著者
尾野 正晴
出版者
静岡文化芸術大学
雑誌
静岡文化芸術大学研究紀要 (ISSN:13464744)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.61-72, 2002

昨年度の学部長特別研究では、静岡の美術グループ「幻触」に焦点を当てた。「幻触」とは何か、また、それは我が国の戦後美術の流れのなかにどう位置づけられるか、などを研究したわけだが、その結果、「幻触」は、1968年に、東京のふたつの画廊で開催された「トリックス・アンド・ヴィジョン」展でひとつのピークに達したことが明らかになった。今年度の学部長特別研究は、同展に出品されたか、その前後に制作された「幻触」の主要メンバーの作品を大学ギャラリーに集めて、同展の雰囲気を可能なかぎり再現することを目的とした。また、「幻触」の機関誌、展覧会ポスター、「幻触」の精神的な支えともいえる故石子順造の著作などの関連資料もあわせて展示した。添付した「幻触一主な活動の記録」は、未確認の項目もあるが、「幻触」の動向に関する現時点での最も詳しい記録である。

言及状況

Delicious (1 users, 1 posts)

[from twitter] 「幻触 1968年」展報告  http://t.co/oCMZEbZN

Twitter (5 users, 6 posts, 5 favorites)

「もの派」の再考は興味あり。「幻触」については2000年代からいくつか研究があるみたいで、2002年に詳しい活動記録が作られている(尾野正晴「『幻触 1968年』展報告」https://t.co/jAPICPbzVs )。椹木野衣の『戦争と万博』(2005)でも扱われている。
「幻触 1968年」展報告 http://t.co/jITZwrKy

収集済み URL リスト