著者
齋木 哲郎
出版者
鳴門教育大学
雑誌
鳴門教育大学研究紀要 (ISSN:18807194)
巻号頁・発行日
vol.22, pp.261-273, 2007

啖助・趙匡・陸淳的新春秋学, 従学術上来看, 不僅没有拘束于原有的"春秋公羊伝""春秋穀梁伝""春秋左氏伝"的解釈, 独創出了関于"春秋"的新解釈, 而且, 実践上運用在順宗時期的"永貞革新"運動上, 成了這次革新運動的原理, 也称之為"大中之説". 這篇論文的終究目的是表明了啖助・趙匡・陸淳的春秋学的新解釈応用在政治革新運動的原因和這篇春秋学新解釈的特征等等.

言及状況

Twitter (3 users, 6 posts, 2 favorites)

永貞革新と新春秋学についてはこれを読んでおくとヨロシ(https://t.co/AXV5tMZ79G)
@soukann2009 こちらの論文(http://t.co/GJfqOwWv5R)で触れられていますね。陸淳の春秋注釈にも見られますし
詳細はこの論文で!(http://t.co/GJfqOwWv5R)
これ読んでた。唐順宗の永貞革新を支えたのが新春秋学派であること、その基本理念となった「大中」の思想について(CiNii 論文 -  永貞革新と春秋学 : 唐代新春秋学の政治的展開 http://t.co/GJfqOwWv5R #CiNii)

収集済み URL リスト