著者
井上 一信 大崎 繁 山内 康平 壁村 勇二 浦 正一 扇 大輔 大東 且人 柳池 定 長澤 久視 中江 透 古賀 信也 川嶋 弘美 井上 晋 内海 泰弘
出版者
[九州大學農學部附属演習林]
巻号頁・発行日
no.95, pp.45-64, 2014 (Released:2014-07-18)

九州大学農学部附属福岡演習林の樹木園において、1977年以降に試験植栽された演習林自生種と演習林外の国内自生種、外来種、園芸品種68科340種の植栽記録を精査し、植栽位置が特定できた個体について生存率と胸高直径を調査した。植栽記録があり2013年時点までの枯死または現存の照合が可能な個体は4430本であり、この内の現存本数は1853本、生存率は41.8%であった。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

@dantyutei もう確認してたらすいません。 下記2014年の論文では、九大粕屋演習林で1972年定着、胸高直径100㎝があるそうです。福岡市外かつ立ち入ってないですが、ご丁寧に配置まで書いているので参考にどうぞ。 #九大… https://t.co/Zwg1elkZn7

収集済み URL リスト