著者
広沢 俊宗 井上 義和 岩井 洋
出版者
関西国際大学
雑誌
関西国際大学地域研究所叢書
巻号頁・発行日
vol.3, pp.29-40, 2006-03

本研究は、20代から50代までのプロ野球ファン各200名、計800名を対象にインターネット調査を実施し、ファン心理、応援行動、および集団所属意識の構造を明らかにすることを目的としたものである。ファン心理は、『尊敬・憧れ』『共依存的感情』『ファン・コミュニケーション』『熱狂的ファンの弱さへの両価感情』『疑似恋愛感情』『不安定性への魅力』『メジャー志向』『Bクラス的戦力への魅力』『強さへの魅力』の9因子、応援行動は、『直接的応援行動』、『メディ接触型応援行動・優勝便乗』、『批判的・分析的応援行動』の3因子、集団所属意識は、『準拠集団的意識』、『独自意識』、『親近感・愛着意識』の3因子が抽出され、大学生調査(広沢・小城,2005b)の結果と比較検討された。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[sports][marketing][report]

Twitter (3 users, 4 posts, 0 favorites)

応援行動の因子が抽出されて終わりかよ!イライラするなあー。 http://t.co/iwJVXARA
@blueskystar0528 ちゃんとした論文の発表の場が有るんですよ。 これなんか、ほっしーにオススメ、面白いよ プロ野球ファンに関する研究。 ファン心理、応援行動、など http://t.co/E6vNgIrb 右のプレビューと書いて有る下の、書類の絵をクリック

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: 背番号9
2011-01-27 15:59:56 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト