suehiro, tsuneo (@shiraist)

投稿一覧(最新100件)

“視点 くまのプーさん:新たなる旅立ち” https://t.co/XV6nStKvTO #著作権 #TPP
“青空文庫から.txtファイルの未来へ:パブリックドメインと電子テキストの20年” https://t.co/Rg1aD3UGgK #青空文庫
“日本の電子出版30年の軌跡:電子辞書・電子書籍の黎明期から現在まで” https://t.co/QMMYjZE1Cd #電子書籍
RT @db_jst: 「情報管理」2016年12月号 日本の電子出版30年の軌跡:電子辞書・電子書籍の黎明期から現在まで CD-ROMに端を発する電子辞書、コミックがけん引した電子書籍市場、2種のコンテンツを軸に日本電子出版協会顧問の長谷川秀記氏が概観 https://t.c…
“オープンアクセスとクリエイティブ・コモンズ採用における注意点:開かれた研究成果の利活用のために” https://t.co/5zRfEacYl9 #Creative_Commons #Open_Access
福井健策先生の講演。 / “INFOPRO2015特別講演 ウェブ世論と著作権の新たなリスク” https://t.co/2ZAqC3KPdL #著作権 #web
情報管理 Vol. 58 (2015) No. 12 p. 908-918 佐藤 翔, 上田 真緒, 木原 絢, 成宮 詩織, 林 さやか, 森田 眞実 / “日本…” https://t.co/ccwtczibMf #電子ジャーナル #論文 #Open_Access
RT @shinshiken: 今回コレクション評価を行った「科学技術系外国雑誌デポジット・ライブラリー」の概要については、次の文献をご参照ください。開設当時に書かれたものです。 神奈川県立川崎図書館における「科学技術系外国語雑誌デポジット・ライブラリー」の開設 https:/…
「ウィキペディアタウン」について。 / “つながれインフォプロ 第18回” http://t.co/Fgbs5Kx0ch #wikipedia
2014年3大図書館本+α:『走れ!移動図書館』『つながる図書館』『未来の図書館、はじめませんか?』『困ったときには図書館へ』 / “人生のお供に図書館を 2014年3大図書館本+α” http://t.co/XXBZ0RjEkf #図書館 #本
“職務発明制度改革 技術者倫理からの考察” http://t.co/odh1lTIAFd #特許
“著作物の公正使用 おとぎ話同然?” http://t.co/FUDf2dCVO0 #フェアユース
“図書館の諸活動に関する著作権2014 「教えて!著作権」その後” http://t.co/e8twYIgHPB #図書館 #著作權
神奈川県資料室研究会について、県立川崎図書館の方が書かれています。 / “つながれインフォプロ 第7回” http://t.co/1xLZAMs3Uz #図書館
“初音ミクとN次創作に関連した音楽情報処理研究 VocaListenerとSongrium” http://t.co/4pFwxUM2tk #音楽
“アメリカにおける公共図書館のビジネス支援サービス” http://t.co/MKGRwAuSGZ #図書館
とても惹かれるタイトル。後で読もう。 / “腰痛と知財の関係” http://t.co/7IgTX3rD0D #知財
平山陽菜さんの「この本!~おすすめします~」 / “図書館のこれまでとこれから” http://t.co/LvdIhgVVDb #図書館
RT @sugargroove: 農学部図書館に寄贈した雑誌がCiNii(サイニィ)に登録されてた。この雑誌をフルで読めるのは東大の農図と神奈川県立川崎図書館だけ!(なんで?) http://t.co/sBqG7PKhcx
福井先生の論文。情報管理 Vol. 56 (2013) No. 10 P 661-668 / “知のインフラ整備とデジタル著作権の挑戦” http://t.co/DSH6BjHLSW #著作権
“CiNii 論文 -  私的領域における著作権の複製等に関する今後のあり方について” http://t.co/6gTLfph9H4 #著作権
著作権についての本の紹介。 情報管理 Vol. 56 (2013) No. 7 P 480-483 / “著作権を勉強してみよう” http://t.co/K8lLuTag3c #著作権
情報管理 Vol. 56 (2013) No. 7 P 480-483 / “著作権を勉強してみよう” http://t.co/K8lLuTag3c #著作権
[著作権] / “CiNii 論文 -  インターネット社会と知的財産権 : 最近の著作権侵害に係る紛争例を中心に” http://t.co/qHcF3EFW2W
[情報公開][行政] / “研究・実務に役立つ!リーガル・リサーチ入門 第10回 行政情報” http://t.co/kHmVWAmdVQ
[出版][著作権] / “ja” http://t.co/seH9F9ifIm
“特許分類に関する国際的な動向 五庁共通ハイブリッド分類プロジェクトをはじめとして” http://t.co/EUBLWGPKk3
RT @dellganov: @keikuma 神奈川県立図書館での実践がありますね。「科学技術系外国語雑誌デポジット・ライブラリー」https://t.co/jIuyLBXXoO https://t.co/OUFln93ELF
“[PDF]環太平洋経済連携協定(TPP)の概要(『ISSUE BRIEF』No.770)” http://t.co/DjxcBdPj
高木聡一郎 情報管理 Vol. 55 (2012) No. 10 P 746-753 / “欧州におけるオープンデータ政策の最新動向” http://t.co/rFjMzmkz

14 0 0 0 OA 万人が芸術家?

