hiroyuki (@hiroyuki_in)

投稿一覧(最新100件)

音声学的声優研究の論文。 CiNii 論文 -  女性声優による役柄の性別の異なる音声の音響的特徴 : 基本周波数に着目して https://t.co/z5tNRmg9oK #CiNii pdf→https://t.co/UX4wL2VM0J
CiNii 論文 -  テイラ-の「銑鉄運搬作業実験」について--レッジ=ペロ-ニの一研究に関連して (〔九州大学〕経済学部50周年記念論文集) https://t.co/qwldkIVmB6 これ入手すること。
CiNii 論文 -  統計学名言集 ベイズ統計学のイメージをつかんでいただくために (特集 激震!邪馬台国論争 : 数理歴史学による挑戦) https://t.co/hu9z5metAO ミシンとこうもり傘が手術台の上で出会った的な何かを感じた。
J-STAGE Articles - 高校野球における競技成績と環境要因の関連性 https://t.co/7Tz8IyPd96 拙論を引用してくれてる。
一瞬お釈迦様とドラッカーが対談したのかと思った。https://t.co/lc5f7CCVts
CiNii 論文 -  小説 真夜中をさまようゲームブック https://t.co/T0gRqQhRg3 そういえばこの号入手したのだった。部屋のどこかにある。
CiNii 論文 -  現代日本における声優の歴史 -声優の誕生と黎明期- https://t.co/tMpzBkrJRt #CiNii 声優史の論文。
ちなみに『法の原理』は翻訳が三種類出ていて、ブックフェアで紹介した行路社版の訳者による岩波文庫版の書評論文も合わせて読むとよりいっそう面白いです。https://t.co/mDw6NbiIfT
CiNii 論文 -  アニメ作品における話し言葉:若者向けアニメ作品を対象に https://t.co/Axa7zo1w1B 分析対象作品がすべて京都アニメーション作品で、それはよいとしても、分析範囲を拡げると違う結果が出たりするかな。
CiNii 論文 -  古代エジプトの高齢者問題 https://t.co/0NzPQnq7VB 古代エジプトでは高齢者は尊敬されていた一方で、家庭内では疎まれたりいじめられたりしていて、それを防ぐための隣組のような制度があったというところが面白いと思った。
CiNii 論文 -  多元化するゲーム文化の研究課題 : 利用と満足・ゲーム実践・メタゲーム https://t.co/Cj50vBef1X 論文はリポジトリで読める。3.2に『ウォーロック』の簡単な分析がある。
@commonko そのあたりの論点は拙論をお読みいただけると少しは参考になるかもしれません。https://t.co/4PD1AwikC3 https://t.co/UJ14mJFZ2L
CiNii 論文 -  古典ラテン語の散文における名詞句の分離配置について https://t.co/cZoWyHneO3 #CiNii これはさっきの分類を細かくしてる。ややこしいな。
CiNii 論文 -  ラテン語の名詞フレーズの分離配置について https://t.co/ysjkSlPY4A #CiNii これ面白かった。分離配置に規則性があるかどうかなんてあまり考えたことがなかった。
CiNii 論文 -  アニメ動画の声優認識のためのコンテキストを意識した性別判定 (人工知能と知識処理) https://t.co/V6sCv4eRdZ #CiNii アニメの音声から声優名を自動判定させるためにまずは性別を判定させるシステムをつくるという研究。
CiNii 論文 -  「空気系」という名の檻 : アニメ『けいおん!』と性をめぐる想像力 https://t.co/wQXgOyx3Jo #CiNii 「萌えアニメ」を「日常系」とか「空気系」とか呼ぶ雑な解釈を丁寧に批判している。ちゃんと批判するのは大事だな。
CiNii 論文 -  「聴き手」は虚構世界に没入する : 小説/シチュエーションCDにおける受容経験の相違 https://t.co/6HMELhsosl #CiNii 花澤さんの朗読CDについての論文を書いた人だね。
CiNii 論文 -  古典研究における解釋の問題 : プロクロスの註釋から https://t.co/HgroQJ7RzG 『ティマイオス』の冒頭2行に対してプロクロスが150行の注解を書いたというところでぐへえとなる。
CiNii 論文 -  日本の音声業界における報酬制度とその歴史 https://t.co/vqsW37HvyB #CiNii
CiNii 論文 -  写本『随筆集』と刊本『閑暇』がホッブズの著者ではないことの証明 https://t.co/AcbIpIeaHY これどんな論文なんだろう。6ページで偽書判定してしまうのか。
CiNii 論文 -  英文家安藤貫一 https://t.co/aPJ3mKgnYI これによると異様に英語のできる人だったらしい。なんとなく関口存男を想起してしまう。
これは知らなかった。ゲームブックらしい。https://t.co/vd3Y2OYBY0
CiNii 論文 -  アニメ時代の「声優」の役割とそのメディア的構造の変化 : 日本における「声優」とは何か?(2) https://t.co/sCYpCLsM9A そのうちリポジトリに入るかな。
CiNii 論文 -  実写映像理解のモデルはアニメーション理解に応用できるか https://t.co/rX5Efhr5yP これは重要な問いだ。
CiNii 論文 -  ナスィール・ウッ・ディーン・トゥースィーの生涯と業績 https://t.co/3AonGl0xuu Nasir al-Din Tusi についての日本語の研究論文はこれしかないのかな。
