著者
小早川 健
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究紀要 (ISSN:09101160)
巻号頁・発行日
vol.33, pp.95-100, 1995-02-28

In the first year of Kooh, 1389,Ashikaga Yoshimitsu, third shogun of the Muromachi goverment, set out on a trip to Shikoku and the Chugoku disstrict, Western Honshu, paying a special visit to the Itsukushima Shrine. Imagawa Ryoshun, Chief Commissioner of Kyushu, attending the shogun on the trip, wrote Rokuon'in-dono Itsuhushima-mode-ki, as an account of their trip. This work seeks to show its high literary flavour, comparing all the details of this work with those of Rokuon'in Saigoku-geko-hi, another account of the same trip written by Mototsuna who accompanied the shogun as well.
著者
福田 敬子
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究紀要 (ISSN:09101160)
巻号頁・発行日
vol.42, pp.75-84, 2004-03-01

The Kamakura Shogunate did hot take economical profit from the barrier stations, but the Shogunate had the power which controlled the barrier stations. I think the Shogunate did so because of duty and pride as the samurai's administration. I divide the Kamakura period into three terms, and examine the contents of the Kamakura Shogunate's barrier stations control. In this paper, I focus mainly on the Kamakura Shogunate from the viewpoint of the barrier stations control in the Kamakura period.
著者
小早川 健
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究紀要 (ISSN:09101160)
巻号頁・発行日
vol.34, pp.97-102, 1996-02-29

'Michiyukiburi' was written by Imagawa Ryoshun, as an account of his trip from Kyoto to Shimonoseki through Sanyodo by a land route in the 4th year of Oan, 1371. 'Kyushu-michi-no-ki' was written by Hosakawa Yusai when he went to Kyusyu from Tango and then returned to Osaka through Setonaikai for the conquest of Shimazu in the 15th year of Tensho, 1587. This work seeks to show how 'Hachimangudokun' that included the story of the conquest of Sankan (ancient three Korean countries) by the Empress Jingu influenced both of the works mentioned above.
著者
亀屋 惠三子 櫻井 誠
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究紀要 (ISSN:09101160)
巻号頁・発行日
vol.46, pp.87-94, 2008-03

We perform analyses on the prisons from the viewpoint of history, architecture, and planar arrangement. Then we found following issues: 1) Prison architectures had been planed with importance on surveillance or confining prisoners. However, both the administration of punishment itself and the special architecture of prisons have been improved, with increasing inmate population ---regardless of the quality of prisons---, and growing care for human rights to avoid pain or suffering. 2) Prisons have been developed inseparably related to policies of administration, natural disasters, and technologies in those days. 3) Compartments in prisons become private, as it comes present days.
著者
早稲田 一嘉 尾崎 元泰 西田 真之
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究紀要 (ISSN:09101160)
巻号頁・発行日
vol.44, pp.55-60, 2006-03-01
被引用文献数
1

Recently, a social problem of the decrease of students' interest in science is highlighted in Japanese industrial education fields. Therefore, the creative manufacturing technique is seen in a fresh light in increasing. The summer open seminar for elementary and junior high school student was open in Kobe City College of Technology form Jul. to Aug. in 2005. In this seminar, the six courses were opened and lectured by each teacher. The all teachers would like to teach to students the special field of themselves and give pleaser to make a creative something. Our material-group in department to mechanical engineering was open the one seminar course on metal material field in Jul. 26-27, 2005. This metal material, especially mechanical engineering field, is understood such as quiet fields in many students. Then we would like to try to make some active experimental and to make a good impression to students. After several discussions, we decide the subject of casting technique in metal material. In this performance, the molten Iron was caste into molds in student presence. Students made also some accessories from tin casting by themselves.
著者
山外 功太郎 山本 誠一
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究紀要 (ISSN:09101160)
巻号頁・発行日
vol.38, no.1, pp.7-9, 1999-08-30

In this paper, we describe the comparison of Rn-222 concentrations between wooden house and reinforced concrete apartment. The portable Rn-222 monitoring system, which can measure the maximum 4 sites simultaneously, was employed for this survey. The indoor Rn-222 concentration level of the wooden house was almost equivalent to that of the outdoor. In the reinforced concrete apartment, the maximum indoor Rn-222 concentration was more than 150[Bq/m^3], about 10 times higher than that of the wooden house.
著者
山藤 佑太 才木 常正 林 昭博
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究紀要 (ISSN:09101160)
巻号頁・発行日
vol.45, pp.55-60, 2007-03-01

Recently, personal computers are widely used, and the opportunities for keyboard typing have been increasing. There may be features in human characteristics of keyboard typing. So we construct the system for measuring the time and the force when the key is pushed. Human characteristics of keyboard typing are investigated in terms of the typing time and the typing force for persons with different typing skills. It is shown that characteristics of keyboard typing strongly depend on the typing skills for the typing time, and do not depend on the typing skills for the typing force.
著者
高野 成也 杉森 一興 赤対 秀明 柳本 治
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究紀要 (ISSN:09101160)
巻号頁・発行日
vol.39, pp.13-17, 2001-03

A power cylinder is usually used on the industrial design as metal forming, die casting and injection molding process. Generally, power cylinder mechanism has a ball screw or hydraulic cylinder type. This is obtained a high power. That is obtained Point to Point control. Therefore, in this present study, the design of a power cylinder, which combines a ball screw mechanism as position control having fast-forward mechanism and hydraulic pressure mechanism as pressurization, was carried out. Then a prototype was produced, and it was done a performance test.
著者
工藤 桃成
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究活動スタート支援
巻号頁・発行日
2018-08-24

