糖類の上 (@tinouye)

投稿一覧(最新100件)

さっき東大で音楽家にタップさせることで合奏時にテンポが速くなりがちな謎を解明したってのがあったけど、私は以前、この大阪芸大の「音楽演奏者の時間的制御能力について」という論文読んで、音楽家に正確にタップさせる困難さが先にあると思ったw https://t.co/qzUs1bgaRG
RT @tinouye: 関西学院大学リポジトリ: 14世紀世俗曲における多声法についての一考察 : Ars nova からArs subtilior へ https://t.co/XXSi10fS2C
関西学院大学リポジトリ: 14世紀世俗曲における多声法についての一考察 : Ars nova からArs subtilior へ https://t.co/XXSi10fS2C
みなさんぜひ読みましょう。 「 基礎生命科学の憂うべき状況について」(大隅良典) https://t.co/wRgiJBXebG
日本がいまだにジャーマン式だらけって話の元ネタ 「CiNii 論文 -  戦後の音楽科教育におけるバロック式リコーダーの導入 https://t.co/ZJ2ZxZTmAW #CiNii
RT @tinouye: ついでにこの曲集を巡っての論文だともう半世紀以上前だけどこれがおすすめ。 Two manuscripts of instrumental ensemble music from the Elizabethan period https://t.co/t…
ついでにこの曲集を巡っての論文だともう半世紀以上前だけどこれがおすすめ。 Two manuscripts of instrumental ensemble music from the Elizabethan period https://t.co/tkmtr563iZ
CiNii 論文 -  バカロレア哲学試験は何を評価しているか? : 受験対策参考書からの考察 https://t.co/gCgiPKOP6p #CiNii
バロック初期の歌唱法に関する研究 : G.カッチーニとM.プレトーリウスの著作をとおして (大分教育大学教育福祉部研究紀要 栗栖由美子) https://t.co/UY6Rud39RF
@asake1202 少し違いますがこんな論文があったりします。音楽家は一定にどのくらいタップできるのかという計測と理屈。。。 「音楽演奏者の時間制御能力について」https://t.co/qzUs1bgaRG
この論文はいかが?w 「 コーヒーカップとスプーンの接触音の音程変化 https://t.co/rhQ4aa85mQ #CiNii
こんな論文もあるのか。「『東勝寺鼠物語』等にみる室町期僧房の食生活-その1 https://t.co/2nQ8CyFwu1
以前から気になっていた茶道の千家の開祖、千宗旦の親は誰かという問題について積年の議論をまとめたこんな論文があった。家元制度には血縁が大事なんやねえ。「千宗旦の出自をめぐる「利休血脈論争」について--現代家元システムへの道程 https://t.co/wbV2qlx9JM

