著者
山外 功太郎 山本 誠一
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究紀要 (ISSN:09101160)
巻号頁・発行日
vol.38, no.1, pp.7-9, 1999-08-30

In this paper, we describe the comparison of Rn-222 concentrations between wooden house and reinforced concrete apartment. The portable Rn-222 monitoring system, which can measure the maximum 4 sites simultaneously, was employed for this survey. The indoor Rn-222 concentration level of the wooden house was almost equivalent to that of the outdoor. In the reinforced concrete apartment, the maximum indoor Rn-222 concentration was more than 150[Bq/m^3], about 10 times higher than that of the wooden house.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

PM2.5や花粉対策で窓を閉め切ってる(代わりに空気清浄器をまわす)家は逆にラドンガスで肺ガンのリスクを増やしている可能性。特にコンクリートマンションの人は一度チェックしてみてはいかがでしょう? https://t.co/nmLPqXoVhj
■論文 木造建築物と鉄筋コンクリート建築物における屋内ラドン濃度の比較 ■室内のラドン濃度 鉄筋コンクリートの建物の室内のラドン濃度は木造の室内濃度に比べて10倍高い。(訳合ってると思うけど) ここは空気が悪いから換気したくないなぁ… https://t.co/VxkukQoN9b https://t.co/xlu5nXUUjo

収集済み URL リスト