著者
伊藤 俊方 高木 信彦 佐藤 健一 佐藤 寿則
出版者
地学団体研究会
雑誌
地球科學 (ISSN:03666611)
巻号頁・発行日
vol.61, no.5, pp.363-369, 2007-09-25

能登半島地震の震源地に近い輪島市門前町において,自然ガンマ線探査を実施した.調査期間は,余震が続く4月19,20日である.探査はカーボーンによって行い,測線は国道249号に沿って実施した.探査期間中には震度1以上の有感地震は観測されていないが,M2.0以下の余震は数回発生しており,これらの発生時間におけるガンマ線強度の変化については,特定の傾向が得られなかった.三種類のガンマ線核種を用いた解析によると,ビスマスが急増する異常点がいくつかの地点で見出された.これらは地震断層に伴なう断裂の可能性がある.地震断層として発見された中野屋の県道では,すでに亀裂も修復されガンマ線強度の増加は認められなかった.今後は定点における長期連続測定を行い,余震前後のガンマ線強度変化を把握することによって,この手法が地震防災に活用できる可能性を検証する必要があると考えている.

言及状況

Twitter (2 users, 12 posts, 2 favorites)

こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 http://id.CiNii.jp/a2KnL

収集済み URL リスト