CiNii 論文 -  声優試論 : 「アニメブーム」に見る職業声優の転換点 https://t.co/SNzNBCrf4q 電子版公開してくれないかな。
CiNii 論文 -  日本のアニメーションにおける音声の機能--『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』,『新世紀エヴァンゲリオン』,『蒼穹のファフナー』を中心に https://t.co/nPqMBdJ4bo リポジトリに入ってない。
CiNii 論文 -  アニメキャラクターにおけるボイス・アイデンティティとその表現 : 『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』『PSYCHO-PASS サイコパス』を中心に https://t.co/scO3m5ry35 リポジトリにあり。
CiNii 論文 -  学習材における主題図を探る : 教科書・地図帳・参考書での扱い https://t.co/bjroee3NgU あることを調べていて見つけた論文だけど著者名でええっとなってしまった。
CiNii 論文 -  大道芸の盛り上がりを規定する気候及び空間特性に関する研究 : コメディジャグリングショーを事例とした統計解析 https://t.co/TFDGwrbDym #CiNii こんな論文があるのだな。題名通りの内容。
CiNii Dissertations - プロクロス『ユークリッド原論第1巻注釈』の哲学と数学 https://t.co/fFphMUNU87 #CiNii これ読んでみたい。
CiNii 論文 -  声優が朗読する「女生徒」を聴く : 声と実在性の捉え方 https://t.co/txmIuDvcJs 花澤さんについて論じられてるらしい。
CiNii 論文 -  なぜ論文を〈です・ます〉で書いてはならないのか : 日本語からの哲学・序論(1) https://t.co/S0wLoceNSl #CiNii これ気になる。
CiNii 論文 -  日本における「声優」とは何か? : 映画史の視点から https://t.co/uoZbwr5r1y #CiNii
CiNii 論文 -  日本における「声優」とは何か? : 映画史の視点から https://t.co/uoZbwr5r1y #CiNii
CiNii 論文 -  声優演技音声の違和感評価のための声質のキャラクタ印象認知モデル構築 https://t.co/gx4oqAp1dx #CiNii これは修士論文の要旨。
CiNii 論文 -  アニメ動画の音声とキャスト情報を用いた声優認識 (情報ネットワーク) https://t.co/EqrHBaCL4U アニメに音声が流れたら自動的にその声優を判別して画面に表示するシステムらしい。
CiNii 論文 -  「ホイヘンス」か, 「ホイゲンス」か? https://t.co/e4lDRLPDCa 実際の発音に近いのは「ホイゲンス」なのかな。
CiNii 論文 -  C.ホイヘンス『運まかせゲームの計算』について https://t.co/KjC9Yuu6sS PDFで読める。
深山さんの博士論文は勉強になりそう。 https://t.co/bzExKRSgg4
CiNii 論文 -  日本におけるスピノザ https://t.co/4S03Slzafu #CiNii 日本でのスピノザ受容をまとめた論文。150ページもある。
CiNii 論文 -  中間話者コーパスを用いたアニメーション演技音声のための話者変換 http://t.co/fn0IZn2jgW 「新声優の声を旧声優の声に変換する声質変換器の作成を目指す」。よくわからないけど中間話者が声優か非声優かで結果が異なってくるのではないか。
CiNii 論文 - 黒崎政男、「天下無双のヒロウソホ-キリシタン版『デ・アニマ』邦訳の発見」- http://t.co/pCpa0UYeEE 16世紀末に『デ・アニマ』が日本語に翻訳されていたことをこの論文で知った。よく知られたことなのかな。
午後はずっとここのファイルを見てた。http://t.co/B2WuYmrFrm
この論文によると由来の候補には複数あるらしい。ジャン・ニコ経由説も言い回し自体が gentilis similitude から派生したというのも初めて知った。関口浩喜、「家族的類似性についての予備的考察」 http://t.co/QCuA8Rw7BV
-Twitter を用いた大学間授業実践(PDF) http://t.co/jo9J2xx4
CiNii 論文 - Twitter を導入した授業におけるアクティブユーザの特徴に関する調査 http://t.co/Nzg5idxf #CiNii
CiNii 論文 -  自己意識と多値論理--ヘーゲル論理学の形式化をめぐって http://t.co/xvQgZVHr #CiNii 日本にもこういう研究がありますね。
RT @shogo_takahashi: というわけで前も紹介したけど,水崎博明先生主宰の福岡西洋古典愛好会によって翻訳された「古典ギリシア語文法」( http://t.co/sdUu7wX3 ) 
今度読む - 対談 ドゥニ・カンブシュネル デカルト『省察』再読 (身体基礎論に向けて) http://t.co/Qj7vuy0Z
CiNiiだとこれくらいしかない。-CiNii 論文 - 誰が少年探偵団を殺そうと。(第2回)ミステリをミステリと知って読むのは最大のネタバレである。http://ci.nii.ac.jp/naid/40016222666
へえ、こんな論文があるのか。あとで読む。--CiNii 論文 - クラーク=ライプニッツ論争(1715-16)の社会科学的含意 : 神論から自然・人間論へ: http://ci.nii.ac.jp/naid/120002709079
