著者
山田 昌弘
出版者
日本社会学会
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.54, no.4, pp.341-354, 2004-03-31
被引用文献数
1 or 0

近代社会においては, 家族は国家と並んでその関係が選択不可能, 解消困難という意味で, 個人化されざる領域と考えられてきた.この2つの領域に, 選択可能性の拡大という意味で個人化が浸透していることが, 現代社会の特徴である.<BR>家族の個人化が日本の家族社会学者の間で考察され始めるのは, 1980年代である.それは, 家族の多様化という形で, 家族規範の弱体化が進んだことの反映である.<BR>考察に当たって, 2つの質的に異なった家族の個人化を区別することが重要である.1つは, 家族の枠内での個人化であり, 家族の選択不可能, 解消困難性を保持したまま, 家族形態や家族行動の選択肢の可能性が高まるプロセスである.<BR>それに対して, ベックやバウマンが近年強調しているのは, 家族関係自体を選択したり, 解消したりする自由が拡大するプロセスであり, これを家族の本質的個人化と呼びたい.個人の側から見れば, 家族の範囲を決定する自由の拡大となる.<BR>家族の枠内での個人化は, 家族成員間の利害の対立が不可避的に生じさせる.その結果, 家族内部での勢力の強い成員の決定が優先される傾向が強まる.家族の本質的個人化が進行すれば, 次の帰結が導かれる. (1) 家族が不安定化し, リスクを伴ったものとなる. (2) 階層化が進展し, 社会の中で魅力や経済力によって選択の実現率に差が出る. (3) ナルシシズムが広がり, 家族が道具化する. (4) 幻想の中に家族が追いやられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (3 users, 7 posts, 6 favorites)

家族の個人化(特集;「個人化」と社会の変容) https://t.co/5t6ro6H3Fg
家族の個人化(特集;「個人化」と社会の変容) https://t.co/5t6ro6H3Fg
家族の個人化(特集;「個人化」と社会の変容) https://t.co/5t6ro6H3Fg
家族の個人化(特集;「個人化」と社会の変容) https://t.co/5t6ro6H3Fg
家族の個人化(特集;「個人化」と社会の変容) https://t.co/5t6ro6H3Fg
昨日の大教大院ゼミでは、山田昌弘さん「家族の個人化」(2004)論文を再読。選択不可能/解消困難であるが故に生活を保障してきた国家と家族に関して。http://t.co/ANXjc3VL

収集済み URL リスト