著者
黒田 和明
出版者
一般社団法人日本物理学会
雑誌
日本物理學會誌 (ISSN:00290181)
巻号頁・発行日
vol.44, no.1, pp.27-34, 1989-01-05

Fischbachらの示したバリオン数に結合する第5の力は, 理論的に種々の方法で説明され, 発展させられているが, まだ確固たる足場はないようである. これに反して, 実験的には, 未踏の分野であったせいもあって, 宇宙物理から地球物理の分野までを巻き込んで, これまでに50に達する実験グループがその検証実験を手掛けている. これまでに公表された結果から Fischbachらの初期の理論は否定されつつあるが, 地球物理的に測定されたデータは, いずれもニュートン(Newton)重力からのずれを示唆している. ここでは, 主な実験結果に触れながら, 第5の力の検証実験の現況を紹介する.

言及状況

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  第5の力は存在するか? https://t.co/mOnYCblI0J #CiNii
CiNii 論文 -  第5の力は存在するか? https://t.co/o2KaylsVLG #CiNii
https://t.co/jrJPA75fak 第五の力は存在するか?
CiNii 論文 -  第5の力は存在するか? http://t.co/og0AZZBUJs #CiNii
黒田和明「第5の力は存在するか?」『日本物理學會誌』 44(1), 27-34, 1989-01-05 http://t.co/ZrZcSryR5M

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト