著者
田尻 雅士
出版者
大阪外国語大学
雑誌
大阪外国語大学論集 (ISSN:09166637)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.195-218, 1991-12-15

中英語期にイングランド中部を中心に隆盛した尾韻ロマンス群のうち、「ユースタス・コンスタンス・フローレンス・グリゼルダ伝説」と呼ばれるサイクルの六つの作品の中に、古英語詩に頻出する「浜辺に立つ英雄」主題の残存例とおぼしいものが-類話群には見られないのに-確認できる。これらのロマンスは基本的に、有徳の主人公の流謫、そして結末における愛する者達との再会を扱った貴種流離譚であるが、この主題はその流謫の始まり、もしくは終わりという、物語における重要な転機に現れることが多く、主人公の危難と最終的勝利を聴衆に感知せしめる役割を果たしたのではないかと推測される。またこの主題の存在は、トラウンス(1932-34)の言う「ゲルマン叙事詩の雰囲気をとどめる尾韻ロマンス群」という見解に一つの証左を与えているとも考えられる。

言及状況

Twitter (3 users, 11 posts, 2 favorites)

こんな論文どうですか? "The sone rase bryght and schane" : 中英語尾韻ロマンス群に見られる「浜辺に立つ英雄」主題について(文学編)(田尻 雅士),1991 https://t.co/QG0DbwHL4U
こんな論文どうですか? "The sone rase bryght and schane" : 中英語尾韻ロマンス群に見られる「浜辺に立つ英雄」主題について(文学編)(田尻 雅士),1991 https://t.co/QG0DbwHL4U
こんな論文どうですか? "The sone rase bryght and schane" : 中英語尾韻ロマンス群に見られる「浜辺に立つ英雄」主題について(文学編)(田尻 雅士),1991 https://t.co/QG0Dbwqadm
こんな論文どうですか? "The sone rase bryght and schane" : 中英語尾韻ロマンス群に見られる「浜辺に立つ英雄」主題について(文学編)(田尻 雅士),1991 https://t.co/QG0DbwHL4U
こんな論文どうですか? "The sone rase bryght and schane" : 中英語尾韻ロマンス群に見られる「浜辺に立つ英雄」主題について(文学編)(田尻 雅士),1991 https://t.co/QG0DbwHL4U
こんな論文どうですか? "The sone rase bryght and schane" : 中英語尾韻ロマンス群に見られる「浜辺に立つ英雄」主題について(文学編)(田尻 雅士),1991 https://t.co/QG0DbwHL4U
こんな論文どうですか? "The sone rase bryght and schane" : 中英語尾韻ロマンス群に見られる「浜辺に立つ英雄」主題について(文学編)(田尻 雅士),1991 https://t.co/QG0DbwHL4U
こんな論文どうですか? "The sone rase bryght and schane" : 中英語尾韻ロマンス群に見られる「浜辺に立つ英雄」主題について(文学編)(田尻 雅士),1991 https://t.co/QG0DbwHL4U
こんな論文どうですか? "The sone rase bryght and schane" : 中英語尾韻ロマンス群に見られる「浜辺に立つ英雄」主題について(文学編)(田尻 雅士),1991 http://id.CiNii.jp/Tkg6L

収集済み URL リスト