著者
巽 俊彰 後藤 正和
出版者
日本万国家禽学会
雑誌
日本家禽学会誌 (ISSN:00290254)
巻号頁・発行日
vol.47, no.1, pp.J8-J13, 2010-04-25
参考文献数
15
被引用文献数
4

鶏舎壁面や飼育器材への付着、および鶏舎に浮遊する粉塵等の有機物に付着した病原体による感染症を防除する対策として、器材の浸漬消毒や鶏舎内の噴霧消毒がある。本研究では、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を塩酸でpH7.0に調整した中性次亜塩素酸水(以下NAHSと記す)の浸漬および噴霧消毒液としての有用性を4つの試験により検討した。最初に、Salmonella Enteritidis(以下SEと記す)に対するNAHS(残留塩素濃度50、80、200 ppm)の試験管内消毒効果を調べた。対照として既存の消毒剤である[モノ、ビス(塩化トリメチルアンモニウムメチレン)]アルキルトルエン製剤、塩化ジデシルジメチルアンモニウム製剤(以下消毒剤Bと記す)の0.05%液と0.2%液を使用した。その結果、残留塩素濃度50ppm以上のNAHSおよび消毒剤B 0.2%液は、有機物が共存していても10秒でSE菌は検出されなかった。次に、NAHS(残留塩素濃度90ppm)および消毒剤B 0.2%液の噴霧が、ろ紙に付着した黄色ブドウ球菌(以下SAと記す)数・大腸菌(以下ECと記す)数に及ぼす影響を有機物が共存した条件で検討した結果、消毒剤B 0.2%液ではSA数が2.16×10(5)CFU/ml、EC数が2.72×10(5)CFU/mlに対し、NAHSではSA数が2.24×10(4)CFU/ml、EC数が4.40×10(4)CFU/mlであった。また、有機物が共存した条件で飛散したSA数・EC数に及ぼす影響を検討した結果、1分間の感作時間で消毒剤B 0.2%液ではSA数が134CFU、EC数が112CFUに対し、NAHSではSAが検出されず、EC数が10CFUであった。さらに、飛散したSA数に及ぼすNAHSの噴霧による影響を検討した結果、1分間の感作時間で無噴霧の1114CFUに対して、NAHS(残留塩素濃度50ppm)の噴霧量が5mlでは79CFU、10mlでは26CFU、20mlでは6CFUで、噴霧量の増加に伴い菌数の減少する傾向が認められた。以上の結果から、NAHSは浸漬および噴霧による消毒効果が認められた。今後は、養鶏分野におけるNAHSの適正な濃度、浸漬時間および噴霧量などを検討する必要がある。

言及状況

Twitter (14 users, 15 posts, 20 favorites)

中性次亜塩素酸水の浸漬および噴霧による消毒効果の検討Bactericidal Effect of Neutral Acid Hypochlorous Solution by Soaking and Fogging https://t.co/Vd6MuiTqA5
次亜塩素酸水の噴霧は百害あって一利なしという人いますが、噴霧で消毒効果があるという実験データもあるぐらいなので、そういうわけでもないのかなと、安全性についてはまた別の話なんですけど CiNii 論文 -  中性次亜塩素酸水の浸漬および噴霧による消毒効果の検討 https://t.co/wBmRqnzxlR
@carsharemania とりあえず、当方が導入を決めた時の資料の一部ですが、これ等を参照戴ければ。 除菌のために噴霧するという判断をした論文です。 ・中性次亜塩素酸水の浸漬および噴霧による消毒効果の検討 https://t.co/dUhRvMZisM
https://t.co/Nv7r6KpScx 養鶏場では、中性の次亜塩素酸水を噴霧することで、空気中の菌をほぼ全滅させられたという実験結果があるな。コロナは細菌より塩素系消毒剤に弱いので、たぶん空間噴霧で倒せそう
今回のコロナ関連の見えている情報からは ・密(密集・密接・密閉)を避ける必要がある ・密な場合は感染確率を下げる必要がある ことが分かります。しかし密である必要があるサービスは維持できなくなるのではないでしょうか。 密でも感染確率を下げる手法は既にあります。 https://t.co/dUhRvMZisM
鶏舎の空間除菌では50ppmの中性次亜塩素酸水の噴霧で消毒効果が認められるとのこと。中性次亜塩素酸水とは…

収集済み URL リスト