糖類の上 (@tinouye)

投稿一覧(最新100件)

RT @takashi531: 徳永崇さんは、柴田南雄のシアター・ピースの研究もしているのです。 https://t.co/J4Z2SlSXzt https://t.co/Ywv5mmBvi9
RT @tinouye: 教えてもらって読んだ論文。面白かった。確かに日本は海外のベストセラーとか無批判に信じる傾向あるしなあ。 「日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/OLeERArERT #…
教えてもらって読んだ論文。面白かった。確かに日本は海外のベストセラーとか無批判に信じる傾向あるしなあ。 「日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/OLeERArERT #CiNii
RT @qu_cerca_trova: DLはできないけどCiNiiにUPされていた。/CiNii 論文 -  正倉院の古楽 : 天平琵琶譜を復元琵琶で弾く (特集 シルクロード : 交流を復元する) -- (シルクロードの現在) https://t.co/Ajeg2yXizW…
カルツァとクラインの原論文の和訳なんてあるのね。 https://t.co/dknk4Rzt1C
戦前のベストセラー「光りは東方より : [史実]キリスト、釈迦、モーゼ、モセスは日本に来住し,日本で死んでゐる」が国会図書館デジタルで読めるでないか! なんといっても、イエスやモーセの墓を日本国内で見つけた人だしなあ! この本はほ… https://t.co/esCZcnXYw0
そういえば千利休の血統と家元制度についてはこんな論文もあって、血統主義ってのはこういう部分にあったりするんやなあと思ったり… 「CiNii 論文 -  千宗旦の出自をめぐる「利休血脈論争」について--現代家元システムへの道程… https://t.co/1X4EpUCeKd
RT @tinouye: さっき紹介した数理的なチェスゲーム「リトモマキア」について簡単な解説をした紀要論文があった。 でも数理的な研究ってのはあまりなさそう。 情報系や人工知能系、ボードゲーム系の人に広めたら研究が進んだり、バリエーション、普及の道ができたりしないかしら、、、…
さっき紹介した数理的なチェスゲーム「リトモマキア」について簡単な解説をした紀要論文があった。 でも数理的な研究ってのはあまりなさそう。 情報系や人工知能系、ボードゲーム系の人に広めたら研究が進んだり、バリエーション、普及の道ができ… https://t.co/8e61qM5H3l
RT @_alcina: あとで読む メインストリームの歌手とバロック歌手との間にある 「バロック歌唱」観の差異 ── 質問紙調査とインタビューに基づく分析 ── 東京大学大学院 大 野 はな恵 https://t.co/wwfPqwXW1x
RT @tinouye: ピアニストのジル・マルシェクスの1925年の来日は古今のピアノ曲を30曲以上日本初演して当時の音楽界に大きな影響を与えたことで有名だが、ジル・マルシェクスの来日について詳細に調査した愛知県立芸大の白石朝子氏の2013年度博士論文を教えてもらった。これは…
ピアニストのジル・マルシェクスの1925年の来日は古今のピアノ曲を30曲以上日本初演して当時の音楽界に大きな影響を与えたことで有名だが、ジル・マルシェクスの来日について詳細に調査した愛知県立芸大の白石朝子氏の2013年度博士論文を… https://t.co/2kfACEKLEK
RT @kazuigarashi: 総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/…
RT @tinouye: さっきの論文の続編にあたる、1950年に日本で「春の祭典」が初演されて以降の舞踊としての「春の祭典」上演についての研究 北原まり子「1950年代日本の《春の祭典》上演 -戦後復興と新世代の台頭- https://t.co/qXKGkWT1Qa
RT @tinouye: 1930年代に日本でレコードを使って踊ろうとしたりしてたとは知らなかった。 北原まり子「戦前日本における《春の祭典》を踊る三つの試み -E. リュトケヴィッツ(1931)、花園歌子(1934)、F. ガーネット(1940)」 https://t.co/…
さっきの論文の続編にあたる、1950年に日本で「春の祭典」が初演されて以降の舞踊としての「春の祭典」上演についての研究 北原まり子「1950年代日本の《春の祭典》上演 -戦後復興と新世代の台頭- https://t.co/qXKGkWT1Qa
1930年代に日本でレコードを使って踊ろうとしたりしてたとは知らなかった。 北原まり子「戦前日本における《春の祭典》を踊る三つの試み -E. リュトケヴィッツ(1931)、花園歌子(1934)、F. ガーネット(1940)」 https://t.co/z2uiZbjOKH
