,岩澤健吉さんの「代数体と,有限体上の一変数関数体は,どこまでも似ていると信じてよい」というロマンから生じたという色彩の強さで際立っている.このロマンは,論説として述べられており,数学界に大きな影響に与えた. https://t.co/CgWDof15UQ
RT 「情報管理」Vol. 59 (2016) No. 5 p. 331-335 視点 人工知能はみようみまねマシンの究極形 https://t.co/aY3uHKnDXv 情報・システム研究機構 統計数理研究所 樋口 知之
【地理学評論掲載論文】佐藤大祐 2003.明治・大正期におけるヨットの伝播と受容基盤,地理学評論76,599-615.https://t.co/eKS3gfRTlU
【地理学評論掲載論文】稲垣 稜 2003.大都市圏郊外のニュータウン出身者の移動行動-高蔵寺ニュータウンを事例に,地理学評論76,575-598.https://t.co/UhIBK8QHbi
【地理学評論掲載論文】新井智一 2003.東京都田無市と保谷市におけるロカリティの変化と両市の合併,地理学評論76,555-574.https://t.co/KErGoD1H60
今日のような蒸暑い日には,“動物や植物” を “育成” でもするかのような話がよいであろう. ── アンドレ・ヴェイユ 『ゼータ函数の育成について』 https://t.co/va5FE3To0t