著者
千ヶ崎 学 中根 基行 小川 和夫 若林 久嗣
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.35, no.4, pp.215-221, 2000-12-15
参考文献数
14
被引用文献数
6 14

蛍光色素 CFSE で生体染色したヘテロボツリウム孵化幼生を0歳トラフグに感染させた。 CFSE は孵化幼生の感染能力に影響しなかった。 0―4日齢の孵化幼生を異なる濃度(1L, 1尾当たり 29,58,116虫)と接触時間(1―10時間)で感染させ, 以下の結果を得た。 孵化幼生の感染能力は経日的に低下し, 2日齢以降はほとんど感染しなかった。 濃度は着定率に影響しなかった。 着定率は3時間以降は有意に増加しなかった。 従って, 孵化後1日以内の幼生に3時間接触させるのを標準感染法とした。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

そして、CiNiiにも千ヶ崎さんの同じ論文があります✨どちらもダウンロード可能です。 私ももっと論文検索して仕事頑張ります https://t.co/3DlbgPKPwl
気になるあまり、東大大学院時代の論文を探してダウンロードしてしまった。 千ヶ崎学、中根基行、小川和夫、若林久嗣「ヘテロボツリウム孵化幼生を用いたトラフグへの標準化感染実験」『魚病研究 35(4)』、pp. 215-221、2000… https://t.co/fBSQ9pHgSf

収集済み URL リスト