糖類の上 (@tinouye)

投稿一覧(最新100件)

とても興味深い日本音楽史形成論の論文を見つける。鈴木聖子氏はあちこちの研究職を経由しての東大での博士論文 「「科学」としての日本音楽研究 : 田辺尚雄の雅楽研究と日本音楽史の構築 https://t.co/9pOSXhl706
RT @tinouye: 「伴大納言絵巻」って近年すぐれた模写が見つかったりして、全体の構成に関する研究が進んでるみたいで、とても面白い。 https://t.co/ojABB6mJGN
「伴大納言絵巻」って近年すぐれた模写が見つかったりして、全体の構成に関する研究が進んでるみたいで、とても面白い。 https://t.co/ojABB6mJGN
RT @tinouye: さかもちさんに教えていただいた、エーコの翻訳でも知られる藤村昌昭氏のこんな音楽がらみの論文。ちょっと怪しげなところもあるけれど面白いw 「ドレミの誕生 : "GAMMUT"と"SOLFA"に隠された鍵 https://t.co/kL5pxDP23g
さかもちさんに教えていただいた、エーコの翻訳でも知られる藤村昌昭氏のこんな音楽がらみの論文。ちょっと怪しげなところもあるけれど面白いw 「ドレミの誕生 : "GAMMUT"と"SOLFA"に隠された鍵 https://t.co/kL5pxDP23g
RT @tinouye: こんな論文、、、 「こっくりさん遂行中の2者間での脳活動同調 表象の同調を探る https://t.co/f7dDWXjBXC
こんな論文、、、 「こっくりさん遂行中の2者間での脳活動同調 表象の同調を探る https://t.co/f7dDWXjBXC
さっき東大で音楽家にタップさせることで合奏時にテンポが速くなりがちな謎を解明したってのがあったけど、私は以前、この大阪芸大の「音楽演奏者の時間的制御能力について」という論文読んで、音楽家に正確にタップさせる困難さが先にあると思ったw https://t.co/qzUs1bgaRG
RT @tinouye: 関西学院大学リポジトリ: 14世紀世俗曲における多声法についての一考察 : Ars nova からArs subtilior へ https://t.co/XXSi10fS2C
関西学院大学リポジトリ: 14世紀世俗曲における多声法についての一考察 : Ars nova からArs subtilior へ https://t.co/XXSi10fS2C
みなさんぜひ読みましょう。 「 基礎生命科学の憂うべき状況について」(大隅良典) https://t.co/wRgiJBXebG
日本がいまだにジャーマン式だらけって話の元ネタ 「CiNii 論文 -  戦後の音楽科教育におけるバロック式リコーダーの導入 https://t.co/ZJ2ZxZTmAW #CiNii
RT @tinouye: ついでにこの曲集を巡っての論文だともう半世紀以上前だけどこれがおすすめ。 Two manuscripts of instrumental ensemble music from the Elizabethan period https://t.co/t…
ついでにこの曲集を巡っての論文だともう半世紀以上前だけどこれがおすすめ。 Two manuscripts of instrumental ensemble music from the Elizabethan period https://t.co/tkmtr563iZ
CiNii 論文 -  バカロレア哲学試験は何を評価しているか? : 受験対策参考書からの考察 https://t.co/gCgiPKOP6p #CiNii
バロック初期の歌唱法に関する研究 : G.カッチーニとM.プレトーリウスの著作をとおして (大分教育大学教育福祉部研究紀要 栗栖由美子) https://t.co/UY6Rud39RF
@asake1202 少し違いますがこんな論文があったりします。音楽家は一定にどのくらいタップできるのかという計測と理屈。。。 「音楽演奏者の時間制御能力について」https://t.co/qzUs1bgaRG
この論文はいかが?w 「 コーヒーカップとスプーンの接触音の音程変化 https://t.co/rhQ4aa85mQ #CiNii
こんな論文もあるのか。「『東勝寺鼠物語』等にみる室町期僧房の食生活-その1 https://t.co/2nQ8CyFwu1
以前から気になっていた茶道の千家の開祖、千宗旦の親は誰かという問題について積年の議論をまとめたこんな論文があった。家元制度には血縁が大事なんやねえ。「千宗旦の出自をめぐる「利休血脈論争」について--現代家元システムへの道程 https://t.co/wbV2qlx9JM