RT @tinouye: で、この番付の掲載されている元本「今古大番附」 https://t.co/zjouaeKXGW をみると、この100年で日本が失っている文化がわかるような気がする(それは文化で教養とかぢゃないよ)。 https://t.co/3i4w64d3Kv
で、この番付の掲載されている元本「今古大番附」 https://t.co/zjouaeKXGW をみると、この100年で日本が失っている文化がわかるような気がする(それは文化で教養とかぢゃないよ)。 https://t.co/3i4w64d3Kv
支倉常長の欧州派遣で現地に残ったスペインの土地に日本人の末裔がいるという話は有名だがこの5年かけたゲノム解析ではその証拠はみつかってないらしい。 「伊達政宗の遣欧使節の末裔といわれるスペイン「ハポン」姓の人々のゲノムワイド解析」 https://t.co/wepgd1FCuR
数日前にクヴァンツのテンポ説明についてツイートしたが、それとほぼ同内容の論文を見つけた。これはさらにハイドンの時期までの変遷について述べている。 「音楽演奏における速度の変遷 -ギャラント期におけるイタリア語の速度標語の役割-… https://t.co/plJZiXC2pl
RT @tinouye: 大相撲の伝統というのが話題だけど2016年に書かれたこのスポーツ社会学の視点から、大相撲が祝祭、芸能的な面で大正、昭和の客席の雰囲気や狂騒具合、そこからスポーツへの変遷を追った論文 「大相撲の文化性を問う 祝祭からスポーツへ」 https://t.co…
CiNii 論文 -  ドイツ語圏の鍵盤音楽(1) : 中世からウィーン古典派まで https://t.co/zI0qD9qa4w #CiNii
大相撲の伝統というのが話題だけど2016年に書かれたこのスポーツ社会学の視点から、大相撲が祝祭、芸能的な面で大正、昭和の客席の雰囲気や狂騒具合、そこからスポーツへの変遷を追った論文 「大相撲の文化性を問う 祝祭からスポーツへ」 https://t.co/lotvd83lg9
シューベルトの「魔王」には初稿以降4つの版があることは知られてますが、それを比較考証した論文。 「CiNii 論文 -  F.シューベルトの歌曲『魔王』の4種の版に関する一考察 https://t.co/3Uhma5PK56 #CiNii
RT @takasciello: 総決算論文その1やっと出ました「『パルナッソス山への階梯』18世紀後半のナポリにおける, 音楽家のキャリア構築の実態 -ナポリ銀行歴史文書館史料に基づく,作曲家, 台本作家, 器楽奏者の労働条件と, その経年的変化の解明 」九州地区国立大学教育…
マーラー編曲の「ライン」がどのように原曲から処理されているかについては、こちらの金子建志氏の論文にまとめられているので、ご参考までに。 https://t.co/l1jbGMcpJb
CiNii 論文 -  現代邦楽作品とその記譜法 : 五線記譜と伝統記譜のはざまで (沼野雄司, 2002) https://t.co/p6X21lz6iG #CiNii
そして音楽家の亡命の話で連想したのが1970年代にみすず書房から出た「亡命の現代史」全6巻(ファセットの「バルトーク晩年の悲劇」は元々この中の1巻)。知識人たちの亡命を分野別にそれも同時代の作者によって書かれたこの本はすばらしかっ… https://t.co/c4Bgxg3GLZ
RT @nekonoizumi: 鍵RT CiNii 論文 - 伊藤博文をハクブンと呼ぶは「有職読み」にあらず : 人名史研究における術語の吟味 https://t.co/BF5Dj1Wul3 #CiNii ( https://t.co/OWXsviUwFb )
RT @nekonoizumi: ちなみにこれも160ページ以上。PDFあり。 石坂尚武「黒死病でどれだけの人が死んだか : 現代の歴史人口学の研究から」(2012) https://t.co/zSyhTZbHrJ
RT @tinouye: CiNii 論文 -  史料紹介「宮中歌会始・読師及び諸役の所作」 https://t.co/I4bdFSj1lg #CiNii
CiNii 論文 -  史料紹介「宮中歌会始・読師及び諸役の所作」 https://t.co/I4bdFSj1lg #CiNii
この小論は、シューマンの不思議なリズム感に興味があった自分にもリズムの形を分類してあって面白かったのだけど、さりげなく3拍の小節に4拍詰め込んだりすることになんも触れないのはなんでやねんと思ったりもする。 「シューマンの楽曲におけ… https://t.co/riubxiUE2R
ヴァンサン・ド・ボーヴェの「大鏡」についての日本語文献って多くないよね。 「ボーヴェのヴィンケンティウスの『大鏡Speculum Maius』序文における個人の<権威>と社会制度の<権威>の関係に関する一考察 https://t.co/jvqBppMmBR #CiNii