5 0 0 0 OA 西洋音楽史綱

定期的に紹介してるが、この音楽史は面白い…もちろん作曲家の人名表記もだがw『西洋音楽史綱』富尾木知佳 著 (富尾木知佳, 1916) http://t.co/hGZvbkUhXx
こんな論文はいかが?w「CiNii 論文 -  Perfumeのダンスはなぜ難しいのか?-多変量ヒルベルトーファン変換によるモーション解析 http://t.co/fyHU8uD07K #CiNii
この論文読んでみたいかも。「絶対音感におけるピッチメモリの精度とピッチラベリングの正確度 https://t.co/mvQgvFQyGQ
RT @hayano: (福島民報)【3年連続で未検出 三春の小中学生内部被ばく検査】 http://t.co/HhtBRdXt9m 論文はこれ http://t.co/AeBoogq6Rt 和訳はここ http://t.co/ir7J4BcjyT http://t.co/eV…
CiNii 論文 -  少年鑑別所男子入所者におけるアルコール・薬物乱用と反社会性の関係 : Psychopathy Checklist Youth Version (PCL : YV) を用いた研究 http://t.co/2USmHdNaHu #CiNii
そうか、今は「せいぜい」は「たかだか」の意味が主で、「できるかぎり」という意味では使われなくなってるのか、、、「副詞「せいぜい」の意味変化 : 近代語を中心に http://t.co/OgXwkuZSl0
ヘンデル没後ロンドンで最も売れっ子の指揮者、作曲家のアーノルドと古楽アカデミーのつながりの論文面白い。アカデミーのプログラムがもっとわかるといいな「18世紀末の古楽アカデミー : サミュエル・アーノルドの指揮者就任の背景に関する一考察 http://t.co/StfccebeME
RT @urushiharaken: @tinouye 作曲家ジョン・タヴナーに甚大な影響を与えた思想家フリッチョフ・シュオンを研究している者です。もしよろしければ東京大学名誉教授中村廣治郎による彼の紹介をご覧いただければ幸いです。http://t.co/JjnM1mFQUd
略称がibidになるジャーナルがあると知ってびっくり!!w CiNii 雑誌 - The Journal of international biomedical information and data : IBID http://t.co/cV0sOlX1Bc
永井荷風と菅原明朗そして葛飾情話について調べてたら、こんな論文があった。やっぱり菅原明朗「荷風罹災日乗註考」読みたいな「岡山疎開時代の永井荷風 : 菅原明朗『荷風罹災日乗註考』を読む http://t.co/c9qLuiUcHY
とても面白い論文。鳥の絵画弁別能力や音楽弁別能力について。バッハとシェーンベルク、さらにヴィヴァルディとカーターとか、いろんな研究があるんだなぁ。。。「なぜトリとヒトを比較するのか」 https://t.co/RmvbYmMsw5
これが、イグノーベル賞受賞した北里大学馬渕教授の、バナナの皮の滑りやすさ、の論文か…(英文PDF https://t.co/sN2ou9FSK1
で、女児監禁事件の容疑者は、大学院時代はこんな論文を書いていたわけか「カント哲学における演繹の構造」 http://t.co/sFCX8aOcWa
うわ、すごいw 見てびっくり!w “@nooyosh: なにこれ 松岡直「フランス基本単語の記憶法についての一試論」高岡法科大学紀要 22, 19-110, 2011-03 http://t.co/7IaIynLleM http://t.co/5ImYjmkqtT”
井上円了といえば、東洋大学の創設に関わり、さらに妖怪の研究で知られるが、「哲学飛将碁」なるチェッカーっぽいボードゲームを考案してたとはしらんかった。なんで「哲学」というと駒の名前が「唯物」「唯心」「理想」だったりするからみたいw http://t.co/B8ZqGJTAv2
そういえば以前にも紹介した、古典ギリシャ語の文法書が、福岡大学で日本語訳されている。 http://t.co/4uSTODQeBg
ジーンズのスタイルの変遷とかあっておもしろい論文だった、、、「ジーンズ・カジュアルファッション」 http://t.co/OXKXhDSlt4
@luther1108o この論文が参考になるかも。世俗カンタータから宗教カンタータへの転用についてもかかれていますし。長くないのでぜひ一読を。 http://t.co/aK7q1F1R0v
翻訳や、昨今の新訳に関して興味ある人には面白いかもしれない論文「新訳をめぐる翻訳比較批評」 http://t.co/D18XGlLlFR
古楽の演奏慣習がどのように考えられ、演奏者の意識がどう変わってきてるかをまとめたこんな論文があった。ピリオド演奏ってなんであるの?と思う人は読むといいかも。「古楽の演奏と演奏慣習」 http://t.co/sQlzhdooqm
調べものしててこんなのが国会図書館でデジタル化されてるのを発見。「言論ギャング 野依秀一の正体」という昭和初期のブックレット。http://t.co/UH80XQQN5I 野依秀一といえば超有名な喧嘩ジャーナリストとして明治末期から昭和まで健筆をふるい、蛇蝎のごとくきらわれ、(続

