著者
河野 智子
出版者
学習院大学
雑誌
学習院大学人文科学論集 (ISSN:09190791)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.27-49, 1996
被引用文献数
1

本論文の目的は,若かりしアィザック・ニュートン卿が錬金術に何を見出そうとしていたかを明らかにすることである。ニュートソが真剣に錬金術に取り組んでいた事実をケイソズが指摘して以来,魔術師ニュートンと科学者ニュートンとの折り合いをつけることは,研究者たちの悩みの種だった。この問題を解決するのに主に二通りの方法が採られてきた。一つは,彼の錬金術関連の研究ならびに実験を,錬金術が化学と同様な価値を持っていた時代の,まさに合理的で科学的なものだったと考えることで,「魔術師二L一トソ」を否定する方法である。もう一つは,彼の試みが機械論に対する一種の反逆ないし修正であったと考えることで,「科学者」と「魔術師」の両方を受け入れる方法である。後者のほうがより正確であるようだ。なぜなら,その初期から,ニュートンは錬金術を化学と厳しく区別していたからである。彼にとっては,「通俗化学」は「より大きな粒子」の機械的な作用のみを扱うものだった。一方,「錬金術」は,より大きな粒子を構成する小さな粒子がふるまうような,生長に関わる作用を扱うものであった。彼が化学よりも錬金術の可能性を重視した理由は,真理は聖書や預言,すべての古代の神秘的な記述の中に隠されているとする,古代の知恵への信仰にあった。また彼は,あらゆるものが一なる普遍物質から成り立っていて,ある手段によって他の事物へと変成できることを信じていた。その結果,錬金術における金属変成の概念を容易に認められたのである。彼はその変成を可能にすべく,物質を構成段階に分解しようとした。そして「腐敗」にとりわけ注目した。というのも,この腐敗を分解の過程として見なし,同様にそれを自然における生命活動と考えたからである。このことは若きニュートンが,個々の粒子への物体の分解を,機械的な作用ではなく,生き生きとした作用として考えていたことを意味する。彼にとって万物は,発生,成長,そして死のような,活力を与えるような原理によって動かされていた。そうでなければ何ものも個々の構成粒子に分解されないし,凝集によって一塊の物体になることもできない。若きニュートンは錬金術を錬金術として捉え,「賢者の水銀」を見出そうとした。「水銀」こそが,そうした物体を活性化する力を持つものだったからだ。そうすることはその当時では自然なことだった。錬金術では宇宙を一生命体として捉えたからである。The aim of this study is to show what Sir Isaac Newton hoped to discover in alchemy in his youth。 Since Keynes pointed out the fact that Newton had been seriously devoted to alcherny, it has been a problem for researchers to compromise NewtQn as a magician with Newton as a scientist. There have been two main ways to interpret this problem. One is to reject"Newton as a magician,"thinking that his alchemical studies and experi皿ents were just rational chemical ones at the time alchemy still had its value as chemistry. The other is to accept both"a scientist"and"a magician," thinking his attempt as a kind of rebellion or revision against mechanism. It see皿s to me that the Iatter may be more correct, because Newton strictly distinguished alchemy fro皿chemistry even in his early days. For him, "vulgar chemistry"only treats mechanical actions of"grosser particles," while"alchemy"treats vegetational actiolls performed by smaller particles which constitute grosser ones. The reason which made him value the pos・ sibility of alchemy over chemistry was his belief in prisαa sapientia, which meant that the truth should be hidden in Scripture, Prophecies, and all the ancient mystic descriptions. He also believed that everything is of one catholic matter and could be transmuted to another by certain means, so that he could easily accept the concept of transmutation in metals embodied in alchemy. He wanted to disintegrate皿atters to their constitutional level to make the transmutation possible, and paid a particular attention to"putre・ faction"because he regarded this as the process bf disintegration, same as the life cycle seen in the nature. This皿eans that young Newton con. sidered the material body's disintegration into individual particles not as a mechanical action but as a vital one. TQ him, everything in this world was influenced by the active principle such as genaration, growth, and death. Otherwise nothing can be distintegrated into individual particles nor can become a mass body by cohesion. Young Newton thought alchemy as a1一 chemy, and tried to find"philosopher's mercury"because"mercury"was the very thing which has such a power to activate matters。 At that time, it was a natural thing to do because alchemy treated the universe as a living thing.

言及状況

Twitter (5 users, 17 posts, 0 favorites)

若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrBQhC
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
若きニュ-トンが錬金術に望んだこと https://t.co/tMWByrTr9a
こんな論文どうですか? 若きニュ-トンが錬金術に望んだこと(河野 智子),1996 http://t.co/36N6l2dPRs 本論文の目的は,若かりしアィザック・ニュートン卿が錬金術に何を見出そう…
こんな論文どうですか? 若きニュ-トンが錬金術に望んだこと(河野 智子),1996 http://t.co/gHAO1HW4xq 本論文の目的は,若かりしアィザック・ニュートン卿が錬金術に何を見出そう…

収集済み URL リスト