김민정 (@tokyo_seoul_mom)

投稿一覧(最新100件)

研究論文計画書終了。提出に間に合った。文系の研究に意味があるのだろうか。知的な贅沢におぼれていくが、経済の面では不安がいっぱいだ。芥川賞を取った人のポスドク問題が身にしみる。http://t.co/uqRmw2RG

お気に入り一覧(最新100件)

【文系博士】研究者市場における文科系博士院生の就職要件 : JREC-INによる公募情報の分析 http://t.co/8Xixwv3uH1 「各研究機関の公募情報から、博士院生らの若手研究者にどのような要件や能力などが期待されているか、またその勤務条件はどのようなものか」

フォロー(3029ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @aojimami1: @peureka 先生のほうがお詳しいでしょうけど医学でも性的虐待の被害トラウマと兵士の残虐行為罪業感トラウマは最も無視され嘘つきとして迫害されてきた歴史がありますね。権力ある側のふるまいが暴露されないよう露骨な圧力がかかります。拙論https:/…
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOSWT5
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
RT @chihayaflu: 【イギリス】レイプ等を扱ったポルノ規制の強化 https://t.co/xOJOo5ZIp5 >漫画、アニメ等の非実在児童を扱ったものも単純所持禁止 >規制強化は、フェミニズムに基づく「文化的被害」を推進の原動力
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOSWT5
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aBhs0w

フォロワー(8345ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @aojimami1: @peureka 先生のほうがお詳しいでしょうけど医学でも性的虐待の被害トラウマと兵士の残虐行為罪業感トラウマは最も無視され嘘つきとして迫害されてきた歴史がありますね。権力ある側のふるまいが暴露されないよう露骨な圧力がかかります。拙論https:/…
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
RT @hinatanococo: こうやって酷いコメント付きで贋画像が拡散されいてる現実をどうすればいい? @kantei @katayama_s That's a pic of 1910-1911 Dessecting victims of the Plague,…
RT @t_wak: 北大の紀要から。逸見勝亮「敗戦直後の日本における浮浪児・戦争孤児の歴史」https://t.co/DuqnbEO6VO
RT @silent_crime: p.114 https://t.co/Jni6npwtYJ https://t.co/q6P5LWqlie
RT @silent_crime: p.113 https://t.co/WRYVwVyT3f https://t.co/hrkLODTfXm
RT @silent_crime: 信夫淳平 著『上海戦と国際法』1932年(昭和7年) https://t.co/K6uB1nQ7Kt https://t.co/PfMWMjyxOK
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOSWT5
RT @beads_mcs: MCS友より、自分用メモ、百合の香りのアルデヒドか~ J-STAGE Articles - 香料アレルゲンによるヒト侵害受容器TRPA1の活性化 https://t.co/lIBBgaM2lg
@ClumsySender @0sonet0 「誰が信じると思ってるの?」つまり「信憑性がない」ということですね。 厚労省と禁煙学会がどう繋がってるのかよく分からないけど。 厚労省も呼吸器科医も小児科医… https://t.co/BLwMileJj8
@ClumsySender @0sonet0 もっと詳しいの置いときましょう。私も色々と勉強になった。 https://t.co/zR3z2PPKnJ
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
RT @chihayaflu: 【イギリス】レイプ等を扱ったポルノ規制の強化 https://t.co/xOJOo5ZIp5 >漫画、アニメ等の非実在児童を扱ったものも単純所持禁止 >規制強化は、フェミニズムに基づく「文化的被害」を推進の原動力
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOSWT5
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
国立民族学博物館学術情報リポジトリ(みんぱくリポジトリ)-トップページ - https://t.co/sPRADqEJoK
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
RT @AinuHateCounter: 『二風谷ダム裁判の記録 アイヌ民族ト゚ン叛乱』https://t.co/L0CfqIJ6xz #アイヌ #Ainu
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
RT @mansaqu: 細井昌子先生 #線維筋痛症 を含む #慢性疼痛難治例 では, #作業のペース配分 ( #pacing ) が苦手であることが多く,その背景に物事に対する #焦り #強迫性 #罪悪感 といった #心理特性 が影響している. 引用元 https:/…
RT @ScreamoTAI: まだ色々反応来てますが、いいですかみなさん。 イギリスはロリだけではなく、レイプ系の日本のエロ漫画とか持ち込んだら逮捕っすからね。そういう国ですよ。分かってます? 【イギリス】レイプ等を扱ったポルノ規制の強化 https://t.co/JDwO1…
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aBhs0w