承前)あとどうしても無料で古典ギリシャ語文法書という人は、ルキノヴィッチ&ルセの本を福岡大学の方が翻訳したものがあります。ただこれは基本的な知識がある程度ないとついてけないレベルの本またはマゾな人用ですw こんなとこでしょうか。 https://t.co/2Gz5owi4cD
とても興味深い日本音楽史形成論の論文を見つける。鈴木聖子氏はあちこちの研究職を経由しての東大での博士論文 「「科学」としての日本音楽研究 : 田辺尚雄の雅楽研究と日本音楽史の構築 https://t.co/9pOSXhl706
RT @tinouye: 「伴大納言絵巻」って近年すぐれた模写が見つかったりして、全体の構成に関する研究が進んでるみたいで、とても面白い。 https://t.co/ojABB6mJGN
「伴大納言絵巻」って近年すぐれた模写が見つかったりして、全体の構成に関する研究が進んでるみたいで、とても面白い。 https://t.co/ojABB6mJGN
RT @tinouye: さかもちさんに教えていただいた、エーコの翻訳でも知られる藤村昌昭氏のこんな音楽がらみの論文。ちょっと怪しげなところもあるけれど面白いw 「ドレミの誕生 : "GAMMUT"と"SOLFA"に隠された鍵 https://t.co/kL5pxDP23g
さかもちさんに教えていただいた、エーコの翻訳でも知られる藤村昌昭氏のこんな音楽がらみの論文。ちょっと怪しげなところもあるけれど面白いw 「ドレミの誕生 : "GAMMUT"と"SOLFA"に隠された鍵 https://t.co/kL5pxDP23g
RT @tinouye: こんな論文、、、 「こっくりさん遂行中の2者間での脳活動同調 表象の同調を探る https://t.co/f7dDWXjBXC
こんな論文、、、 「こっくりさん遂行中の2者間での脳活動同調 表象の同調を探る https://t.co/f7dDWXjBXC
さっき東大で音楽家にタップさせることで合奏時にテンポが速くなりがちな謎を解明したってのがあったけど、私は以前、この大阪芸大の「音楽演奏者の時間的制御能力について」という論文読んで、音楽家に正確にタップさせる困難さが先にあると思ったw https://t.co/qzUs1bgaRG
RT @tinouye: 関西学院大学リポジトリ: 14世紀世俗曲における多声法についての一考察 : Ars nova からArs subtilior へ https://t.co/XXSi10fS2C
関西学院大学リポジトリ: 14世紀世俗曲における多声法についての一考察 : Ars nova からArs subtilior へ https://t.co/XXSi10fS2C
みなさんぜひ読みましょう。 「 基礎生命科学の憂うべき状況について」(大隅良典) https://t.co/wRgiJBXebG
日本がいまだにジャーマン式だらけって話の元ネタ 「CiNii 論文 -  戦後の音楽科教育におけるバロック式リコーダーの導入 https://t.co/ZJ2ZxZTmAW #CiNii
RT @tinouye: ついでにこの曲集を巡っての論文だともう半世紀以上前だけどこれがおすすめ。 Two manuscripts of instrumental ensemble music from the Elizabethan period https://t.co/t…
ついでにこの曲集を巡っての論文だともう半世紀以上前だけどこれがおすすめ。 Two manuscripts of instrumental ensemble music from the Elizabethan period https://t.co/tkmtr563iZ
CiNii 論文 -  バカロレア哲学試験は何を評価しているか? : 受験対策参考書からの考察 https://t.co/gCgiPKOP6p #CiNii
バロック初期の歌唱法に関する研究 : G.カッチーニとM.プレトーリウスの著作をとおして (大分教育大学教育福祉部研究紀要 栗栖由美子) https://t.co/UY6Rud39RF
@asake1202 少し違いますがこんな論文があったりします。音楽家は一定にどのくらいタップできるのかという計測と理屈。。。 「音楽演奏者の時間制御能力について」https://t.co/qzUs1bgaRG
この論文はいかが?w 「 コーヒーカップとスプーンの接触音の音程変化 https://t.co/rhQ4aa85mQ #CiNii
こんな論文もあるのか。「『東勝寺鼠物語』等にみる室町期僧房の食生活-その1 https://t.co/2nQ8CyFwu1
以前から気になっていた茶道の千家の開祖、千宗旦の親は誰かという問題について積年の議論をまとめたこんな論文があった。家元制度には血縁が大事なんやねえ。「千宗旦の出自をめぐる「利休血脈論争」について--現代家元システムへの道程 https://t.co/wbV2qlx9JM