5 0 0 0 OA 西洋音楽史綱

定期的に紹介してるが、この音楽史は面白い…もちろん作曲家の人名表記もだがw『西洋音楽史綱』富尾木知佳 著 (富尾木知佳, 1916) http://t.co/hGZvbkUhXx
こんな論文はいかが?w「CiNii 論文 -  Perfumeのダンスはなぜ難しいのか?-多変量ヒルベルトーファン変換によるモーション解析 http://t.co/fyHU8uD07K #CiNii
この論文読んでみたいかも。「絶対音感におけるピッチメモリの精度とピッチラベリングの正確度 https://t.co/mvQgvFQyGQ
RT @hayano: (福島民報)【3年連続で未検出 三春の小中学生内部被ばく検査】 http://t.co/HhtBRdXt9m 論文はこれ http://t.co/AeBoogq6Rt 和訳はここ http://t.co/ir7J4BcjyT http://t.co/eV…
CiNii 論文 -  少年鑑別所男子入所者におけるアルコール・薬物乱用と反社会性の関係 : Psychopathy Checklist Youth Version (PCL : YV) を用いた研究 http://t.co/2USmHdNaHu #CiNii
そうか、今は「せいぜい」は「たかだか」の意味が主で、「できるかぎり」という意味では使われなくなってるのか、、、「副詞「せいぜい」の意味変化 : 近代語を中心に http://t.co/OgXwkuZSl0
ヘンデル没後ロンドンで最も売れっ子の指揮者、作曲家のアーノルドと古楽アカデミーのつながりの論文面白い。アカデミーのプログラムがもっとわかるといいな「18世紀末の古楽アカデミー : サミュエル・アーノルドの指揮者就任の背景に関する一考察 http://t.co/StfccebeME
RT @urushiharaken: @tinouye 作曲家ジョン・タヴナーに甚大な影響を与えた思想家フリッチョフ・シュオンを研究している者です。もしよろしければ東京大学名誉教授中村廣治郎による彼の紹介をご覧いただければ幸いです。http://t.co/JjnM1mFQUd
略称がibidになるジャーナルがあると知ってびっくり!!w CiNii 雑誌 - The Journal of international biomedical information and data : IBID http://t.co/cV0sOlX1Bc
永井荷風と菅原明朗そして葛飾情話について調べてたら、こんな論文があった。やっぱり菅原明朗「荷風罹災日乗註考」読みたいな「岡山疎開時代の永井荷風 : 菅原明朗『荷風罹災日乗註考』を読む http://t.co/c9qLuiUcHY
とても面白い論文。鳥の絵画弁別能力や音楽弁別能力について。バッハとシェーンベルク、さらにヴィヴァルディとカーターとか、いろんな研究があるんだなぁ。。。「なぜトリとヒトを比較するのか」 https://t.co/RmvbYmMsw5
これが、イグノーベル賞受賞した北里大学馬渕教授の、バナナの皮の滑りやすさ、の論文か…(英文PDF https://t.co/sN2ou9FSK1
で、女児監禁事件の容疑者は、大学院時代はこんな論文を書いていたわけか「カント哲学における演繹の構造」 http://t.co/sFCX8aOcWa
うわ、すごいw 見てびっくり!w “@nooyosh: なにこれ 松岡直「フランス基本単語の記憶法についての一試論」高岡法科大学紀要 22, 19-110, 2011-03 http://t.co/7IaIynLleM http://t.co/5ImYjmkqtT”
井上円了といえば、東洋大学の創設に関わり、さらに妖怪の研究で知られるが、「哲学飛将碁」なるチェッカーっぽいボードゲームを考案してたとはしらんかった。なんで「哲学」というと駒の名前が「唯物」「唯心」「理想」だったりするからみたいw http://t.co/B8ZqGJTAv2
そういえば以前にも紹介した、古典ギリシャ語の文法書が、福岡大学で日本語訳されている。 http://t.co/4uSTODQeBg
ジーンズのスタイルの変遷とかあっておもしろい論文だった、、、「ジーンズ・カジュアルファッション」 http://t.co/OXKXhDSlt4
@luther1108o この論文が参考になるかも。世俗カンタータから宗教カンタータへの転用についてもかかれていますし。長くないのでぜひ一読を。 http://t.co/aK7q1F1R0v
翻訳や、昨今の新訳に関して興味ある人には面白いかもしれない論文「新訳をめぐる翻訳比較批評」 http://t.co/D18XGlLlFR
古楽の演奏慣習がどのように考えられ、演奏者の意識がどう変わってきてるかをまとめたこんな論文があった。ピリオド演奏ってなんであるの?と思う人は読むといいかも。「古楽の演奏と演奏慣習」 http://t.co/sQlzhdooqm
調べものしててこんなのが国会図書館でデジタル化されてるのを発見。「言論ギャング 野依秀一の正体」という昭和初期のブックレット。http://t.co/UH80XQQN5I 野依秀一といえば超有名な喧嘩ジャーナリストとして明治末期から昭和まで健筆をふるい、蛇蝎のごとくきらわれ、(続