4916 0 0 0 OA 海老の世界

「海老の世界」こわい、、、w http://t.co/B4Xklwup 大正時代の本です。

5 0 0 0 OA 西洋音楽史綱

@Tapkara 大正から昭和初期はある意味先進的な楽書が多く出版されていると感じます。富尾木知佳「西洋音楽史網」は禁断デジタルライブラリーでデジタル化されたものを見られます。ご参考までに。http://t.co/uAKrY66k
以前にも紹介したかもだけど、古典ギリシア語の参考書の翻訳されたPDFが無料で手に入る。福岡大学の紀要に400ページに上るルキノヴィック&ルセの古典ギリシア語文法教科書の翻訳全文が掲載されてる。http://t.co/TskaXMlx
と思ったら、大田黒元雄「バッハよりシェーンベルヒ」は近代デジタルライブラリーに入っているではないか、、、それも今年に入ってからだった、、、、うれしい。 http://t.co/mTMbJHdI
うつろ舟のUFO論考みたいで面白い!古典文献の扱い方という基礎と絡めてあるのも面白い。4まですべてオープンアクセス。 RT @edtion1: CiNii論文-古代中国にUFOは飛来していたか?:古典文献の基本的な使い方からの考察 http://t.co/SE9lNoxf
最近話題になった、不確定性原理の修正の実証のニュースに関連して、量子力学の歴史と哲学、と小澤の不等式の小澤氏による短い解説文 http://t.co/O7UvCabT を読むと、数学者と物理学者ってどんなに理論畑の深いところであっても全然違うのな、という当たり前のことを感じた。
円城塔氏が芥川賞受賞したことで、以前日本物理学会誌に書かれた「ポスドクからポストポスドクへ」がより広くの人に読まれるようになったのはいいことと思うべきだよね、、、それにしてもCiNii経由で読めるんだね。 http://t.co/DZ4IxgjR
(承前)さらに小沢氏自身が2004年に日本物理学会誌に書いた「不確定性原理・保存法則・量子計算」 http://t.co/fwYJvx7z という短い論文がCiNiiで読める。
ちょっと面白い論文を見つけた。宮澤賢治の「猫の事務所」という作品が好き(作品中のかま猫は可哀想だけど)なのだけど、その作品を当時の浜口首相による郡役所の廃止や作者自身の職場体験とつなげて論じてるもの「宮澤賢治「猫の事務所」と郡役所廃止」 http://t.co/TzX1R836
「『松屋会記』・『天王寺会記』・『神屋宗湛日記』・『今井宗久茶湯日記抜書』にみる中世末期から近世初頭の会席(第1報) : 会席の菓子」 http://t.co/XmxIZOsI 第一報しかないのが残念だけで昔の茶事でのお菓子の種類面白い。

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1940ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

この論文においては電気床や焼けた鉄板などカイジ的ギミックを用いて対照実験を行っているが、アイソの方が筋肉量の増加が大きかったという結果になっている。 https://t.co/nOE2jH50va
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @michisato: あ、ついにVR学会論文誌が一般公開されて拙著のハンガー反射論文が誰でも読めるようになったくさい。中学生でも読めそうなおもしろ論文なので読んでねー。 https://t.co/rlLFFGSRc2 https://t.co/nkjUPcFrIn
RT @ken_na: こちらが最新の論文です。 文節単位を考慮した文字配置の工夫がもたらす日本語電子リーダーの可読性向上 https://t.co/s2eRlsGymg j-stage メンテ中… https://t.co/qbCdPi3pNY
RT @michisato: あ、ついにVR学会論文誌が一般公開されて拙著のハンガー反射論文が誰でも読めるようになったくさい。中学生でも読めそうなおもしろ論文なので読んでねー。 https://t.co/rlLFFGSRc2 https://t.co/nkjUPcFrIn
RT @michisato: あ、ついにVR学会論文誌が一般公開されて拙著のハンガー反射論文が誰でも読めるようになったくさい。中学生でも読めそうなおもしろ論文なので読んでねー。 https://t.co/rlLFFGSRc2 https://t.co/nkjUPcFrIn
RT @michisato: あ、ついにVR学会論文誌が一般公開されて拙著のハンガー反射論文が誰でも読めるようになったくさい。中学生でも読めそうなおもしろ論文なので読んでねー。 https://t.co/rlLFFGSRc2 https://t.co/nkjUPcFrIn

