ごんてん@鳥@狼 (@gonten)

投稿一覧(最新100件)

RT @ktgis: 大正時代はじめに、現在の板橋区中板橋駅付近の石神井川沿いにあった牧場。その頃は、巣鴨から新宿、渋谷にかけて牧場が立地していた。小田内通敏1918『帝都と近郊』より。国会図書館デジタルアーカイブ https://t.co/0jLx7CwyIy https:/…
RT @ogugeo: 昨日の熊本の地震と同様に、震源が浅く狭い範囲で被害が大きかった1889年の熊本地震について、新聞記者の日記などを用いて全体像をまとめた論文 https://t.co/lxxQBqzbxM 阪神淡路大震災により都市の直下型地震が注目されたことを踏まえて19…
「日本昔話 「 鬼が笑う 」 にみる母性」千野 美和子 京都光華女子大学学術リポジトリ https://t.co/4fwp6GSlpY
読んだ:DSpace at Waseda University: 星々は夢を見ない -オーギュスト・ブランキに関する覚え書き- http://t.co/Z4PTZBGtX3
九十九里を臨む地表の高台にもソレらは表れているのだろうか:「東京直下に沈み込む2枚のプレートと首都圏下の特異な地震活動」(「地学雑誌」PDF)https://t.co/dEImBcdVA9
読んだ。敵は海賊ではない:CiNii 論文 -  ポスドクからポストポスドクへ(<シリーズ>"ポスドク"問題 その12) http://t.co/XpuNvojyD8
RT @ogugeo: 時の人である東洋大の地形学者・渡辺満久氏が東大のオーバードクターの時に発表した北上低地帯の地形と断層に関する論文(地理学評論,1989年)http://t.co/FdMkBMhQ 当時の論文の図は手書きで,渡辺氏は優れた図を描くことでも有名だった。 ...
刺激的な児童書だ:近代デジタルライブラリー - 星と雲・火山と地震 http://t.co/jSnCszmK
雷の周期が28日、というのだけわかった:太陽活動ー雷活動のリンクの可能性と超高層雷放電が地球大気ヘ与える化学的インパクト[pdf] http://t.co/dw67h8m0
RT @gyoxay: ウェブで読めます:玉井建也「「聖地」へと至る尾道というフィールド-歌枕から『かみちゅ!』へ-」(『コンテンツ文化史研究』創刊号、2009年) http://jairo.nii.ac.jp/0021/00020077

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(808ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @sosuke110: 甘利さんの「情報幾何の生い立ち」 https://t.co/dpyiWlrUkd における 5. 大型プロジェクト研究と個人の創意 の章を読もう
海産動物の毒 いろいろ面白い https://t.co/rJYv3gus1O
ガゼックスを用いた雪崩発生法に関する研究 https://t.co/Jlvikig69C
「本朝神社考」 『武州公秘話』『春琴抄』『細雪』等、谷崎作品全般にわたっての読解のための資料としてチェーーーック! https://t.co/VhmetX3C3T
RT @nekonoizumi: 以前話題になった赤阪先生の論文 「カール禿頭王は本当に禿げていたか Was Charles the Bald Really Bald?」 も容姿とジェンダーにまつわる話でもあった。 PDFあり。 https://t.co/tG4ok43kRx
RT @sakonosamu: 日本人の旋律、音程、リズムにおける知覚と感性 https://t.co/bBWNRJoe5q 先日青土社から上梓された樋口桂子著『日本人とリズム感』に興味を持たれた方にお勧め。

フォロワー(925ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @sosuke110: 甘利さんの「情報幾何の生い立ち」 https://t.co/dpyiWlrUkd における 5. 大型プロジェクト研究と個人の創意 の章を読もう
p進Hodge理論と多様体のL関数の特殊値のp進的性質については,加藤和也氏による数学的にも文学的にも価値の高い論説があるので興味のある方は是非それ等を参照されたい.(斎藤秀司) https://t.co/vv4KJ8caUH https://t.co/K3euqhLrh0
岩澤理論は,岩澤健吉さんの「代数体と,有限体上の一変数関数体は,どこまでも似ていると信じてよい」というロマンから生じたという色彩の強さで際立っている.このロマンは,論説として述べられており,数学界に大きな影響に与えた.(加藤和也) https://t.co/CgWDof15UQ
ガゼックスを用いた雪崩発生法に関する研究 https://t.co/Jlvikig69C
「本朝神社考」 『武州公秘話』『春琴抄』『細雪』等、谷崎作品全般にわたっての読解のための資料としてチェーーーック! https://t.co/VhmetX3C3T
この§4で述べた事は,§3.3末の例に記述したような,Milnor K群のfiltrationのgrの様子,大域体のidele類群が内蔵する微分の海に wild な分岐がもたらす嵐の様子を読みとろうとしたものである.(加藤和也) https://t.co/yIbkKL8eaW
RT @sakonosamu: 日本人の旋律、音程、リズムにおける知覚と感性 https://t.co/bBWNRJoe5q 先日青土社から上梓された樋口桂子著『日本人とリズム感』に興味を持たれた方にお勧め。