著者
千ヶ崎 学 中根 基行 小川 和夫 若林 久嗣
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.35, no.4, pp.215-221, 2000-12-15 (Released:2009-10-26)
参考文献数
14
被引用文献数
11 14

蛍光色素 CFSE で生体染色したヘテロボツリウム孵化幼生を0歳トラフグに感染させた。 CFSE は孵化幼生の感染能力に影響しなかった。 0―4日齢の孵化幼生を異なる濃度(1L, 1尾当たり 29,58,116虫)と接触時間(1―10時間)で感染させ, 以下の結果を得た。 孵化幼生の感染能力は経日的に低下し, 2日齢以降はほとんど感染しなかった。 濃度は着定率に影響しなかった。 着定率は3時間以降は有意に増加しなかった。 従って, 孵化後1日以内の幼生に3時間接触させるのを標準感染法とした。
著者
若林 久嗣 江草 周三
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.1, no.2, pp.20-26, 1967-01-30 (Released:2010-02-10)
参考文献数
11
被引用文献数
3
著者
千ヶ崎 学 中根 基行 小川 和夫 若林 久嗣
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.35, no.4, pp.215-221, 2000-12-15
参考文献数
14
被引用文献数
6 14

蛍光色素 CFSE で生体染色したヘテロボツリウム孵化幼生を0歳トラフグに感染させた。 CFSE は孵化幼生の感染能力に影響しなかった。 0―4日齢の孵化幼生を異なる濃度(1L, 1尾当たり 29,58,116虫)と接触時間(1―10時間)で感染させ, 以下の結果を得た。 孵化幼生の感染能力は経日的に低下し, 2日齢以降はほとんど感染しなかった。 濃度は着定率に影響しなかった。 着定率は3時間以降は有意に増加しなかった。 従って, 孵化後1日以内の幼生に3時間接触させるのを標準感染法とした。
著者
桃山 和夫
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.17, no.4, pp.263-268, 1983
被引用文献数
2 7

病エビ中腸腺の押しつぶし染色標本または,生鮮標本を以下いずれかの方法で観察することにより,本症の診断が可能と考えられる。1. 押しつぶし染色標本により肥大した無構造核を観察する。2. 生鮮標本の暗視野観察により白色無構造の肥大した核を観察する。3. 生鮮標本の位相差観察により肥大した異常核内に多数の桿状の物体を観察する。
著者
Ogawa Kazuo Akiyama Kousuke Grabner Daniel
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.50, no.4, pp.183-191, 2015
被引用文献数
13

<i>Paradeontacylix buri</i> n. sp. is described based on specimens from the afferent branchial arteries of the Japanese amberjack <i>Seriola quinqueradiata</i> cultured in Mie and Oita Prefectures, Japan. The new species can be differentiated from congeners by a body of up to 4.15 mm with lanceolate tegumental spines of the same size throughout the body, uterus ascending after leaving the oötype and the vitellarium not extending posterior to the ovary. <i>P. buri</i> n. sp. is unique among <i>Paradeontacylix</i> species from <i>Seriola</i> spp. in having the same size tegumental spines throughout the body. A phylogenetic analysis based on the sequences of the internal transcribed spacer 2 and on the 28S rRNA-gene demonstrated that <i>P. buri</i> is grouped with other <i>Paradeontacylix</i> species from <i>Seriola</i> spp., indicating that the enlarged tegumental spines in the posteriormost rows in the other <i>Paradeontacylix</i> spp. from <i>Seriola</i> spp. are not a morphological feature at the generic level. Another blood fluke, <i>Paradeontacylix</i> sp., is described based on a single specimen from the afferent branchial artery of yellowtail amberjack <i>S. lalandi</i> cultured in Oita Prefecture, Japan. This species may be differentiated from the most similar <i>P. buri</i> n. sp. by the cirrus (conical and thick walled in <i>Paradeontacylix</i> sp. vs. spherical and thin-walled in <i>P. buri</i>) and by the uterus (extending posteriorly up to the level of the oötype vs. extending posterior to the oötype).
著者
良永 知義 中添 純一
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.32, no.4, pp.227-228, 1997-12-15 (Released:2009-10-26)
参考文献数
3

