著者
小林 悟子 関根 正
出版者
埼玉県立大学
雑誌
埼玉県立大学紀要 (ISSN:13458582)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.113-118, 2006

【目的】援助される者と援助する者がとらえるよい援助関係について比較検討し、精神科看護におけるよい援助関係について考察すること。【方法】援助する者である精神科看護師を対象に「どういうときによい援助関係が築けたと感じるか」という視点の調査結果を基に、援助される者である2名の元患者へインタビューを行った。【結果】援助する者の調査結果と援助される者の結果の比較検討から、よい援助関係の捉え方には、共通項とずれが存在している事と看護師の構えを強く感じていることが明らかになった。【考察】ずれの存在という点と援助される者が援助する者に対して構えがあると指摘している2点から、精神科看護におけるよい援助関係のあり方について考察を行った。ずれの存在を認め、その手段としてゆとりある柔軟な態度が必要と考えられた。看護師の構えを緩める方法として、援助する者が決めつけない自然な関わりをし、当事者に会うことが重要であると考えられた。

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 2 favorites)

CiNii 論文 -  精神科看護における「よい援助関係」 : 援助される者の視点から https://t.co/OXVbiqhqaZ #CiNii
CiNii 論文 - 精神科看護における「よい援助関係」 : 援助される者の視点から https://t.co/DJQ4hZGtwO
CiNii 論文 - 精神科看護における「よい援助関係」 : 援助される者の視点から https://t.co/DJQ4hZGtwO
CiNii 論文 -  精神科看護における「よい援助関係」 : 援助される者の視点から https://t.co/elJ7hieRq7 #CiNii

収集済み URL リスト