著者
戸田 勉
出版者
山梨英和大学
雑誌
山梨英和短期大学紀要 (ISSN:02862360)
巻号頁・発行日
vol.26, pp.47-57, 1992-12-10

本稿は、ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』第二挿話「セイレーン」における技法「カノン形式のフーガ」の一側面を考察したものである。これまでこの技法に関して繰り広げられてきたさまざまな議論を踏まえつつ、フーガ形式の模倣反復という特質を「逃走」と「追跡」という動きに還元し、その観点から挿話全体の構成を分析した。一では、人物の外面的な動きを中心に考察し、ブルームにとってセイレーンとは誰(何)かについて探った。二ではーブルームの内面的な動きを追い、セイレーンの本当の姿について検討を加えた。三では、「丸刈り組」という曲とフルームの関係から、別な種類のセイレーンの正体を突きとめ、この挿話のもう一つの主題について考えた。

言及状況

Twitter (2 users, 9 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 「セイレーン」における「逃走」と「追跡」のモチーフ(戸田 勉),1992 https://t.co/VhR27kBwzy
こんな論文どうですか? 「セイレーン」における「逃走」と「追跡」のモチーフ(戸田 勉),1992 http://t.co/ppoXqagf
こんな論文どうですか? 「セイレーン」における「逃走」と「追跡」のモチーフ(戸田 勉),1992 http://t.co/ppoXqagf
こんな論文どうですか? 「セイレーン」における「逃走」と「追跡」のモチーフ(戸田 勉),1992 http://t.co/ppoXqagf
こんな論文どうですか? 「セイレーン」における「逃走」と「追跡」のモチーフ(戸田 勉),1992 http://t.co/ppoXqagf
こんな論文どうですか? 「セイレーン」における「逃走」と「追跡」のモチーフ(戸田 勉),1992 http://id.CiNii.jp/EJmSL
こんな論文どうですか? 「セイレーン」における「逃走」と「追跡」のモチーフ(戸田 勉),1992 http://id.CiNii.jp/EJmSL
こんな論文どうですか? 「セイレーン」における「逃走」と「追跡」のモチーフ(戸田 勉),1992 http://id.CiNii.jp/EJmSL

収集済み URL リスト