4925 0 0 0 OA 海老の世界

「海老の世界」こわい、、、w http://t.co/B4Xklwup 大正時代の本です。

5 0 0 0 OA 西洋音楽史綱

@Tapkara 大正から昭和初期はある意味先進的な楽書が多く出版されていると感じます。富尾木知佳「西洋音楽史網」は禁断デジタルライブラリーでデジタル化されたものを見られます。ご参考までに。http://t.co/uAKrY66k
以前にも紹介したかもだけど、古典ギリシア語の参考書の翻訳されたPDFが無料で手に入る。福岡大学の紀要に400ページに上るルキノヴィック&ルセの古典ギリシア語文法教科書の翻訳全文が掲載されてる。http://t.co/TskaXMlx
と思ったら、大田黒元雄「バッハよりシェーンベルヒ」は近代デジタルライブラリーに入っているではないか、、、それも今年に入ってからだった、、、、うれしい。 http://t.co/mTMbJHdI
うつろ舟のUFO論考みたいで面白い!古典文献の扱い方という基礎と絡めてあるのも面白い。4まですべてオープンアクセス。 RT @edtion1: CiNii論文-古代中国にUFOは飛来していたか?:古典文献の基本的な使い方からの考察 http://t.co/SE9lNoxf
最近話題になった、不確定性原理の修正の実証のニュースに関連して、量子力学の歴史と哲学、と小澤の不等式の小澤氏による短い解説文 http://t.co/O7UvCabT を読むと、数学者と物理学者ってどんなに理論畑の深いところであっても全然違うのな、という当たり前のことを感じた。
円城塔氏が芥川賞受賞したことで、以前日本物理学会誌に書かれた「ポスドクからポストポスドクへ」がより広くの人に読まれるようになったのはいいことと思うべきだよね、、、それにしてもCiNii経由で読めるんだね。 http://t.co/DZ4IxgjR
(承前)さらに小沢氏自身が2004年に日本物理学会誌に書いた「不確定性原理・保存法則・量子計算」 http://t.co/fwYJvx7z という短い論文がCiNiiで読める。
ちょっと面白い論文を見つけた。宮澤賢治の「猫の事務所」という作品が好き(作品中のかま猫は可哀想だけど)なのだけど、その作品を当時の浜口首相による郡役所の廃止や作者自身の職場体験とつなげて論じてるもの「宮澤賢治「猫の事務所」と郡役所廃止」 http://t.co/TzX1R836
「『松屋会記』・『天王寺会記』・『神屋宗湛日記』・『今井宗久茶湯日記抜書』にみる中世末期から近世初頭の会席(第1報) : 会席の菓子」 http://t.co/XmxIZOsI 第一報しかないのが残念だけで昔の茶事でのお菓子の種類面白い。
RT @kakentter: こんな研究ありました:ガリレオの学術論争における「説得の技術」の変容およびバロック期の言語表現との関係(小林 満) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16520195

お気に入り一覧(最新100件)

読みやすくて非常に面白かった。知っている話が多いのだけれど、客観的に記述されることにより色々と整理される感じがする。/CiNii 論文 -  国立劇場の雅楽「復元」プロジェクトにおける「伝統」への挑戦 https://t.co/IwI0ql9JM1 #CiNii
「ロクス・アモエヌス(心地よき場)としてのルネサンス庭園と場所記憶術」桑木野幸司著。 https://t.co/yav5ioRtbs ルネサンス期の思索の場としての理想的庭園計画における空間構成・表象方法と記憶術(膨大な情報を分類・整理するための技術)との関係を考察。