名和小太郎 情報管理 Vol. 55 (2012) No. 10 P 771-773 / “ja” http://t.co/1XmWR8cE
末吉亙 情報管理 Vol. 55 (2012) No. 10 P 767-770 / “日本版フェア・ユース再論” http://t.co/Q1IPtVN5
シソーラスmapは便利だよね。いつも使ってる。 / “JSTシソーラスmap JST辞書の可視化による効果的な検索語の発見” http://t.co/QnL1z3ms
全文PDFはこちらからアクセス可。 http://t.co/CHlHf5Qy / “CiNii 論文 -  違法ダウンロード刑事罰化をめぐる国会論議 : 著作権法の一部を改正する法律 (特集 第180回国会の論議の焦点(4))” http://t.co/hjjQMIoa
国会図書館のIssue & Briefで「違法ダウンロード刑事規制をめぐる動き」がまとめられた。 これは読まなきゃ! 国立国会図書館デジタル化資料 - 違法ダウンロード刑事規制をめぐる動き : 平成24年著作権法改正 : http://t.co/Q7RuErff
“国立国会図書館デジタル化資料 - 違法ダウンロード刑事規制をめぐる動き : 平成24年著作権法改正” http://t.co/9LwTdoxg
“ウィキペディアの基本的な編集方法と考え方 間違いを正しく編集する” http://t.co/WTwPB1ps
“ユーザー参加型の価値を追究する新しい学会 ニコニコ学会βの試み” http://t.co/foe6N19g
日本弁理士会の「パテント」誌掲載。読んでみたい。 / “CiNii 論文 -  書籍の自炊代行に関する著作権問題” http://t.co/FXlb9XjD
出版者への隣接権付与について考える際に、これは絶対に読んでおくべき。 長谷川 秀記. “ある電子書店主の思い出話”. 情報管理. Vol. 46, No. 4, (2003), 266-268 . http://t.co/LdKxNheX
電子書籍の黎明期に出版者が電子書籍に対して何をしたかという貴重な記録です。 長谷川 秀記. “ある電子書店主の思い出話”. 情報管理. Vol. 46, No. 4, (2003), 266-268 . http://t.co/LdKxNheX
“名和 小太郎. “60年前-現在:コピー,あれこれ”. 情報管理. Vol. 54, No. 11, (2012), 767-769 .” http://t.co/6wqm9O06
“庄子 博人, 間野 義之, 中村 好男. Jリーグシーズンチケット購買率の距離減衰率と競合クラブの関係性 . スポーツ産業学研究. 2011, Vol. 21, No. 2, p.207-215 .” http://t.co/vjQny9lw
J-STAGEで見つけた文献。後で読んでみよう。 / “金 エリ, 三友 仁志, “モバイルツイッターがユーザーの関係性および社会に与える影響 : ―日韓大学生ユーザーの利用に関する比較―”, 情報通信学会誌, 29, (2011),…” http://t.co/c9MbQlDC
“安部 耕造, 矢口 学, 嶋瀬 俊太郎. “企業等における電子ジャーナル等の利用動向調査”. 情報管理. Vol. 54, No. 7, (2011), 400-405 .” http://t.co/Wag26iUO
高木 善幸. “WIPOの特許情報戦略”. 情報管理. Vol. 54, No. 6, (2011), 353-356 . http://t.co/egu2vJC
これ書いたのもう5年前になるのか。 CiNii -  神奈川県資料室研究会と神奈川県立川崎図書館--新たな協力関係に向けて (特集:専門図書館と公共図書館) http://ci.nii.ac.jp/naid/40006330407 [TWNv630]

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1017ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  『事林廣記』刑法類・公理類譯注 https://t.co/Ljnql6EttC 訴状の書式集が便利!
