Naoki Sugiyama (@kuutohedel)

投稿一覧(最新100件)

4929 0 0 0 OA 海老の世界

こういう奴よくいるよね(どこに RT @tinouye: 「海老の世界」こわい、、、w http://t.co/uK3QnLb2 大正時代の本です。

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(238ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

近山金次『アウグスチヌスと歴史的世界』(慶應通信、1979) https://t.co/b67BSiHTzS 『三田の折口信夫』に近山先生が寄せた回想記「折口先生の思い出」によると、折口先生は近山先生の論考「アウグスチヌス神国論… https://t.co/s31FbEKSXR
RT @morita11: "CiNii 論文 -  '風の谷のナウシカ'にみる、登場人物の話体 : 対人間関係における言語行動" https://t.co/FiNJ1a32hz ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  戦時期日本における長編アニメーション映画製作事業の推移とその特質 : 国際比較と未完成作の分析から" https://t.co/NHmKzWcsgz ※本文リンクあり
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  トラウトマン工作の性格と史料 -日中戦争とドイツ外交-:日中戦争と国際的対応 https://t.co/LLCSM3gNfO #CiNii ドイツ側外交文書分析してて面白いよ。
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @khargush1969: 前田君江(2012)「革命とリフレイン:1979年の詩「この行き止まりで」(アフマド・シャームルー)の受容と技法」『オリエント』55(2): 33-52. https://t.co/Bse3LHggUk
RT @Keikolein: このことは、みな薄々思っていたのですが、2009年に、派遣法の生みの親ともいえる高梨昌という方が、論文で「告白」(自白?)しました。https://t.co/WZsZ1C4xRD 驚かれたのももっともなことだと思います。それは「例外」でした。そし…

フォロワー(1363ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

1217 86 86 2 OA 大正大震火災誌

RT @wayto1945: 関東大震災の際に在日コリアンが至る所で民衆に殺傷された事、その原因たる朝鮮人暴動なる流言が全くのデマだった事は、当時の警視庁すら断言しています。 https://t.co/bnybdHJyPz その事実を否定するばかりか慰霊の実質的妨害すら許可する…
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  '風の谷のナウシカ'にみる、登場人物の話体 : 対人間関係における言語行動" https://t.co/FiNJ1a32hz ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  戦時期日本における長編アニメーション映画製作事業の推移とその特質 : 国際比較と未完成作の分析から" https://t.co/NHmKzWcsgz ※本文リンクあり
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  トラウトマン工作の性格と史料 -日中戦争とドイツ外交-:日中戦争と国際的対応 https://t.co/LLCSM3gNfO #CiNii ドイツ側外交文書分析してて面白いよ。
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @rarara_chem: 山本 裕子氏の博士論文の博士論文の7ページ目のイントロダクション部分、 https://t.co/XoD6tqOT9g Medical Imaging Technology (Authors: Victor Mikla Victor Mikla…
RT @rarara_chem: 山本 裕子氏の博士論文の博士論文の22ページ目Fig5の皮膚の構造の絵だけど、 https://t.co/XoD6tqOT9g 国立がんセンターの絵とそっくりなんだけどどこにも引用が見当たらない。剽窃か何かですかね。 https://t.co/…
「楽譜の音符を読むことが,単に器楽演奏のための情報を知るためだけのものになってしまった場合,(中略),譜面から音をイメージできる能力は育たない」 https://t.co/sSMzwAjTfg 自分はまだこの発想の範疇にいる。読… https://t.co/n1lcDi404L
RT @khargush1969: 前田君江(2012)「革命とリフレイン:1979年の詩「この行き止まりで」(アフマド・シャームルー)の受容と技法」『オリエント』55(2): 33-52. https://t.co/Bse3LHggUk
RT @TrompeLaMort193: ちょっと前のツイートだけど。 詳細はこちらに書かれているようです。後で読もう。https://t.co/D5NmUGFAor
RT @8714423: 「看板建築」の命名は藤森照信による、というのが通説になっているが、「看板建築の概念について」(1975)で藤森が註記している通り、堀勇良の発案による。藤森・堀の会話の中で堀が提案した呼称を用いて、藤森が日本建築学会で初めて学術的な論に組み立て発表したの…
RT @yuiseki: この研究、10年以上続いていて論文も大量にあるんだけど、総まとめ的なものが2016年の情報処理学会誌第57巻(特集:かわいい)に載っています。学会の会員じゃなくてもなぜか以下のURLからタダでPDFが読めるので、「かわいい」感性工学に関心があるのなら読…
RT @K2ikiru66: 「ニーチェは刺激剤だ。しかし糧ではない」「ニーチェを読むことはニーチェに同化することではなく、ニーチェと己れの差異を感受することにより、自らの輪郭を知るような経験」(ヴァレリー)https://t.co/Euc4aRV4du ああ本当にこんな感じだ…
RT @K2ikiru66: 「免疫システムは神経システムに酷似しており、非常に多くの種類の刺激に対して満足のいく反応をする。ともに二分法(Aか非Aかのパターン認識を行なう)と二元論の論理をもち,興奮性か抑制性かの信号を受け取るとともに送り出す」https://t.co/Ej4…
@fukurou293 アメリカ全般というわけでありませんが、以下のバークリー式というのが「Do-based minor」を使っているようです。 https://t.co/FDvydllhcY
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 技術解説 システム基盤として重み増す「ディレクトリ・サービス」--分散システムの一元管理を可能に(栗原 潔),2000 https://t.co/UPWbAwriSL