数学とその応用分野において,曲線は古くから研究されてきた重要な研究対象であり,その中でも特に代数曲線は,主に代数幾何学・整数論と呼ばれる分野で研究されている図形である.本研究では,特殊な代数曲線の探索・決定を目的としており,理論と計算の融合的なアプローチによって解決を目指している.本研究で得られる特殊な代数曲線は,暗号・符号理論への応用可能性を併せ持ち,将来的には情報通信などへの応用が期待される.
著者
茂木 進一 枡川 重男 西田 保幸 道平 雅一 南 政孝
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2014-04-01

一般に,交流/直流電力変換器は,新幹線,ハイブリッド自動車,太陽光発電用パワーコンディショナなどの多くのアプリケーションで使用されている.そこで本研究では,交流/直流電力変換器に最適なパルス幅変調(Pulse Width Modulation; PWM)法を明らかにする.具体的には,高調波フィルタを接続しないモータドライブシステムには指令値シフト二相PWM法が,太陽光発電用パワーコンディショナや高調波フィルタを接続するモータドライブシステムにはパルス重畳二相PWM法が適していることを明らかにした.
著者
新田町 義尚
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
研究紀要 (ISSN:09101160)
巻号頁・発行日
vol.37, no.1, pp.41-45, 1998-10-01

Masao Maruyama (1914-1996), who has atternpted to describe a "prototype" of a Japanese thought through an ancient history and literature with figuring music. "The language paradigm" made for the basic understanding of his idea by him is unique. These words, for instance, "dedicate" and "offer" has nothing to do with religion but indicate the origin of politics as an act of service. And this is how (by piling these services up) an ancient Japanese politics is fomed which we don't see in Western countries and in China. There was, however, limit of Maruyama's understanding of the ancient literature. In order to rectify his, Nobuo Origuchi's view of the ancient language is effective.
著者
土居 文人
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011

日本で最初に出版された和語の語源辞書、松永貞徳『和句解』(1662年刊)の研究及び近世に執筆・出版された語源研究書・語源辞書の研究を行った。『和句解』は、見出し語が近世初期に出版された易林本系の節用集(横本『二躰節用集』のグループに属する節用集)から和語を抄出して立項したものであることを証明した。また、『和句解』の語源説に吉田神道の語源説が影響していることを、清原宣賢〈後抄本〉『日本書紀抄』所載の語源説との比較から証明した。また、『和句解』の「日常用語を含めた和語を網羅的に収集して見出し語として立項し、和文の語釈(語源説)を記す」記述形式が、中世の辞書と歌学書の記述形式の総合であると指摘した。
著者
熊野 智之 花村 克悟
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2010

熱光起電力発電への展開を念頭に置き、セラミックスの近赤外領域における放射率を希土類元素を用いて選択的に向上させる実用的な技術の開発を行った。具体的には、多結晶アルミナ基板上に、エルビウムをドープした釉薬を形成させ、1000℃での放射特性を実験的に明らかにした。本研究は、釉薬を応用し、また塗布方法として基板埋没法を提案し、かつ釉薬の薄膜化について検討したという点で独自性に富んでおり、従来にない興味深い結果が数多く得られた。
著者
熊野 智之
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2014-04-01

本研究では、製鉄プロセス等で排出される熱ふく射から電力を得る波長変換/発電モジュールの開発を目的とし、波長変換ふく射輸送を担う希土類酸化物膜エミッターについて構造の最適化を検討した。具体的には、アルミナ表面に石灰釉をベースとするEr酸化物膜をコーティングし、膜の組成と1000℃における近赤外放射率との関係を調べた。その結果、Er2O3の割合が50wt%の場合にバルクの石灰釉中に含まれるEr量が最大となり、Erの放射ピークである1.55μmにおける放射率が最大となることが明らかとなった。また、希土類元素をYbに変更した場合には、反応生成物の違いから最適な組成条件が異なることが示唆された。
著者
高科 豊 丸山 久一 Jacobsen Stefan
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

凍害深さ評価の開発として、コンクリ-ト表層部の剥離量や目視評価を改め、劣化部位の非接触デジタル写真による凹凸形状把握、赤外線法(サ-モグラフィ-)、超音波法の結果統合による凍害深さの3次元把握技術を検討した。階層型ニューラルネットワークを利用することから、複合劣化の自然環境下の凍害局所部位を対象とするコンクリ-ト3次元の劣化予測の推論モデル開発の基礎的な素材の各検討が行なわれた。
著者
中村 佳敬
出版者
神戸市立工業高等専門学校
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2013-04-01

上向き落雷は冬季雷の特徴のひとつだが、一般的な雷放電との相違性などについて雲内電荷の観点からの議論がなされていない。冬季雲内の電荷領域、放電規模を放電路可視化装置により実証するため、夏季雷では実績のあるVHF帯干渉計とLF帯受信機を冬季雷に向けて改良した。VHF帯干渉計は記録方式を連続記録にすることで、従来機では制約のあるリコイルリーダを複数可視化し雲内電荷領域を推定した。冬季に発生する水平に広がる雷放電にはLF帯受信機が適しているが詳細な放電過程の可視化には不十分である。この一因にLF帯受信機のアンテナ周波数特性にあると考え、受信アンテナ回路の改良を実施し試験観測によりその有用性を評価した。