J-STAGE Articles - 長又高夫評 : 新田一郎著「律令·式目—「法」テクスト注釈の非「法学」的展開」 https://t.co/01v959V5rk
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1032「超高齢社会と金融の役割」(PDF:469KB)を掲載しました。 https://t.co/HOk7UKxwEo
鈴木 寛, 加納 寛子; AI時代に必要な人材の条件 -ハンナアーレントに学ぶ- J-STAGE Articles https://t.co/ZCinztC3PE
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  ポーツマス講和条約交渉の再考察 : 多国間交渉・ミディエーション分析&小村寿太郎の一側面 https://t.co/X5cVckeANU #CiNii
RT @TR_727: @tcv2catnap おまけ:「ヒ素ミルク中毒事件といえば, 通常はこの時の被害の集中発生を指し,それまで,およびそれ以降は無事故/とされるのが一般/.しかし, 1953年以降1955年4月以前に発病 したヒ素中毒とみられる症例もあれば, 1956年以…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「「1955年8月24日,/厚生省はMF印の回収を指示」https://t.co/NVUQJctWkoについて、「F印以外のブランド(MV印, MC印)による被害については,被害児の親や/専門家が指摘したが,真相は唆味なまま/.中…
RT @TR_727: @tcv2catnap →「しかし,日本小児科学会と日本公衆衛生学会がそれぞれ後遺症の存在を公式に認め,後遺症の 存在は科学的に疑う余地のないものと位置づけられるに至り,両者の対立は自然消滅した」 同上 中島貴子『科学的知見の不確実性と専門家の倫理―戦…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「新聞報道と同じ日,森永は/厚生省に被害者の検診を要請し, 厚生省は「後遺症の有無を調査検討するため検診を行う」と発表した(13↓.一方/,各地で多くの医師が自主的に被害者たちの精密検診に取り組みはじめ/同年12月には,岡山大学医…
RT @TR_727: @tcv2catnap →森永が約束した後遺症研究のための助成機関は,乳幼児の栄養研究(粉ミルク 開発)の助成機関となり,後遺症に関する公的研究調査は一切,なされないまま月日が流れた.」 同上 中島貴子『科学的知見の不確実性と専門家の倫理』2007 h…
RT @TR_727: @tcv2catnap →かくして,131人が死亡し,/過少評価する西沢基準/すら1万2159人もの被害者が認定された前代未聞の食中毒事件/(1956年2月厚生省発表)/公式発表からわずか1年半たらず/,事件は社会の関心から消えていった. → 同上 中…
RT @TR_727: @tcv2catnap →「厚生省は翌1956年3月,各府県に精密検査/を指示し/希望者だけを対象に/実施された/検査/結果を集計した厚生省は「全貞異常なし.症状を有する者はいずれも中毒催息 以前の原病の継続」と発表した/.→ 同上 中島貴子『科学的知…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「1955年8月24日,岡山大/と/県衛生部が原因食品(森永製MF印ミルク)と病因物質(ヒ素)を公表./厚生省はMF印の回収を指示し/専門的な第三者機関として,医療問題/「西沢委員会」と補償問題/「五人委員会」が/発足/.→ 中…
RT @k_brigeil: 明治前半に、ドイツ法学大家であるブルンチュリの『政治の科学』を、フルベッキと武者小路実世が日本語にした『国会議員選挙論』https://t.co/pTJfSL9V4J。 631頁の内容が僅か76頁に減少。こちらが本物 https://t.co/dD…
RT @twremcat: https://t.co/J9VZrDxpRt 著者名に #山縣然太郎 の名前を見つけて久々にブチ切れたので、急いで公開: https://t.co/Cw5Jl02dfi "厚生労働科学研究費補助金 2012 年度「母子保健事業の効果的実施のための妊…
