著者
高瀬 恵子 吉留 厚子
出版者
日本母性衛生学会
雑誌
母性衛生 (ISSN:03881512)
巻号頁・発行日
vol.47, no.1, pp.134-137, 2006-04

わが国では,看護学・助産学の成書および一般の育児書のなかで,哺乳瓶消毒に関して煮沸消毒,次亜塩素酸ソーダによる消毒が多く紹介されている。一方,アメリカでの哺乳瓶の取り扱いは,われわれの使用する食器と同様でよいとしている。今回,家庭における哺乳瓶消毒方法の実態を明らかにし,哺乳瓶消毒と児の消化管疾患との関連性を検討することを目的として調査を行った。対象者は産後1ヵ月健診を受けた母親72名で,調査項目は児の健康状態,栄養方法,哺乳瓶消毒方法など12項目であった。結果,栄養方法は72名中,母乳栄養22名(30.6%),混合栄養が48名(66.7%),人工栄養が2名(2.8%)で,消毒方法は複数回答で50名中,電子レンジは23名(46.9%),煮沸消毒は14名(28.6%),ミルトンが14名(28.6%)であった。湯を満たすは4名(8.2%),特に何もしないは1名(2%)であった。単独の方法は44名,併用は6名であった。以上より98%の母親が成書に記載され,病院で指導されている方法を遵守していることが明らかになった。消毒方法が原因と考えられる児の疾患は認められなかった。

言及状況

Twitter (3 users, 5 posts, 4 favorites)

@64yG0vvp5KoxL70 ちなみに、哺乳瓶の消毒について時々話題に上りますが、以下の論文を見つけました。日本では育児書等で消毒推奨してるが米では普通の食器と同じ扱い。nが少ないですが、家庭内に感染症患者がいるというわけでな… https://t.co/qgr2asEgMQ
2 2 https://t.co/F1IsVqzDLn https://t.co/umySVGsjGh
2 2 https://t.co/jtFX3SNBOz https://t.co/hPHUV5ZH8Z
1 1 https://t.co/zbHbBxHP3o https://t.co/lEYxeV9Q0j

収集済み URL リスト