スクーチカ繊毛虫の in vitro の培養での増殖に及ぼす光と培養チューブの回転の影響を P2Y1-1/2S 培地を用いて検討した。強光下では増殖は顕著に抑制された。さらに, 気相と接触する状態で回転培養した場合, 増殖抑制され, 気相を窒素ガスで置換した場合でも抑制された。また, 培養容器に培地をみたし気相と接触しないしない条件下で回転培養したところ, 増殖の抑制は観察されず, スクーチカ繊毛虫は気相との接触あるいは培養チューブの回転に対して耐性が低いことが示唆された。
著者
S.-N. CHEN P.-S. CHANG G.-H. KOU
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.24, no.4, pp.189-195, 1989-12-15 (Released:2010-02-10)
参考文献数
12
被引用文献数
7 18

台湾の養殖ウシエビ(P.monodon)の稚エビにおけるMBV保有率は1984~86年の15~17%から1988年には80~85%に増加したが, 親エビは約50%であった。一方, P.penicillatusでは20~25%であった。MBVの実験感染によってウシエビの稚エビに死亡がみられた。感染したウシエビとP.penicillatusは発育ステージにかかわらず, ストレス下では生存率が有意に低下した。MBVに感染したウシエビの親は細菌の二次的感染によって斃死するように思われた
著者
室賀 清邦 江草 周三
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.2, no.2, pp.141-147, 1968-01-31 (Released:2009-10-26)
参考文献数
15
被引用文献数
2

1)CTCはOTC, TCと共にchloramphenicol, streptomycinよりAeromonas, Vibrioに対しすぐれたin vitro抗菌力を示した。2)CTCの経口投与(2mg/100g)および薬浴(1ppm以上)はウナギのAeromonas人為感染症に対し発病阻止効果を示した。同様の効果は10ppm薬浴でアユのVibrio自然感染症に対しても認められた。3)ウナギに対する急性毒性は経口投与では0.5g/kgでも認められず,薬浴では50ppm以下ならば長時間でも致死的影響はなかった。
著者
Yukie Narasaki Yumiko Obayashi Sayami Ito Shoko Murakami Jun-Young Song Kei Nakayama Shin-Ichi Kitamura
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.53, no.1, pp.1-9, 2018 (Released:2018-04-03)
参考文献数
36

Miamiensis avidus is the causative agent of scuticociliatosis in various marine fish species. The virulence factors of the parasite have not been identified, so far. In this study, we examined M. avidus extracellular proteinases (ECPs) as potential virulence factors, using culture supernatants as an ECPs source. We investigated the substrate specificity of ECPs using artificial peptides, and the cytotoxicity of the ECPs was examined using CHSE-214 cells. To elucidate the role of ECPs in ciliate growth, M. avidus was cultured on CHSE-214 cells in the presence of proteinase inhibitors. We detected proteinase activities from the supernatant of M. avidus. Viable CHSE-214 cells decreased significantly in number, when incubated in a medium supplemented with the culture supernatant of M. avidus. The growth of ciliates on CHSE-214 cells was delayed in the presence of PMSF (serine proteinase inhibitor) and E-64 (cysteine proteinase inhibitor). These results suggested that the culture supernatant contained ECPs showing cytotoxicity, and the proteinases facilitated nutrient uptake by the ciliates. Thus, ECPs may be responsible for virulence factors of M. avidus.
著者
湯浅 啓 釜石 隆 森 広一郎 HUTAPEA John Harianto PERMANA Gusti Ngurah 中澤 昭夫
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.42, no.1, pp.59-66, 2007-03-15
参考文献数
12
被引用文献数
2 14