RT @twremcat: https://t.co/4HgLLyTh3B 西岡 笑子 (2018) "思春期性教育,妊孕性認識の研究動向と性と生殖の健康教育に基づいたライフプランニングの可能性" _日本衛生学雑誌_ 73(2):185-199 明らかに内容がヤバいんだけど、…
RT @twremcat: 西岡 笑子 (2018) "わが国の性教育の歴史的変遷とリプロダクティブヘルス/ライツ" _日本衛生学雑誌_ 73(2):178-184 https://t.co/KhflJVceU9 >戦時中の兵員確保のためのスローガンとして用いられてきた「妊娠1…
RT @twremcat: 野村 恭子 + 苅田 香苗 (2018) https://t.co/7RRTAyrFf1 >人口増加に直結するような移民問題は扱わない。 >妊孕性について議論することは避け,こどもを欲しいと思う心情を尊重 >日本衛生学会ならではのユニークな提案に結び…
RT @twremcat: https://t.co/J9VZrDxpRt >ワーキンググループを設置し,2016 年の学術総会より計 3 回の少子化対策シンポジウムと自由集会を開催 >日本衛生学会和文誌上での連載を 2018 年 1 月より開始 >本稿は主にそのシンポジウムな…
RT @twremcat: >日本衛生学会における少子化対策提言 自体は https://t.co/yu8fYBhXeV ですね: 日本衛生学会少子化対策ワーキンググループ (2019) _日本衛生学雑誌_ 74 ただ、これは項目を列挙してあるだけで https://t.…
RT @twremcat: >日本衛生学会における少子化対策提言 自体は https://t.co/yu8fYBhXeV ですね: 日本衛生学会少子化対策ワーキンググループ (2019) _日本衛生学雑誌_ 74 ただ、これは項目を列挙してあるだけで https://t.…
RT @twremcat: 日本衛生学会における少子化対策提言 https://t.co/0JQn1q2svB >本とりまとめの詳細は、2019年1月に日本衛生学雑誌に掲載されJ-STAGEで公開される これが https://t.co/J9VZrDxpRt ということか
RT @twremcat: 野村恭子 etal (2019) _日本衛生学雑誌_ / “日本衛生学会における少子化対策提言に向けて:日本衛生学会少子化対策ワーキンググループによるとりまとめ” https://t.co/3EeObaHqyM
RT @TokushimaU_lib: 【職員が執筆した論文が公開されました!】 徳島大学附属図書館が行っている学生協働の活動についてまとめた論文が「大学図書館研究」にて公開されました。 https://t.co/VQZqJVk4ZC 徳大の図書館で学生が色んな活動をしてい…
消費税に関する議論の概要と背景『ISSUE BRIEF』746号, 2012.04.03. https://t.co/uaXP9lfKH0 #NDL調査局今月のトピック #消費税
消費税の逆進性とその緩和策―消費税をめぐる論点1―『ISSUE BRIEF』749号, 2012.04.17. https://t.co/oM0OD0WRpR #NDL調査局今月のトピック #消費税
消費税の経済への影響―消費税をめぐる論点2―『ISSUE BRIEF』752号, 2012.05.24. https://t.co/SAjph33RYT #NDL調査局今月のトピック #消費税
消費税収の使途に関する議論―消費税をめぐる論点3―『ISSUE BRIEF』753号, 2012.05.29. https://t.co/vasjsWbZf2 #NDL調査局今月のトピック #消費税
消費税の転嫁に関する議論―消費税をめぐる論点4―『ISSUE BRIEF』759号, 2012.09.04. https://t.co/nKyKtJju54 #NDL調査局今月のトピック #消費税
消費税の複数税率をめぐる論点―適用対象の画定と減収規模を中心に―『ISSUE BRIEF』790号, 2013.05.23. https://t.co/NDYHvmzSly #NDL調査局今月のトピック #消費税
地方消費税を巡る税率設定の自由化に伴う経済的影響―クロスボーダー・ショッピングと租税競争の観点から―『レファレンス』759号, 2014.04. https://t.co/vxP1MmEQ7C #NDL調査局今月のトピック #消費税