フォロー(1966ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

(メモ)志村聡子「日本両親再教育協会における各地支部の組織化:新中間層にみる連携の事例として」https://t.co/kgMPjZA9PM 「1930年代における受験競争と「家庭教育相談」:母親たちに向けた青木誠四郎の啓蒙活動から」https://t.co/glWNq11sB9
RT @shiroyasu_: 自民党の高村さんのご兄弟に数学者がいると聞いてググったのをメモ. 数学界に功績…お茶の水女子大名誉教授・高村幸男さん http://t.co/Ywq1bNSwuB その奥様も数学者 高村多賀子先生の御退任にあたって(定年退職教授紹介) http:…
RT @eboli_ef: 大岡越前の死因がこれだったという…CiNii 論文 -  結核菌が同定された痔瘻の11例 https://t.co/4TBoYd4HpQ
RT @k1oku: 自分は毒キノコでなくても何らかの症状が出るので、キノコは無毒とされているものでも何らかの有害成分を含むのだろうと思っている。 https://t.co/g4ivHHoPAg
自分は毒キノコでなくても何らかの症状が出るので、キノコは無毒とされているものでも何らかの有害成分を含むのだろうと思っている。 https://t.co/g4ivHHoPAg
Google Alert、こんなのまで拾ってきた。論文? 時間がある方。欧州における国境の撤廃と再確定 : デンマーク=スウェーデン国境地域における国際協力 https://t.co/MJxT1Lr7tK
@shizentai この書評読むと、本に対する印象変わりますよ。労作なんですけどね……>https://t.co/e0nUkXd32K
CiNii 論文 -  政策過程論の分析視座 https://t.co/G9b2xEzWBy
RT @nekonoizumi: 本書の元になった思われる博論の概要等PDF 小田英「フランシスコ・スアレスの両権論-宗教改革・インディアス問題・東アジア布教に即して- 」 早稲田大学リポジトリ https://t.co/50CScQvKCt
RT @odg1967: これも気になるネタであります。樋口陽一「法学における歴史的思考の意味:法学における歴史的思考の意味――憲法学の場合」 https://t.co/rbE6ZDjF80
教育勅語の成立から終戦後の国会決議に至る経緯 (PDF: 826KB): 立法調査資料『レファレンス』No.800 (2017年9月)(国立国会図書館) https://t.co/TB54dpP75Z
RT @works014: この文書そのものが読み難いという皮肉… / “2F3-1 高精細LCD上の明朝体フォントの読みやすさと好ましさ” https://t.co/4x7CfLztdY

フォロワー(5578ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @subarusatosi: 共変解析力学の(全)論文: 中村 匡, https://t.co/ds9CZE2eGP 神長保仁, https://t.co/0Bmeduqmzg 私, https://t.co/NF6UWx5vOW 私, https://t.co/Z8wG…
RT @sivad: (甲状腺がん)RET/PTCが放射線照射に特異的とは言えず,RET/PTCは単に若年発症と関連がある可能性が高い https://t.co/kxgPRTUETV
RT @hayashiyus: 「エントロピーを基本的な概念として採用することにより,これまでの統計学上の概念的混乱の多くが消滅すると同時に,歴史的に最も著しい統計学上の貢献が常にエントロピーに直接関係する形でなされてきていることが明らかになる。」赤池弘次 https://t.…
大谷能生が新潮(2008年5月号)に寄せた小説「鏡の国のデューク・エリントン楽団」は、リンク切れで読めなくなってしまいました(泣)図書館へ行こう。 https://t.co/R03lB0ADb7
RT @shiroyasu_: 自民党の高村さんのご兄弟に数学者がいると聞いてググったのをメモ. 数学界に功績…お茶の水女子大名誉教授・高村幸男さん http://t.co/Ywq1bNSwuB その奥様も数学者 高村多賀子先生の御退任にあたって(定年退職教授紹介) http:…
RT @kobayashi0222: 富士ゼロックスさんの取組み。 「企業の ET ロボコン参加活動と教育効果」 エンジニア育成にお考えある方、ぜひ。 https://t.co/AjYHeudbDR
RT @Tensyofleet: 国立国会図書館デジタルアーカイブより、氷川丸。撮影時期は不明だが、艤装が病院船なので1947(昭和22)年2月以前だろう https://t.co/o1sdvQe2ah https://t.co/UWIcJEzWfl