In October 2005, a mass mortality of yolk-sac larvae of yellowfin tuna <i>Thunnus albacares</i> due to an endoparasite infection occurred during the seed production in a semi-closed system tank in Bali, Indonesia. Prevalence of the infection reached 100% maximally. The affected embryo or yolk sac of hatched larvae was filled with numerous parasites by 24 h post spawning. The larvae died due to a burst of the yolk sac. Phylogenetic analysis with 18S rRNA sequence and morphological characteristics of the parasite indicated that the present parasite was identified as a protozoan endoparasite <i>Ichthyodinium chabelardi</i> infecting the yolk-sac larvae of Atlantic sardine <i>Sardina pilchardus</i> or as its closely related species. PCR with a primer set designed from the 18S rRNA sequence detected the genome of the parasite from infected fertilized eggs, yolk-sac larvae and rearing water but not from the gonads of broodstock or feed fish for broodstock. The infection was not observed when the spawned eggs were immediately transferred into sterilized seawater, but the eggs kept in the rearing water for more than 1 h were infected by the parasite. These results suggest that the parasite infects fertilized eggs horizontally through the rearing water.
著者
Shih-Hu Ho Chia-Zong Lin Yu-Chih Chen Yen-Ling Song
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.37, no.1, pp.7-12, 2002-03-15 (Released:2009-10-26)
参考文献数
34
被引用文献数
1

Vivrio hareyi など12種類のグラム陰性魚介類病原細菌およびオニテナガエビ寄生真菌1種類に対するセクロピンAとP1の抗菌性を調べた。 その結果, ほとんどの菌種に発育阻止効果を示し, セクロピンAの最小発育阻止濃度は0.98-7.81μM, 最小殺菌濃度(MBC)は3.90-15.59μmであった。 しかし塩分存在下(0.5M NaCl)では抗菌作用は低下した。 セクロピンAはウシエビの血球に対し, MBC値の3.2倍の濃度で細胞毒性を示した。 以上の結果から, セクロピンを海水飼育エビの細菌病に応用するのは難しいと考えられた。
著者
Liyanage Yasoja S. 横山 博 的山 央人 細谷 久信 若林 久嗣
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.33, no.5, pp.489-494, 1998-12-15
被引用文献数
1 8

粘液胞子虫 Thelohanellus hovorkai によるコイの出血性テロハネルス症の発病条件について調べた。養魚池で採集されたエラミミズと同居飼育することでニシキゴイとマゴイに同程度に病徴がみられ, 筋肉1g当たりの胞子数は5×104個に達した。一方, ミミズ槽からの排水で飼育した群は軽度に感染したものの発病はしなかった。同居飼育群では腸管と腹部皮下結合織, 排水飼育群では鰓に最も多く寄生した。以上より放線胞子虫寄生エラミミズを経口摂取することで発病に到ることが示唆された。
著者
森実 庸男 滝本 真一 西川 智 松山 紀彦 蝶野 一徳 植村 作治郎 藤田 慶之 山下 浩史 川上 秀昌 小泉 喜嗣 内村 祐之 市川 衞
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.36, no.4, pp.207-216, 2001-12-15
被引用文献数
12 19

1996年以来発生している赤変化を伴うアコヤガイの大量へい死の実態を把握するため, 1997-1999年に母貝の生育, へい死率, 外套膜の病理組織学的変化を調査した。本疾病は冬季水温の高い南部の海域で6月に発生し, 8~11月には北部に至り, 宇和海全域に広がった。本病の発生には, 冬期の水温が影響するなど強い温度依存性が示唆された。
著者
横山 博 井上 大輔 熊丸 敦郎 若林 久嗣
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.32, no.4, pp.211-217, 1997-12-15
被引用文献数
2 7

コイ稚魚の鰓ミクソボルス症において宿主に対する害作用が異なる大小2型シストの発生状況, 組織観察, 胞子の形態学的, 血清学的比較を行った。大シストの発生率は7月が最高で約25%であったのに対し, 小シストは8月がピークでほぼ100%に達した。両者は魚への侵入時期や鰓での発育部位において顕著な差異がみられたものの, 胞子の形態学的, 計測学的比較, および間接蛍光抗体法を用いた血清学的比較により, Myxobolus koi Kudo, 1920と同一種であることが示された。
著者
横山 博 檀上 智則 小川 和夫 有馬 多恵子 若林 久嗣
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.31, no.1, pp.19-23, 1996-03-15
被引用文献数
5 16