政府間税源配分と付加価値税『ISSUE BRIEF』857号, 2015.03.24. https://t.co/nXF9Lfqt4b #NDL調査局今月のトピック #消費税
インボイス方式導入をめぐる経緯と課題『ISSUE BRIEF』949号, 2017.03.23. https://t.co/ZqO5RzPwfw #NDL調査局今月のトピック #消費税
全世代型社会保障をめぐる議論―子ども・子育て支援策を中心に―『ISSUE BRIEF』992号, 2018.01.18. https://t.co/IoiMEFiA3o #NDL調査局今月のトピック #消費税
諸外国の付加価値税(2018年版)『調査資料』2018.03. https://t.co/g0L8a3iJZR #NDL調査局今月のトピック #消費税
地方消費税の清算基準をめぐる経緯及び論点『レファレンス』808号, 2018.05. https://t.co/kdpt2Uxs7M #NDL調査局今月のトピック #消費税
消費税率引上げの影響と対策『ISSUE BRIEF』1029号, 2018.12.18. https://t.co/cpQqFTK974 #NDL調査局今月のトピック #消費税
“教育工学とアクティブラーニング” https://t.co/sH2p472ZZB
RT @Naga_Kyoto: 神田孝治「森 正人 著『ハゲに悩む——劣等感の社会史』」 https://t.co/znR6oCTh2e 文化地理学者が書いたハゲの本の書評が観光学の雑誌に載る…訳が分からない…
RT @conductor_hvk: ブロックチェーンについて基礎事項がまとまっています https://t.co/L2XqJ59tbq
RT @KoichiAkasaka: 藤田宗介「憲政資料室所蔵のオーラル・ヒストリー関連資料」参考書誌研究78号(2016年)、検索にとても便利です。/https://t.co/e7nU8RqoKM

フォロワー(1417ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @taranto_mmm: (承前)本属の再検討を行ったJäger(2003)は、両種のカラーパターンやサイズ、分布域の類似性を指摘。さらに自然下で両者が交接している所が観察されたことから、Jäger & Koh(2011)はこれらを同種とみなし、R. ingens を…
@christine_yoko7 @YouTube 以下は無料で読めるPDF ダウンロード出来る論文です。タイトルは平安時代ですが、弥生時代から解説されています CiNii 論文 -  平安時代における天皇と音楽 https://t.co/zQKNW78Azk #CiNii
CiNii 論文 -  『事林廣記』刑法類・公理類譯注 https://t.co/Ljnql6EttC 訴状の書式集が便利!
RT @TR_727: 前に聞いて読むの忘れてたヤツ。感謝 「川口浩の番組が嘲笑されるようになったのは、1980年代以降のこと/。それまで川口浩は、とくに1969年/スタート/『ショック!!』(日本テレビ系)では,明らかに「真正なドキュメンタリー」というものを想定し、目指してい…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 慶應義塾大学における電子書籍の取り組み -ディスカバリーサービスの活用事例-(稲木 竜),2017 https://t.co/ikSZqpiHVe
RT @oikawamaru: 近畿のタウナギ(外来系統)では、巣穴中でオスが泡巣をつくってメスが産卵した後オスが孵化まで卵保護をして、さらに孵化後は仔魚を口内保育するという興味深い生態が報告されている https://t.co/bpY8ECsS36
RT @rei10830349: 発達心理学では、定型発達は言語的理由付けを伴わない直感的な「心の理論」を発達的前提に、その後で言語的理由付けを伴う「心の理論」を形成するのに対し、発達障害者は直感的な「心の理論」を欠いたまま言語的理由付けによる「心の理論」を形成することが示唆さ…
室井康成さんがツイッター始められていた。話題になっている成人式の論考は目からウロコです。https://t.co/ZpL5QdndWf 「成人式が、近代まで日本各地において、15歳前後の若者に対して行なわれてきた成人儀礼「元服」の… https://t.co/qRyRXXbLFR