3 3 3 0 OA 中篇

RT @it0dm: 偶然見っけた。 足の遺伝子が発現して蝶の目玉模様をつくってるらし https://t.co/q0EDqCZiV7
RT @eboli_ef: 大岡越前の死因がこれだったという…CiNii 論文 -  結核菌が同定された痔瘻の11例 https://t.co/4TBoYd4HpQ
RT @k1oku: 自分は毒キノコでなくても何らかの症状が出るので、キノコは無毒とされているものでも何らかの有害成分を含むのだろうと思っている。 https://t.co/g4ivHHoPAg
自分は毒キノコでなくても何らかの症状が出るので、キノコは無毒とされているものでも何らかの有害成分を含むのだろうと思っている。 https://t.co/g4ivHHoPAg
RT @tomonodokusho: 「Thoukydidesはしかし一体何を捉えたのだろうか。… 圧巻であるのが、外交上の政治的決定を左右する要因として、デマゴーグとその支持者の心理が分析され、むしろこれが国際関係を決定付けていると喝破されている点である」 https://…
@shizentai この書評読むと、本に対する印象変わりますよ。労作なんですけどね……>https://t.co/e0nUkXd32K
CiNii 論文 -  政策過程論の分析視座 https://t.co/G9b2xEzWBy
RT @Tensyofleet: 国立国会図書館デジタルアーカイブより、氷川丸。撮影時期は不明だが、艤装が病院船なので1947(昭和22)年2月以前だろう https://t.co/o1sdvQe2ah https://t.co/UWIcJEzWfl
「印哲」は何を目指 してきたのか?」 この文書の導入で、印哲は、 「仏教学」 とくに教理 ・教学の研究を中心にものであることを知った。 → https://t.co/Rf9mXv99Ta
文系、理系って英訳できないんだよね。そろそろなくしちゃえばいいのに / “03_01-JIP.dvi” https://t.co/V9RZ8tGcUO
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? デジタル遺品の法的処理に関する一考察(1)ドイツ初のLG Berlin 2015年12月17日判決を中心に(臼井 豊),2016 https://t.co/uzJO6NHJ2H
RT @nekonoizumi: 本書の元になった思われる博論の概要等PDF 小田英「フランシスコ・スアレスの両権論-宗教改革・インディアス問題・東アジア布教に即して- 」 早稲田大学リポジトリ https://t.co/50CScQvKCt
RT @odg1967: これも気になるネタであります。樋口陽一「法学における歴史的思考の意味:法学における歴史的思考の意味――憲法学の場合」 https://t.co/rbE6ZDjF80
RT @khargush1969: 鯉渕信一(1981)「諺・民話等にみるモンゴル人の家畜観」『アジア研究所紀要』8:89-119. https://t.co/objqjFTVMR
RT @khargush1969: 鯉渕信一(1983)「モンゴル語における色彩語:その用法と色彩観」『アジア研究所紀要』10: 312-277. https://t.co/SFD4AZVIyR
RT @khargush1969: 鯉渕信一(1987)「モンゴル語における馬の個体識別語彙:主に毛色名を中心にして」『アジア研究所紀要』14:332-307. https://t.co/vduaZP6J2z
RT @khargush1969: 鯉渕信一(1988)「モンゴル語の「死」を意味する表現について」『アジア研究所紀要』15,194-174. https://t.co/kDQ0F73649
三田明弘「『太平広記』鬼部説話の構成 鬼一~鬼十」(pdf) :『太平広記』巻三一六から巻三二五までのあらすじ掲載。三国西晋東晋期の人物としては、鍾繇、夏侯玄、嵆康、糜竺、王弼、魯肅、陸機、阮瞻、王戎、庾亮、陶侃等の逸話が収録。 https://t.co/LaLTcXFXtx
芍薬甘草湯を8ヶ月も服用なんて、日本では漢方薬をどんな使い方をしているの? 張仲景もびっくり。RT 「芍薬甘草湯内服中に低カリウム血症による心室細動を繰り返した一例 」https://t.co/yVYDY3zcWL
CiNii 論文 -  宝塚歌劇におけるフランスのイメージ : 『ベルサイユのばら』の成立をめぐって (第15回国際日本学シンポジウム フランスへの憧れ : 生活・芸術・思想の日仏比較) -- (生活文化) https://t.co/ERsCcliOUb #CiNii
RT @sivad: きちんとした疫学専門家の見解はこちらで読むことができますね。 福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 https://t.co/v80s3crZ6K
@mathcafe_japan 黒田の関数解析終わったらでいいですが… ・深層ニューラルネットの積分表現理論(https://t.co/60Y9tmP5QF) をやってみたい感はあります。
RT @wohnishi: RTに関連して、神奈川県立自然環境保全センターの田村淳さんによる、シカの採食圧を長く受けた後に柵を設置しても回復しにくい林床植物がある事を示した研究。 田村(2010)保全生態学研究 15(2), 255-264 https://t.co/TrlDe…
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RT てなことも、最近共同研究者のご協力でおこなっております。実時間でのコミュニケーションの神経機構にせまれたらいいなぁと。あ、馬ではやりませんよ。https://t.co/MBezwxJN5A
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…