フォロワー(5335ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

46 5 5 4 OA 南北朝正閏論争

RT @rkscinii: CiNii 論文 -  南北朝正閏論争 https://t.co/nPlOd4lyh7 #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  「満済准后日記 紙背文書」をめぐって : 足利義教の世阿弥父子仙洞出演阻止と観世申状 https://t.co/bmKDsq6nqe #CiNii
RT @n291: リンク切れ。再度。きちんと読めていませんが、クレア・ビショップがSEA批判のために採用しているロジックに近い視点。[PDF] 包摂の実践者か、排除の尖兵か?ーーイギリスにおける脱専門化するソーシャルワークーー(伊藤文人)https://t.co/dUp7kw…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  中世武家社会の作庭について : 京と鎌倉の作庭手法の違いを中心に(I 中世の景観と文化,近世社会の成立と展開,所理喜夫先生退職記念号) https://t.co/KoGTgN350h #CiNii
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 中国と日本と (1) : キンシコウ事始め(和田 一雄),2000 https://t.co/Mi6H9uOtdK
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? O01)中国秦嶺山系におけるキンシコウ,西梁群の交尾の繁殖生理的・社会的機能について(口頭発表,講演要旨,野生生物保護学会2003年大会大会報告)(和田 一雄),2004 https://t.co/KB9FL98DKM
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 4.3 純粋なリチウムに恋する候補構造材料の物語(4.共存性研究の最前線,<小特集>核融合炉ブランケット燃料増殖材・冷却材中の材料の共存性)(近藤 正聡ほか),2010 https://t.co/PM533ZoWLR
この論文においては電気床や焼けた鉄板などカイジ的ギミックを用いて対照実験を行っているが、アイソの方が筋肉量の増加が大きかったという結果になっている。 https://t.co/nOE2jH50va
RT @numagasa: さっきの「々」に関して『日本語における畳語複数形の生成可能性について』(https://t.co/TN3RzdD9ZC)という言語学の論文があった。私も「使用範囲が非常に限定されている」のが面白いと思う。たしかに「魚魚(うおうお)」とか「鳥鳥(とりど…
RT @hitononaka: 国立民族学博物館にも、先程のロシアでの民間呪術に関する地球学総合研究所の藤原潤子氏の調査報告がありました。 現代ロシアにおける呪術ブームの生成 − 呪術研究と呪術実践の交差点から https://t.co/W8KmI48DFI
RT @sturmischNRK: 「絶対音感保有者における移調メロディの認知過程」 https://t.co/Kn0rSwTS0B 面白い。実験デザインが微妙な気もするが、絶対音感の「一長一短」さを論じるところはなかなか。 「三善(晃)」とか「別宮(貞雄)」が普通の論文のテ…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @goeland_argente: 藤井 千佳世「スピノザとカンギレム:生の規範から倫理的範型(exemplar)へ」https://t.co/weRkgmy0tw #CiNii
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
「絶対音感保有者における移調メロディの認知過程」 https://t.co/Kn0rSwTS0B 面白い。実験デザインが微妙な気もするが、絶対音感の「一長一短」さを論じるところはなかなか。 「三善(晃)」とか「別宮(貞雄)」が普通の論文のテンションで引用されてるのが何とも。
インクランは好きなスペイン作家ですが、この定義は難しいですね。 https://t.co/m6AjdwxiFL

5 5 5 0 OA 退読書歴

RT @livresque2: 「讀書と理解だけには調練を經てゐる人間を、言はゞ反故にしてしまつたのが明治の文化である。」「彼等は盛にいろいろのことに氣がつく。」「そのヴイヴアシアスな人は皆をかしな人になつてゐる」『退讀書歴』https://t.co/6vQyLsQ9vM「讀書…

5 2 2 0 OA 明治大正史

RT @livresque2: 「やゝ卓越した者が日本では非常に迷うたのであつた」https://t.co/Hqcsi8hjWg「最も大きな不幸は時を失つた者の、改めて凡庸の道を踏み得ないことであつた。」「明治の教育は何の目途も無しに、たゞ斯ういふ人物を澤山に産出して居た」――…
RT @daniwell_aidn: ^-ω-^)。o CiNii 論文 -  リンゴの皮むき曲線について https://t.co/r9Cv7B3K7G #CiNii
確か、山崎敏光先生もワーグナーにお詳しかったのでは?これはご本人ですよね。「バイロイト音楽祭レポ-ト<1997年>音楽への感動と演出 (ヨ-ロッパのワ-グナ-公演情報1997)」山崎敏光… https://t.co/qagZnu7dGL
RT @michisato: あ、ついにVR学会論文誌が一般公開されて拙著のハンガー反射論文が誰でも読めるようになったくさい。中学生でも読めそうなおもしろ論文なので読んでねー。 https://t.co/rlLFFGSRc2 https://t.co/nkjUPcFrIn
RT @goeland_argente: 書評「開沼博著『「フクシマ」論――原子力ムラはなぜ生まれたのか』」 https://t.co/fHDVOD4dzl 金菱清先生による書評。社会学者は他の社会学者を批判しないと思っている人がいるようだけど、ツィッタランドではなく学術誌では…
RT @michisato: あ、ついにVR学会論文誌が一般公開されて拙著のハンガー反射論文が誰でも読めるようになったくさい。中学生でも読めそうなおもしろ論文なので読んでねー。 https://t.co/rlLFFGSRc2 https://t.co/nkjUPcFrIn
RT @goeland_argente: 書評「開沼博著『「フクシマ」論――原子力ムラはなぜ生まれたのか』」 https://t.co/fHDVOD4dzl 金菱清先生による書評。社会学者は他の社会学者を批判しないと思っている人がいるようだけど、ツィッタランドではなく学術誌では…