著者
中里 理子
出版者
埼玉短期大学
雑誌
学校法人佐藤栄学園埼玉短期大学紀要 (ISSN:13416006)
巻号頁・発行日
vol.2, pp.69-77, 1993-03-20

周密文体の完成者といわれる森田思軒の翻訳代表作「探偵ユーベル」を取り上げ,完成された周密文体の文章表現上の特色について考察した。まず,彼以前の周密文体の系統にある翻訳文,及び漢文直訳的な翻訳文と,「探偵ユーベル」を比較し,思軒の文体の特徴を分析,さらに,「探偵ユーベル」前後の思軒自身の翻訳文と,文末表現・用語等の面から比較し,「探偵ユーベル」独自の特色を考えた。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

@kawazuinawell 面白い作品のご紹介ありがとうございます。論文まであるんですね。「周密文体」。勉強不足で知りませんでした。重ねてありがとうございます。https://t.co/avzf9J10V1
CiNii 論文 -  森田思軒の周密文体の特徴 : 「探偵ユーベル」に見る文章表現上の特色 http://t.co/DssPFR7A7T #CiNii aventureを初めて「冒険」と訳したのは森田思軒(cf. 森鷗外『藤鞆絵』)。

収集済み URL リスト