5 0 0 0 OA 西洋音楽史綱

定期的に紹介してるが、この音楽史は面白い…もちろん作曲家の人名表記もだがw『西洋音楽史綱』富尾木知佳 著 (富尾木知佳, 1916) http://t.co/hGZvbkUhXx
こんな論文はいかが?w「CiNii 論文 -  Perfumeのダンスはなぜ難しいのか?-多変量ヒルベルトーファン変換によるモーション解析 http://t.co/fyHU8uD07K #CiNii
この論文読んでみたいかも。「絶対音感におけるピッチメモリの精度とピッチラベリングの正確度 https://t.co/mvQgvFQyGQ
RT @hayano: (福島民報)【3年連続で未検出 三春の小中学生内部被ばく検査】 http://t.co/HhtBRdXt9m 論文はこれ http://t.co/AeBoogq6Rt 和訳はここ http://t.co/ir7J4BcjyT http://t.co/eV…
CiNii 論文 -  少年鑑別所男子入所者におけるアルコール・薬物乱用と反社会性の関係 : Psychopathy Checklist Youth Version (PCL : YV) を用いた研究 http://t.co/2USmHdNaHu #CiNii
そうか、今は「せいぜい」は「たかだか」の意味が主で、「できるかぎり」という意味では使われなくなってるのか、、、「副詞「せいぜい」の意味変化 : 近代語を中心に http://t.co/OgXwkuZSl0
ヘンデル没後ロンドンで最も売れっ子の指揮者、作曲家のアーノルドと古楽アカデミーのつながりの論文面白い。アカデミーのプログラムがもっとわかるといいな「18世紀末の古楽アカデミー : サミュエル・アーノルドの指揮者就任の背景に関する一考察 http://t.co/StfccebeME
RT @urushiharaken: @tinouye 作曲家ジョン・タヴナーに甚大な影響を与えた思想家フリッチョフ・シュオンを研究している者です。もしよろしければ東京大学名誉教授中村廣治郎による彼の紹介をご覧いただければ幸いです。http://t.co/JjnM1mFQUd
略称がibidになるジャーナルがあると知ってびっくり!!w CiNii 雑誌 - The Journal of international biomedical information and data : IBID http://t.co/cV0sOlX1Bc
永井荷風と菅原明朗そして葛飾情話について調べてたら、こんな論文があった。やっぱり菅原明朗「荷風罹災日乗註考」読みたいな「岡山疎開時代の永井荷風 : 菅原明朗『荷風罹災日乗註考』を読む http://t.co/c9qLuiUcHY
とても面白い論文。鳥の絵画弁別能力や音楽弁別能力について。バッハとシェーンベルク、さらにヴィヴァルディとカーターとか、いろんな研究があるんだなぁ。。。「なぜトリとヒトを比較するのか」 https://t.co/RmvbYmMsw5
これが、イグノーベル賞受賞した北里大学馬渕教授の、バナナの皮の滑りやすさ、の論文か…(英文PDF https://t.co/sN2ou9FSK1
で、女児監禁事件の容疑者は、大学院時代はこんな論文を書いていたわけか「カント哲学における演繹の構造」 http://t.co/sFCX8aOcWa
うわ、すごいw 見てびっくり!w “@nooyosh: なにこれ 松岡直「フランス基本単語の記憶法についての一試論」高岡法科大学紀要 22, 19-110, 2011-03 http://t.co/7IaIynLleM http://t.co/5ImYjmkqtT”
井上円了といえば、東洋大学の創設に関わり、さらに妖怪の研究で知られるが、「哲学飛将碁」なるチェッカーっぽいボードゲームを考案してたとはしらんかった。なんで「哲学」というと駒の名前が「唯物」「唯心」「理想」だったりするからみたいw http://t.co/B8ZqGJTAv2
そういえば以前にも紹介した、古典ギリシャ語の文法書が、福岡大学で日本語訳されている。 http://t.co/4uSTODQeBg
ジーンズのスタイルの変遷とかあっておもしろい論文だった、、、「ジーンズ・カジュアルファッション」 http://t.co/OXKXhDSlt4
@luther1108o この論文が参考になるかも。世俗カンタータから宗教カンタータへの転用についてもかかれていますし。長くないのでぜひ一読を。 http://t.co/aK7q1F1R0v
翻訳や、昨今の新訳に関して興味ある人には面白いかもしれない論文「新訳をめぐる翻訳比較批評」 http://t.co/D18XGlLlFR
古楽の演奏慣習がどのように考えられ、演奏者の意識がどう変わってきてるかをまとめたこんな論文があった。ピリオド演奏ってなんであるの?と思う人は読むといいかも。「古楽の演奏と演奏慣習」 http://t.co/sQlzhdooqm
調べものしててこんなのが国会図書館でデジタル化されてるのを発見。「言論ギャング 野依秀一の正体」という昭和初期のブックレット。http://t.co/UH80XQQN5I 野依秀一といえば超有名な喧嘩ジャーナリストとして明治末期から昭和まで健筆をふるい、蛇蝎のごとくきらわれ、(続

