著者
石塚 哉史 小泉 隆文
出版者
日本農村生活研究会
雑誌
農村生活研究 (ISSN:05495202)
巻号頁・発行日
vol.47, no.2, pp.31-36, 2003-03-01
被引用文献数
4 or 0

周知の通り、わが国の伝統食品は、食生活の多様化にともない消費率が停滞している。この傾向の要因として高度経済成長期以降に起きた社会生活の変化があげられる。とくに食生活面においては、女性の社会進出による家事の省力化にともなう調理時間の短縮、外食・中食産業の発展による「食の外部化」、「食の洋風化」の進展による若年層の和食離れなどが関係していると思われる。こうした状況は、伝統的な和食食材と位置づけられるこんにゃく製品においても例外ではない。こんにゃく製品は、煮物や鍋物等の食材として消費されていたが、「食の洋風化」、「食の外部依存度の上昇」による影響から、わが国のこんにゃく製品の消費は、1970年代以降は継続して停滞傾向を示している。また昨年(2001)は、BSE(牛海綿状脳症)の影響から、すき焼きの消費量が減少したため、糸こんにゃくの消費動向も同様な動向を示したといわれている。このようにこんにゃく産業を取り巻く環境は厳しいものになりつつあるが、こんにゃく製品に対する消費者の意識と行動に関しては、既存研究もあまり存在しておらず不明瞭な点が多い。そこで本報告は、1.最近のわが国におけるこんにゃく製品の消費動向、2.こんにゃくにたいする消費者意識の特徴、の2点を解明すること、を目的におこなった。

言及状況

Twitter (2 users, 6 posts, 3 favorites)

こんな論文どうですか? こんにゃく製品における消費者の意識 : アンケート調査結果の事例を中心に(石塚 哉史ほか),2003 https://t.co/q5VIkSjMtx
こんな論文どうですか? こんにゃく製品における消費者の意識 : アンケート調査結果の事例を中心に(石塚 哉史ほか),2003 https://t.co/q5VIkSjMtx
こんな論文どうですか? こんにゃく製品における消費者の意識 : アンケート調査結果の事例を中心に(石塚 哉史ほか),2003 https://t.co/q5VIkSjMtx
こんな論文どうですか? こんにゃく製品における消費者の意識 : アンケート調査結果の事例を中心に(石塚 哉史ほか),2003 http://t.co/rd2gCao6dy
こんな論文どうですか? こんにゃく製品における消費者の意識 : アンケート調査結果の事例を中心に(石塚 哉史ほか),2003 http://t.co/rd2gCao6dy

収集済み URL リスト