コイの筋肉繊維間にシスト形成する粘液胞子虫 Myxobolus artus について, 0才稚魚池における寄生状況と病魚からの胞子排出を定期的に調べた. 寄生率は9月に10%に達し, 以後約10ヶ月間続く胞子排出の過程で慢性的斃死がみられた. 瀕死魚は幼若赤血球の増加を特徴とする貧血症を呈した. 鰓薄板毛細血管内が貪食細胞により輸送された胞子で充満し, 毛細管の拡張や崩壊および鰓薄板上皮の剥離がみられ, 鰓からの出血が示唆された.
著者
横山 博 金 正鎬 佐藤 純 佐野 元彦 平野 慶二
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.31, no.2, pp.99-104, 1996-06-15
被引用文献数
8 16

Uvitex 2B 蛍光染色をブリ・ヒラマサべこ病の原因微胞子虫 Microsporidium seriolae の胞子検出法として用いた. 体側筋肉ホモジネートの塗抹標本に Uvitex 2B 染色を施した場合の胞子検出率は, 剖検による"シスト"検出率より高く, 迅速診断法として有用と考えられた. パラフィン切片の Uvitex 2B-H & E 染色では, 成熟胞子のみが明瞭に識別でき, 微胞子虫の発育過程や宿主細胞による胞子の貪食, 被包化, 他器官への輸送などが観察され, 病理組織学的研究にも応用可能であった.
著者
中島 員洋 反町 稔
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.30, no.1, pp.47-52, 1995-03-15
被引用文献数
3 29

マダイイリドウイルス(RSIV)感染BF-2細胞を免疫原として, 20クローンのマウス単クローン抗体生産ハイブリドーマ株を作製した。これらの単クローン抗体は, 間接蛍光抗体法により, RSIVを感染させたBF-2およびKRE-3細胞と反応したが, 非感染細胞とは反応しなかった。得られた単クローン抗体はすべて, 西日本の3県から分離したRSIV株と同一の反応性を示した。免疫沈澱法により 19 クローンが230/180kDa の蛋白と, 1クローンが20/16kDaの蛋白と反応することが明らかになった。
著者
吉水 守 木村 喬久
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.20, no.2, pp.243-261, 1985
被引用文献数
2

特異抗体感作 staphylococci を用いた coaggulutination test の細菌性およびウイルス性疾病迅速診断への応用について検討した。病魚の腎臓あついは患部の加熱抽出液を抗原とする coagglutination test によりサケ科魚類の細菌性腎臓病, セッソワ病, ビブリオ病およびコイ科魚類の"穴あき病"の迅速診断が, また病魚の内臓ホモゲナイズ濾液を抗原としてIPNの迅速診断が可能であった。さらに本法により自然凝集性 A. salmonicida の血清学的識別, V. anguillarum およびIPNの血清型別も可能であった。
著者
木村 武志 鮫島 守 野村 昌功 森田 淳 溝口 秀城 石原 守
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.41, no.4, pp.147-151, 2006-12-15
被引用文献数
3 4

養殖トラフグのヘテロボツリウム症対策として, 産業動物の駆虫剤であるフェンベンダゾールのプロドラッグ, フェバンテルの有効性を検討した。フェバンテルはトラフグに経口投与後, 体内で速やかに活性型のフェンベンダゾールへ代謝された。魚体重1kg当たり12.5mgと25mgを5日間, 50mgを3日間連続で投与すると, 成虫の88%以上, 未成熟虫の95%以上が駆虫され, フェバンテルの有効性が明らかとなった。
著者
中津川 俊雄
出版者
The Japanese Society of Fish Pathology
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.29, no.3, pp.193-198, 1994
被引用文献数
6 13

種苗生産され, 飼育中のムシガレイ 0, 1年魚および3~5年魚の親魚群並びに放流のため標識を装着して飼育中の1年魚に, 頭部や体表の発赤, 口唇部や標識装着部位の糜爛を主徴とする疾病が発生した. これらの病魚の腎臓, 脾臓あるいは脳から一種の細菌が分離され, 生化学的性状および血清学的性状検査の結果, 分離菌は非定型 Aeromonas salmonicida と同定された. 分離菌はヒラメに対して病原性を示し, ムシガレイの死亡の原因菌と推定された.