4932 0 0 0 OA 海老の世界

「海老の世界」こわい、、、w http://t.co/B4Xklwup 大正時代の本です。

5 0 0 0 OA 西洋音楽史綱

@Tapkara 大正から昭和初期はある意味先進的な楽書が多く出版されていると感じます。富尾木知佳「西洋音楽史網」は禁断デジタルライブラリーでデジタル化されたものを見られます。ご参考までに。http://t.co/uAKrY66k
以前にも紹介したかもだけど、古典ギリシア語の参考書の翻訳されたPDFが無料で手に入る。福岡大学の紀要に400ページに上るルキノヴィック&ルセの古典ギリシア語文法教科書の翻訳全文が掲載されてる。http://t.co/TskaXMlx
と思ったら、大田黒元雄「バッハよりシェーンベルヒ」は近代デジタルライブラリーに入っているではないか、、、それも今年に入ってからだった、、、、うれしい。 http://t.co/mTMbJHdI
うつろ舟のUFO論考みたいで面白い!古典文献の扱い方という基礎と絡めてあるのも面白い。4まですべてオープンアクセス。 RT @edtion1: CiNii論文-古代中国にUFOは飛来していたか?:古典文献の基本的な使い方からの考察 http://t.co/SE9lNoxf
最近話題になった、不確定性原理の修正の実証のニュースに関連して、量子力学の歴史と哲学、と小澤の不等式の小澤氏による短い解説文 http://t.co/O7UvCabT を読むと、数学者と物理学者ってどんなに理論畑の深いところであっても全然違うのな、という当たり前のことを感じた。
円城塔氏が芥川賞受賞したことで、以前日本物理学会誌に書かれた「ポスドクからポストポスドクへ」がより広くの人に読まれるようになったのはいいことと思うべきだよね、、、それにしてもCiNii経由で読めるんだね。 http://t.co/DZ4IxgjR
(承前)さらに小沢氏自身が2004年に日本物理学会誌に書いた「不確定性原理・保存法則・量子計算」 http://t.co/fwYJvx7z という短い論文がCiNiiで読める。
ちょっと面白い論文を見つけた。宮澤賢治の「猫の事務所」という作品が好き(作品中のかま猫は可哀想だけど)なのだけど、その作品を当時の浜口首相による郡役所の廃止や作者自身の職場体験とつなげて論じてるもの「宮澤賢治「猫の事務所」と郡役所廃止」 http://t.co/TzX1R836
「『松屋会記』・『天王寺会記』・『神屋宗湛日記』・『今井宗久茶湯日記抜書』にみる中世末期から近世初頭の会席(第1報) : 会席の菓子」 http://t.co/XmxIZOsI 第一報しかないのが残念だけで昔の茶事でのお菓子の種類面白い。
RT @kakentter: こんな研究ありました:ガリレオの学術論争における「説得の技術」の変容およびバロック期の言語表現との関係(小林 満) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16520195

お気に入り一覧(最新100件)

徳永崇さんは、柴田南雄のシアター・ピースの研究もしているのです。 https://t.co/J4Z2SlSXzt https://t.co/Ywv5mmBvi9
DLはできないけどCiNiiにUPされていた。/CiNii 論文 -  正倉院の古楽 : 天平琵琶譜を復元琵琶で弾く (特集 シルクロード : 交流を復元する) -- (シルクロードの現在) https://t.co/Ajeg2yXizW #CiNii
"CiNii 論文 -  探偵小説をめぐる相克と夢野久作 : 本格/変格探偵小説論争を軸として" https://t.co/IKM55N80hJ
"CiNii 論文 -  偏在化する視線と狂気 : 「屋根裏の散歩者」と探偵小説の欲望 (江戸川乱歩特集号)" https://t.co/g2JcBEfZwS
あとで読む メインストリームの歌手とバロック歌手との間にある 「バロック歌唱」観の差異 ── 質問紙調査とインタビューに基づく分析 ── 東京大学大学院 大 野 はな恵 https://t.co/wwfPqwXW1x
自分の中でコローの「分類」に困っていたのだけど、ぴったりな引用を発見した。 林良児氏「コローの銀灰色--19世紀フランスの風景画」https://t.co/bqNITVj3jN P.147あたり。18世紀の残り香と、新古典主義的態… https://t.co/u9NJ6P9ERo
@tinouye https://t.co/QqBA9Jc9vF などに詳しいのですが、カトリックでは1987 年に「教会聖堂内でのコンサート」についてバチカンからお達しがあったのが大きかったと思います。 非常に音楽好きで知られ… https://t.co/vbYx5CZCm8
総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/0ZszXpZxYi
総決算論文その1やっと出ました「『パルナッソス山への階梯』18世紀後半のナポリにおける, 音楽家のキャリア構築の実態 -ナポリ銀行歴史文書館史料に基づく,作曲家, 台本作家, 器楽奏者の労働条件と, その経年的変化の解明 」九州地… https://t.co/DrdqmdgHc5
“(参考文献)『フルトヴェングラーの苛立ち、ダルクローズの怒り : 拍節論の観点から読む』ほか(阿部卓也、関西学院大学)https://t.co/hMPJtjUHe2” / “内田光子さんの人気を手放しで喜べない理由とは? | …” https://t.co/OKUTywAeji
鍵RT CiNii 論文 - 伊藤博文をハクブンと呼ぶは「有職読み」にあらず : 人名史研究における術語の吟味 https://t.co/BF5Dj1Wul3 #CiNii ( https://t.co/OWXsviUwFb )
ちなみにこれも160ページ以上。PDFあり。 石坂尚武「黒死病でどれだけの人が死んだか : 現代の歴史人口学の研究から」(2012) https://t.co/zSyhTZbHrJ

