著者
寶来 俊介 合原 一究 合原 一幸
出版者
東京大学
雑誌
生産研究 (ISSN:0037105X)
巻号頁・発行日
vol.59, no.2, pp.18-21, 2007-03
被引用文献数
1

2匹のオスのニホンアマガエル(Hyla japonica)が鳴き声を介して相互作用する発声行動において観測された音声データに関して,音声編集ソフトウェアAudacityを用いた時系列解析を行なった.特に,2匹のカエルの鳴き声を記録した単一の時系列データから,それぞれのカエルに対応する発声データを抽出し,2匹の発声の時間間隔および相互の発声の関係性について定量的に解析を行った.今回の解析により,2匹のカエルが位相差1.11πというほぼ位相が反転した状態で同期して交互に鳴いていることが明らかになった.[本要旨はPDFには含まれない]

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (1 users, 7 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 研究速報「ニホンアマガエル音声データの時系列解析」(寶来 俊介ほか),2007 http://t.co/i7gucnPuut
こんな論文どうですか? 研究速報「ニホンアマガエル音声データの時系列解析」(寶来 俊介ほか),2007 http://t.co/i7gucnPuut
こんな論文どうですか? 研究速報「ニホンアマガエル音声データの時系列解析」(寶来 俊介ほか),2007 http://id.CiNii.jp/aEFwL
こんな論文どうですか? 研究速報「ニホンアマガエル音声データの時系列解析」(寶来 俊介ほか),2007 http://id.CiNii.jp/aEFwL
こんな論文どうですか? 研究速報「ニホンアマガエル音声データの時系列解析」(寶来 俊介ほか),2007 http://id.CiNii.jp/aEFwL
こんな論文どうですか? 研究速報「ニホンアマガエル音声データの時系列解析」(寶来 俊介ほか),2007 http://id.CiNii.jp/aEFwL
こんな論文どうですか? 研究速報「ニホンアマガエル音声データの時系列解析」(寶来 俊介ほか),2007 http://id.CiNii.jp/aEFwL

収集済み URL リスト