著者
野田 洋子
出版者
順天堂大学
雑誌
順天堂医療短期大学紀要 (ISSN:09156933)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.55-65, 2001-03-29
被引用文献数
1 or 0

月経の経験は女性の生涯における健康,QOLを考える上で重要な要因である。本研究は若年女性(18-22歳の女子短大生)の月経の経験と関連要因,ことに楽観性・悲観性との関連を明らかにするものである。記名式自己記入式質問紙法による配表調査を行った結果,2,391名の有効標本が得られた。分析の結果,月経周辺期の変化,月経観,月経のセルフケア行動に楽観性・悲観性が関連していることが明らかとなった。1.オプティミストは月経周辺期の変化を低く捉える傾向にある。2.オプティミストは月経をポジティブに捉える傾向にある。3.オプティミストは自尊感情,自己の性に対する満足度が高く,ストレスを感じることが低い傾向にある。4.オプティミストは月経痛に対し積極的セルフケア行動をとる傾向にある。5.ペシミストは月経をネガティブに捉える傾向にある。以上の結果は,今後月経周辺期変化の強い者への看護面接を行っていく上での考慮すべき要件となる。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  <原著論文>女子学生の月経の経験と楽観性・悲観性との関連性 https://t.co/jVmGr4wnhJ #CiNii セルフォンに移す時間はなさそう、電車でも読めなそう
野田洋子(2001). 女子学生の月経の経験と楽観性・悲観性との関連性. 順天堂医療短期大学紀要, 12, 55-65 http://t.co/szigQvl3

収集済み URL リスト