16 0 0 0 OA 辞林

国立国会図書館デジタルコレクション、2018年1月に保護期間満了へと変更された資料として、金沢庄三郎 編『辞林』https://t.co/VpAklchjl0 (同改訂4版 https://t.co/GTvM9P7JLX )や、新… https://t.co/Wwv0LbE3g8

26 0 0 0 OA 辞林

国立国会図書館デジタルコレクション、2018年1月に保護期間満了へと変更された資料として、金沢庄三郎 編『辞林』https://t.co/VpAklchjl0 (同改訂4版 https://t.co/GTvM9P7JLX )や、新… https://t.co/Wwv0LbE3g8
国立国会図書館デジタルコレクション、2018年1月に保護期間満了へと変更された資料として、金沢庄三郎 編『辞林』https://t.co/VpAklchjl0 (同改訂4版 https://t.co/GTvM9P7JLX )や、新… https://t.co/Wwv0LbE3g8
ルネサンスリュートの会で現在勉強中のミランのロマンスについての論文、日本語訳を発見。 関係者の方、どうぞ https://t.co/YYIkzkadXV
他にも面白いのがたくさん…!/CiNii 論文 -  フランスの戦後復興期における芸術音楽の役割--フランス・ラジオ局(Radiodiffusion Francaise(1945-49年))の音楽政策の検証より https://t.co/EuE1eXmFgR #CiNii
イスラエルです。東大・市川科研 https://t.co/zYcm6HfBIm https://t.co/1Ha41PbXr4 天理大・桑原科研 https://t.co/aqUKMIRkwi などの関連事業です。 https://t.co/IXf6BMRByV
イスラエルです。東大・市川科研 https://t.co/zYcm6HfBIm https://t.co/1Ha41PbXr4 天理大・桑原科研 https://t.co/aqUKMIRkwi などの関連事業です。 https://t.co/IXf6BMRByV
イスラエルです。東大・市川科研 https://t.co/zYcm6HfBIm https://t.co/1Ha41PbXr4 天理大・桑原科研 https://t.co/aqUKMIRkwi などの関連事業です。 https://t.co/IXf6BMRByV
CiNii 論文 -  雅楽の来た道 : 遣唐使と音楽 https://t.co/zXvRX1Aw2J #CiNii
読みやすくて非常に面白かった。知っている話が多いのだけれど、客観的に記述されることにより色々と整理される感じがする。/CiNii 論文 -  国立劇場の雅楽「復元」プロジェクトにおける「伝統」への挑戦 https://t.co/IwI0ql9JM1 #CiNii
「ロクス・アモエヌス(心地よき場)としてのルネサンス庭園と場所記憶術」桑木野幸司著。 https://t.co/yav5ioRtbs ルネサンス期の思索の場としての理想的庭園計画における空間構成・表象方法と記憶術(膨大な情報を分類・整理するための技術)との関係を考察。

