著者
梅谷 健彦
出版者
神戸大学
雑誌
神戸大学医学部紀要 (ISSN:00756431)
巻号頁・発行日
vol.55, no.1, pp.23-27, 1994-12

著者は低価格(1本当り約200円)で入手しやすい試薬を用いたカラーリバーサルフィルムの自家現像処理法を考案し,比較的良好な結果を得ているので紹介する。フィルムの現像処理は28℃の温度下で以下の手順で行う。1.第1現像液(フェニドン0.6g,ハイドロキノン8g,無水亜硫酸ナトリウム40g,炭酸ナトリウム1水塩46.8g,臭化カリウム2g,チオシアン酸ナトリウム2g,O.2%硝酸6ニトロベンズイミダゾール水溶液15mlを蒸留水に溶解して1000mlにした液), 13分。2. 流水で水洗5分。3.反転露光。4. 発色現像液(燐酸3ナトリウム12水塩40g,水酸化ナトリウム1Og,ベンジールアルコール5ml,硫酸エチレンジアミン6g,シトラジン酸2g,硫酸ジエチルパラフェニレンジアミン4gを蒸留水に溶解して1000mlにした液),15分5.流水で水洗,5分。6. 清浄液(メタ重亜硫酸カリウム20gを蒸留水に溶解して1000mlにした液),5分。7.流水で水洗,5分。8. 漂白液(フェリシアン化カリウム80g,臭化カリウム2g,燐酸2ナトリウム12水塩25.3g,炭酸ナトリウム1水塩4gを蒸留水に溶解して1000mlにした液),8分。9.流水で水洗,5分。10. 定着液(ハイポ160g,メタ重亜硫酸カリウム10g,燐酸1ナトリウム2水塩11.6gを蒸留水に溶解して1000mlにした液),6分。11.流水で水洗8分。12. 安定液(ホルマリン6ml, ドライウェルなどの湿潤剤1Omlを蒸溜水に加えて1000mlにした液),1分。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[写真][リバーサル][現像][論文]

Twitter (22 users, 22 posts, 28 favorites)

@hakua_kuroharu https://t.co/f6mWg9zJio
CiNii 論文 -  低価格なカラーリバーサルフィルムの自家現像法 https://t.co/eM6thnQlBS
@parts_list 現像液って、不安定で何日も持たないし、温度変化に弱いから液体で空輸は無理かと。そもそも、リバーサルの個人現像なんて、温度管理も含めて、超難しいはずだけど、やってみたいのかな? こんな自家現像の論文があった>https://t.co/LgBWc1FK2R
CiNii 論文 -  低価格なカラーリバーサルフィルムの自家現像法 http://t.co/E6XdCLOiPW #CiNii
Title: 低価格なカラーリバーサルフィルムの自家現像法 URL: http://t.co/NjTHylPc
リバーサル現像の処方がなぜ論文検索で出る?  http://t.co/YGpdMW9
CiNii 論文 - 低価格なカラーリバーサルフィルムの自家現像法http://ci.nii.ac.jp/naid/110001179847

収集済み URL リスト