学術論文で規制問題扱うのは意外に少ないのかな。歴史研究だからやるの大変そうだもんな。”生方智子「マンガ、有害コミック規制まで (発禁・近代文学誌) -- (領域をひろげて) [in Japanese]」” http://ci.nii.ac.jp/naid/40001362092

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(385ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 『攻殻機動隊』のドラマツルギー(岸田 真ほか),2014 https://t.co/It189JxYQg
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? アメリカにおける押井守『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の受容-文化交流・インターフェイス・翻訳の場としてのアニメーション(芳賀 理彦),2015 https://t.co/zQ8phehqBz
本学今年度から紀要を刊行しておりまして、その第2号に小文を寄稿させていただきました。紀要の立ち上げから関わっていましたので、これから大きく育ってほしいと思います。拙文は過去の報告の再録ですが、エピグラフでちょっと遊んでいます。 https://t.co/RusKD42cAg
参考、神橋和彦「地方議会議員に対する懲罰と「法律上の争訟」 : 出席停止処分に対する司法審査を中心に」、立教法学102巻、2020年3月。 https://t.co/1t1jMDieus
RT @ngtaao: 長田さんが分析哲学をモダニズムという観点から論じた「分析哲学とモダニズム」という論文は面白いよ。 https://t.co/JTnbtUgnHE
長田さんが分析哲学をモダニズムという観点から論じた「分析哲学とモダニズム」という論文は面白いよ。 https://t.co/JTnbtUgnHE

フォロワー(776ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 『攻殻機動隊』のドラマツルギー(岸田 真ほか),2014 https://t.co/It189JxYQg
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? アメリカにおける押井守『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の受容-文化交流・インターフェイス・翻訳の場としてのアニメーション(芳賀 理彦),2015 https://t.co/zQ8phehqBz
仮に計算物理という言葉にこだわるならば、最初に使ったのは久保亮五先生になりそうだ。『報告書のタイトルが「物性研究と計算物理」となっている。久保先生の書かれた前書きによると、この報告書は1982年7月25日に行われた「コンピューター物性」という研究会の記録である』 https://t.co/iIRYw9sgtr
CiNii 論文 -  ようこそ、この教室へ : 異性愛主義と性別二元論を超えて (特集 性の多様性と学校教育) https://t.co/lH32vkTzs6 #CiNii
RT @finegan_wake: @y_mizuno 「応用物理」2000年に、寺倉先生(当時産総研)の簡単な歴史と展望が書かれています。私もいつ頃から使い始めたのかうろ覚えだったのですが、「スーパーコンピュータ」という名前の一般化と軌を一にしているような気がします。 htt…
七野敏光「元代検屍制度をめぐる一裁判案件について」法と政治(2019) https://t.co/SiuNIH3aE1
田中実「シブランドゥス・シッカマ(1571–1622)と百人官法廷」南山法学(2020) https://t.co/kN4owe1gRE
本学今年度から紀要を刊行しておりまして、その第2号に小文を寄稿させていただきました。紀要の立ち上げから関わっていましたので、これから大きく育ってほしいと思います。拙文は過去の報告の再録ですが、エピグラフでちょっと遊んでいます。 https://t.co/RusKD42cAg
長野壮一「団結と結社 フランス刑法典第四一四~四一六条改正の概念史的考察 (一八六二~一八六四年)」史学雑誌(2017) https://t.co/lnROXRe4hF
参考、神橋和彦「地方議会議員に対する懲罰と「法律上の争訟」 : 出席停止処分に対する司法審査を中心に」、立教法学102巻、2020年3月。 https://t.co/1t1jMDieus
RT @ngtaao: 長田さんが分析哲学をモダニズムという観点から論じた「分析哲学とモダニズム」という論文は面白いよ。 https://t.co/JTnbtUgnHE
長田さんが分析哲学をモダニズムという観点から論じた「分析哲学とモダニズム」という論文は面白いよ。 https://t.co/JTnbtUgnHE
木下龍馬「武家への挙状、武家の挙状 - 鎌倉幕府と裁判における口入的要素」史学雑誌(2019) https://t.co/kR0WjmC55O
RT @bentheDPeness: グレンジャーの因果性測度は時系列モデルでの一期先予測誤差の分散比なわけで,当然予測に焦点を当てた因果性の概念なわけです.拡張などすれば非定常過程や,構造変化等もとらえることができ非常に便利.この辺の話やその拡張は例えば細谷先生の解説論文など…
「25年前って本当かな?」と思って調べてみたら、正確には15年前(2004年)のようですね。にしても古い・・・  https://t.co/nL0NiMgB3Y