フォロー(2103ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @mis0no: 和歌が耳で聴くものから目で見るものに推移したことと、それに伴う枕詞の衰退については、こちらの論文を参考にしています。 枕詞はなぜ衰退し、消滅したのか? --耳の和歌と目の和歌、仮名の発明がもたらしたもの https://t.co/UPZUSvkWE6
RT @J_geiste: 早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
RT @contractio: 高田 賢(1976)「柳田社会科教科書成立の背景」社会科教育研究 37, 1-10. / “柳田社会科教科書成立の背景” https://t.co/LF1JI58MFt #ルーマン解読 #社会科
これの成果がついにまとまった。 KAKEN 近現代日本の民間精神療法に関する宗教史的考究 身体と社会の観点から (KAKENHI-PROJECT-24520075) https://t.co/PyQU8UpEpV
RT @Baboon_sai: 【メモ】クズの根絶法に関する研究。興味深い。 西野惇志 ほか 2019. 切土法面植生に配慮した強害雑草クズの根絶手法の探索. 日本緑化工学会誌 44 596-605. https://t.co/1rfFBM6Yse
RT @k_tairiku: 防衛白書の地図問題、専門家の間で有名でした。昨年も論文でこれだけ指摘されています。 https://t.co/giDWsDG367 https://t.co/tYBIzKpWpQ
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @khargush1969: 和田廣(1993)「ビザンツ史研究のデシデラータ: 宦官」『オリエント』36(1): 149-150. https://t.co/bYq7Im4wy2 短報だがビザンツ帝国国家・社会における宦官の位置付け・重要性や宦官に関する史料について知る…
RT @khargush1969: 和田廣(2004)「宦官—資格不要の職業:「闇の去勢」禁止令をめぐって」『地中海研究所紀要』2: 77-91. https://t.co/g5yPjzliHE 禁止令が出されるほど身分(自由人/奴隷、庶民/貴族)を問わない去勢の広がりを生んだ…
@buti_buti_oki 仏教や東洋思想との関わりに関しては、今のところ僕の守備範囲外なので詳しいことは判りませんが 新プラトン主義などには仏教思想の影響があると言われてますし、より近代ではショーペンハウアー、現代ではキリスト… https://t.co/LIcHnyFPXt
RT @Himagn01Maruryo: "月面基地の建設に向けて" 岩田勉,1988 https://t.co/G6F7esrwIS

776 518 102 3 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
RT @SagamiNoriaki: 中嶋先生の論文を参考にした、こんな小文があった 「文化財」としての古武道像の成立過程 https://t.co/eC1uRwKPfM
RT @Mossie633: ノルウェーの物理探査船「ラムフォーム・タイタン」。全長104.2m、全幅70m、こういうのを「ラムフォーム」型船体っていうんだそうだ。建造は三菱重工長崎。https://t.co/4W7Z0t687l ←どうやって何をするフネかはここを見てね。 h…

776 518 102 3 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
RT @Mossie633: ノルウェーの物理探査船「ラムフォーム・タイタン」。全長104.2m、全幅70m、こういうのを「ラムフォーム」型船体っていうんだそうだ。建造は三菱重工長崎。https://t.co/4W7Z0t687l ←どうやって何をするフネかはここを見てね。 h…
RT @tsundokulib: @ryosukenasa すでにお調べかもしれませんが、「大日本武徳会研究資料集成」が、国会図書館や体育系の大学で調べられるのではないかと。 機関誌『武徳』や「大日本武徳会武道専門学校一覧」が含まれており、卒業生や職員・会員の消息を追えるかもし…

