著者
井沢 邦英 瀬川 徹 門原 留男 岩田 亨 山本 正幸 佐々木 誠 矢次 孝 松元 定次 江藤 敏文 元島 幸一 角田 司 土屋 涼一
出版者
一般社団法人日本消化器外科学会
雑誌
日本消化器外科学会雑誌 (ISSN:03869768)
巻号頁・発行日
vol.23, no.12, pp.2757-2763, 1990-12-01
被引用文献数
10

肝細胞癌自然破裂18例について病態, 治療法, 予後を検討した. 教室経験した肝細胞癌の 7.1% を占め, このうち11例 (61%) が出血性のショック状態を呈していた. 治療法は, 1期的根治的肝切除が5例で, 1例が術死の外は, 4例が1年以上生存し, そのうちの1例は7年3ヶ月の現在生存中である. 姑息的治療は6例で, 破裂部肝部分切除あるいは破裂部縫縮が3例, 肝動脈塞栓術 (以下 TAE) 2例, 肝動脈枝結紮1例で, すべてが両葉多発であった. 術死が2例, 最長生存期間は5ヶ月18日であった. 全身管理のみで, 破裂に対し処置が出来なかったものは7例で, 自然止血後の2ヶ月目肝不全死が最長生存であった. 検査値ではコリンエステラーゼ, 血小板数, プロトロンビンタイムで肝切除群と姑息的治療群, 無治療群の間に有意差がみられた. 切除可能であるならば可及的に切除することにより長期生存が期待されると考えられた.

言及状況

Twitter (1 users, 4 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 肝細胞癌破裂例の治療と予後(井沢 邦英ほか),1990 https://t.co/pwcLQqPPrw 肝細胞癌自然破裂18例について病態, 治療法, 予後を検討した. 教室経験した…
こんな論文どうですか? 肝細胞癌破裂例の治療と予後(井沢 邦英ほか),1990 http://t.co/pwcLQr7qzA 肝細胞癌自然破裂18例について病態, 治療法, 予後を検討した. 教室経験した…
こんな論文どうですか? 肝細胞癌破裂例の治療と予後,1990 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001312341 肝細胞癌自然破裂18例について病態, 治療法, 予後を検討した. 教室経験した肝細胞癌の 7.1% を占め, このうち11例 (61%) が出
こんな論文どうですか? 肝細胞癌破裂例の治療と予後,1990 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001312341 肝細胞癌自然破裂18例について病態, 治療法, 予後を検討した. 教室経験した肝細胞癌の 7.1% を占め, このうち11例 (61%) が出

収集済み URL リスト