著者
湯本 紘彰 森 辰則 中川 裕志
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告自然言語処理(NL)
巻号頁・発行日
vol.2001, no.86, pp.111-118, 2001-09-10
被引用文献数
8 or 0

本論文では,専門用語を専門分野コーパスから自動抽出する方法の提案と実験的評価を報告する。本論文では名詞(単名詞と複合名詞)を対象として専門用語抽出について検討する。基本的アイデアは、単名詞のバイグラムから得られる単名詞の統計量を利用するという点である。より具体的に言えば、ある単名詞が複合名詞を形成するために連接する名詞の頻度を用いる。この頻度を利用した数種類の複合名詞スコア付け法を提案する。NTCIR1 TMREC テストコレクションによって提案方法を実験的に評価した。この結果、スコアの上位の1 400用語候補以内においては 単名詞バイグラムの統計に基づく提案手法が優れていた。In this paper, we propose a new idea of automatically recognizing domain specific terms from monolingual corpus. The majority of domain specific terms are compound nouns that we aim at extracting. Our idea is based on single-noun statistic calculated with single-noun bigrams. Namely we focus on how many nouns adjoin the noun in question to form compound nouns. In adition, we combine thismeasure and frequency of each compound nouns and single-nouns, whichwe call FLR method. We experimentally evaluate these methodson NTCIR1 TMREC test collection. As the results, when we take intoaccount up to 1,400 highest term candidates, FLR method performsbest.

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 1 favorites)

Now browsing:CiNii 論文 - 出現頻度と連接頻度に基づく専門用語抽出 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004029153
RT @tanichu : @kogame5 出現頻度に基づいて連接くっつけて複合語抽出. 日本語のキーワードに複合語が多いことに着目しつつ既存の形態素解析をある程度信頼したポップな方法だね.  http://ci.nii.ac.jp/naid/110004029153
@kogame5 出現頻度に基づいて連接くっつけて複合語抽出. 日本語のキーワードに複合語が多いことに着目しつつ既存の形態素解析をある程度信頼したポップな方法だね. http://ci.nii.ac.jp/naid/110004029153/

収集済み URL リスト