フォロワー(5672ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Hideo_Ogura: 普通に論文掲載されていますけどね。http://t.co/64rrBXLDal RT @lawkus: ワイナベ先生は一部で全然業績出してないとか叩かれてるけど…。
RT @ykamit: 宮内 哲さんの「Hans Bergerの夢」の続編 、 脳波黎明期におけるLoomisの知られざる功績 —Alfred Loomis, the last amateur scientist who built the Palace of Science—…
RT @QAZ1122121: 参考① 「農 牧地開発のた めの森林伐採はチェンソーによる切倒 しではな く, 2台 のブル ドーザーが大 きな鋼鉄製の鎖をお互 いに引っ張 り合 いなが ら樹木 をなぎ倒す方法である.」 https://t.co/Vkn8jUaht5
RT @Naga_Kyoto: 佐藤 廉也「改善されない高校地理教科書の焼畑に関する誤記述」https://t.co/EryUSFaEsa メディアや教科書の焼畑記述に見られる誤りや偏見 (1)常畑耕地造成のための火入れ地拵えを焼畑と混同する誤り (2)焼畑を「原始的農耕」な…
RT @tooomoto: 「児童をモノ化する」「被害者の苦しみへの想像力が麻痺する」といった影響は、ネット上で児童ポルノに晒された場合だけでなく、自分と同じ欲望を持つ人々が集まるネット上のコミュニティに没頭した場合に、より強く現れるそうですよ 社会的承認・肯定を得た気になるた…
多次元解析より数量化理論そして多次元尺度解析法へ / 飽戸 弘 https://t.co/Td8ryVr5MX
RT @kamonomana: …この計画は残念ながら実現しませんでした。その顛末はまた書籍等でご紹介できればと思います。すぐ知りたい方は以下の紀要論文をご覧ください(日本語) https://t.co/saYGj4wNCq
@ukulele_camp 、その中で切削加工するとなると刃のほうが性能を出せないと思うのですよね(ズバリじゃないですけど一応のpdf https://t.co/IeABH8gxjb )。まあ良い手は出てきませんでしたが、うまく進みますように〜〜。
o0( 自分でなんとなく書いてから思ったけど、やはり「香害」というテーマは公的研究費でやるべきものなのだろうなぁ…市場の側で否定的結果を覚悟して分析するインセンティブが想像付かない。 科研費で検索したら一件だけあった。… https://t.co/d6QwxEpuAV
#dommune “芸術 と技術(京都学芸大学 々長 山内得立) https://t.co/S4P0bV1xet
RT @lgbtqa_bib: 【LGB/文化】ギルバート・ハート著ほか『同性愛のカルチャー研究』現代書館, (2002-02) ISBN-4-7684-6811-X https://t.co/a4xwaPJJsC
RT @reigi_anime: @ichikawakon 下記URLは「女ことば」「男ことば」の差異と変遷に関する研究です。当該論文は年代が明治大正まで遡行してないのが残念ですが、ご参考までに。 https://t.co/j9pnCYqulg
RT @kamefuji: 『本草学資料を用いた生態学研究のススメ』が公開されました。 林 亮太 (2019) カタチのない自然史情報の価値をどう届けるか?~事例3:江戸時代の本草学資料から過去の生物多様性情報を引き出す~. 日本生態学会誌, 69(2), 139-144. h…
RT @ayumochineko: このポリアクリルアミドは生育障害を来すとの発表もある。クソの役にも立たないような有害物質をわざわざ規制緩和して畑にぶち込ませるのも、何らかの利権なのだろうか? https://t.co/AYbebNrtr9
RT @tuyamagu: 日本生態学会 野外安全管理委員会 (2019)『フィールド調査における安全管理マニュアル』https://t.co/61rjNzoP4u 研究者じゃなくてもフィールドに行く虫屋・生き物屋は目を通しておいたほうが良さそう。
RT @nishio: 未踏20年の日経記事を名鑑に貼るついでに「合議ではなく、1人が気に入ればプロジェクトが審査を通るようにしたのが大きい」についての詳しい情報として未踏11年の論文を貼ったのだが、この論文9年前に書かれたとは思えない https://t.co/8EkmcT7…
@robokaseki あ、論文、もっといいのがありました。>https://t.co/SqFgrhXokI
RT @Baboon_sai: 【メモ】クズの根絶法に関する研究。興味深い。 西野惇志 ほか 2019. 切土法面植生に配慮した強害雑草クズの根絶手法の探索. 日本緑化工学会誌 44 596-605. https://t.co/1rfFBM6Yse
RT @eraitencho: あとは池内先生のグローバルジバードの変容 https://t.co/MwT31mPlX4
1989年のこの論文は多くのことを2019年の視聴者に教えてくれます。1985年の国の調査では「乳児がいる核家族世帯で母親が就業している」割合が、なんと「18%も」いると書いてある。18%「も」いるんです。そのうちパートは四分の一… https://t.co/rrDRd06egC
RT @tani6s: でも、この修士論文『トムとベリー』を素粒子論研究に投稿して載せてもらったことによって、私、素粒子論業界にデビューしたんですよね。タイトル受け狙いなんだけど、おかげで多くの人に覚えてもらいました。正解でした(内容はまじめですよ)。https://t.co/…
RT @kyslog: ヒートアイランドについては、涼しい海風が内陸を冷やすのを湾岸の高層ビル群がブロックしているという研究が増えてる印象。 https://t.co/Lj82swBqpQ https://t.co/uhZRFCxNaN https://t.co/Do3bpAN…
RT @SagamiNoriaki: 中嶋先生の論文を参考にした、こんな小文があった 「文化財」としての古武道像の成立過程 https://t.co/eC1uRwKPfM
RT @mori_arch_econo: 大腸菌も基本NaCl濃度が高いと死ぬらしんですが、 海水濃度や温度との関係の研究が… → 「海水環境における大腸菌の増殖と耐塩性誘導」https://t.co/L8VjMUEVcT
村井沙千子「プロデューサーとしての堀内敬三―日本放送協会における洋楽受容拡大を目指した試み」『東京藝術大学音楽学部紀要』37、2011年。 https://t.co/BNCdcyiiju 西洋音楽に慣れていない人々に向けてダイレク… https://t.co/RFxRHnzWnn
堀内敬三の1930年代という興味深い内容。「様々な過程を経ていくなかで敵性音楽を排撃する論調に変化」というのは拙稿での山田耕筰の言説分析とも大いに重なるものがある。堀内の場合は洋楽放送や雑誌絡みでの経験がポイントだったりするのかし… https://t.co/8t52FVmVPw
RT @Mossie633: ノルウェーの物理探査船「ラムフォーム・タイタン」。全長104.2m、全幅70m、こういうのを「ラムフォーム」型船体っていうんだそうだ。建造は三菱重工長崎。https://t.co/4W7Z0t687l ←どうやって何をするフネかはここを見てね。 h…