著者
岡田 昌彰 ヤニッキー アンドレア 中村 良夫
出版者
社団法人日本造園学会
雑誌
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture (ISSN:13408984)
巻号頁・発行日
vol.60, no.5, pp.601-606, 1997-03-28
被引用文献数
4 1

同化が主流のテクノスケープデザインに対し,その視覚像を自己言及させる「景観異化」の解釈法を提示した。既に理論の確立している詩的言語論に依拠し,「自動化された対象の活性化」なる異化の理念を手掛がりとし,キュビズム,ミニマルアート,ランドアートの美術,及び枯山水庭園にみるデザイン手法を景観異化手法として分析・整理した。その結果,単純化,空洞化,輪郭破壊,フレーミング,遊離化,コラージュ,反遠近構図などの手法を提示した。さらにこれらを分類整理し,言語における異化の理念と景観異化理念との対応を確認し,それぞれの景観異化をテクノスケープにおいて実現させるための留意すべき特性として,その解釈例を示した。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

[アート][科学][電車で読む用] >テクノスケープデザインを構造物自体を消去緩和(同化)するか、自己言及させるものにする(異化)か。本論は後者に立って景観異化とテクノスケープを対応させたい。ミニマルアート、ランドアート手法も手掛かりに

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 異化概念によるテクノスケープの解釈に関する研究(平成9年度 日本造園学会研究発表論文集(15))(岡田 昌彰ほか),1997 https://t.co/v3onNG64Vi

収集済み URL リスト