J-STAGE Articles - 長又高夫評 : 新田一郎著「律令·式目—「法」テクスト注釈の非「法学」的展開」 https://t.co/01v959V5rk
鈴木 寛, 加納 寛子; AI時代に必要な人材の条件 -ハンナアーレントに学ぶ- J-STAGE Articles https://t.co/ZCinztC3PE
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  ポーツマス講和条約交渉の再考察 : 多国間交渉・ミディエーション分析&小村寿太郎の一側面 https://t.co/X5cVckeANU #CiNii
RT @TR_727: @tcv2catnap おまけ:「ヒ素ミルク中毒事件といえば, 通常はこの時の被害の集中発生を指し,それまで,およびそれ以降は無事故/とされるのが一般/.しかし, 1953年以降1955年4月以前に発病 したヒ素中毒とみられる症例もあれば, 1956年以…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「「1955年8月24日,/厚生省はMF印の回収を指示」https://t.co/NVUQJctWkoについて、「F印以外のブランド(MV印, MC印)による被害については,被害児の親や/専門家が指摘したが,真相は唆味なまま/.中…
RT @TR_727: @tcv2catnap →「しかし,日本小児科学会と日本公衆衛生学会がそれぞれ後遺症の存在を公式に認め,後遺症の 存在は科学的に疑う余地のないものと位置づけられるに至り,両者の対立は自然消滅した」 同上 中島貴子『科学的知見の不確実性と専門家の倫理―戦…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「新聞報道と同じ日,森永は/厚生省に被害者の検診を要請し, 厚生省は「後遺症の有無を調査検討するため検診を行う」と発表した(13↓.一方/,各地で多くの医師が自主的に被害者たちの精密検診に取り組みはじめ/同年12月には,岡山大学医…
RT @TR_727: @tcv2catnap →森永が約束した後遺症研究のための助成機関は,乳幼児の栄養研究(粉ミルク 開発)の助成機関となり,後遺症に関する公的研究調査は一切,なされないまま月日が流れた.」 同上 中島貴子『科学的知見の不確実性と専門家の倫理』2007 h…
RT @TR_727: @tcv2catnap →かくして,131人が死亡し,/過少評価する西沢基準/すら1万2159人もの被害者が認定された前代未聞の食中毒事件/(1956年2月厚生省発表)/公式発表からわずか1年半たらず/,事件は社会の関心から消えていった. → 同上 中…
RT @TR_727: @tcv2catnap →「厚生省は翌1956年3月,各府県に精密検査/を指示し/希望者だけを対象に/実施された/検査/結果を集計した厚生省は「全貞異常なし.症状を有する者はいずれも中毒催息 以前の原病の継続」と発表した/.→ 同上 中島貴子『科学的知…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「1955年8月24日,岡山大/と/県衛生部が原因食品(森永製MF印ミルク)と病因物質(ヒ素)を公表./厚生省はMF印の回収を指示し/専門的な第三者機関として,医療問題/「西沢委員会」と補償問題/「五人委員会」が/発足/.→ 中…
RT @k_brigeil: 明治前半に、ドイツ法学大家であるブルンチュリの『政治の科学』を、フルベッキと武者小路実世が日本語にした『国会議員選挙論』https://t.co/pTJfSL9V4J。 631頁の内容が僅か76頁に減少。こちらが本物 https://t.co/dD…
RT @twremcat: https://t.co/J9VZrDxpRt 著者名に #山縣然太郎 の名前を見つけて久々にブチ切れたので、急いで公開: https://t.co/Cw5Jl02dfi "厚生労働科学研究費補助金 2012 年度「母子保健事業の効果的実施のための妊…
RT @twremcat: https://t.co/4HgLLyTh3B 西岡 笑子 (2018) "思春期性教育,妊孕性認識の研究動向と性と生殖の健康教育に基づいたライフプランニングの可能性" _日本衛生学雑誌_ 73(2):185-199 明らかに内容がヤバいんだけど、…
RT @twremcat: 西岡 笑子 (2018) "わが国の性教育の歴史的変遷とリプロダクティブヘルス/ライツ" _日本衛生学雑誌_ 73(2):178-184 https://t.co/KhflJVceU9 >戦時中の兵員確保のためのスローガンとして用いられてきた「妊娠1…
RT @twremcat: 野村 恭子 + 苅田 香苗 (2018) https://t.co/7RRTAyrFf1 >人口増加に直結するような移民問題は扱わない。 >妊孕性について議論することは避け,こどもを欲しいと思う心情を尊重 >日本衛生学会ならではのユニークな提案に結び…
RT @twremcat: https://t.co/J9VZrDxpRt >ワーキンググループを設置し,2016 年の学術総会より計 3 回の少子化対策シンポジウムと自由集会を開催 >日本衛生学会和文誌上での連載を 2018 年 1 月より開始 >本稿は主にそのシンポジウムな…
RT @twremcat: >日本衛生学会における少子化対策提言 自体は https://t.co/yu8fYBhXeV ですね: 日本衛生学会少子化対策ワーキンググループ (2019) _日本衛生学雑誌_ 74 ただ、これは項目を列挙してあるだけで https://t.…
RT @twremcat: >日本衛生学会における少子化対策提言 自体は https://t.co/yu8fYBhXeV ですね: 日本衛生学会少子化対策ワーキンググループ (2019) _日本衛生学雑誌_ 74 ただ、これは項目を列挙してあるだけで https://t.…
RT @twremcat: 日本衛生学会における少子化対策提言 https://t.co/0JQn1q2svB >本とりまとめの詳細は、2019年1月に日本衛生学雑誌に掲載されJ-STAGEで公開される これが https://t.co/J9VZrDxpRt ということか
RT @twremcat: 野村恭子 etal (2019) _日本衛生学雑誌_ / “日本衛生学会における少子化対策提言に向けて:日本衛生学会少子化対策ワーキンググループによるとりまとめ” https://t.co/3EeObaHqyM
RT @nilnil26: [PDF] 原田久義「【アメリカ】海外のデータの合法的使用を明確化する法律-クラウド法-」『外国の立法』No. 278-1 (2019.1),pp.4-5 国立国会図書館 https://t.co/X1aAwXuoLt
RT @star_buster: 内容も現代にはなかなか無い「未知との遭遇」って感じで面白いです。カワイイ! って言った数ページ後で食って味の話をするのはさすが日本人…なのか? コウテイペンギンって不敬だから大ペンギンにしようとか言い出したり、価値観や科学知識は明治なので、そこ…
RT @TokushimaU_lib: 【職員が執筆した論文が公開されました!】 徳島大学附属図書館が行っている学生協働の活動についてまとめた論文が「大学図書館研究」にて公開されました。 https://t.co/VQZqJVk4ZC 徳大の図書館で学生が色んな活動をしてい…
“教育工学とアクティブラーニング” https://t.co/sH2p472ZZB

2 1 1 0 OA 浄魂

【徳島県】《文献》徳島県師範学校学徒振励隊『浄魂』(国立国会図書館・近代デジタルライブラリー) https://t.co/nD8GJqXRAz ※101-103ページに旧『徳島県民歌』の歌詞掲載
RT @Naga_Kyoto: 神田孝治「森 正人 著『ハゲに悩む——劣等感の社会史』」 https://t.co/znR6oCTh2e 文化地理学者が書いたハゲの本の書評が観光学の雑誌に載る…訳が分からない…
【文献】国民文化協会『事典 シンボルと公式制度 日本篇』(国際図書/1968) https://t.co/YGh0YS8rAE 「明治百年」で制定ラッシュを迎える最中かつ沖縄返還前のため、3分の1近い府県は「未制定」とされている。… https://t.co/4F2JlFEHt4
RT @KoichiAkasaka: 藤田宗介「憲政資料室所蔵のオーラル・ヒストリー関連資料」参考書誌研究78号(2016年)、検索にとても便利です。/https://t.co/e7nU8RqoKM
【文献】藤沢優『国のシンボル』(頌文社/1970) https://t.co/vSChMIMvNE 『日本うたの地図』と同年に刊行。『シンボルと公式制度』のコンパクト版かつ増補改訂版のような内容だが、宮城・徳島・佐賀は戦前の県民歌に触れず「未制定」とされている。