著者
太田 真紀 長澤 泰子
出版者
一般社団法人 日本特殊教育学会
雑誌
特殊教育学研究 (ISSN:03873374)
巻号頁・発行日
vol.43, no.4, pp.255-265, 2005

本研究の目的は、吃音のある学齢児童の自尊感情の関連要因を明らかにすることである。対象者は小学校3〜6年の吃音児およびその養育者124組であった。対象児に4因子からなる自尊感情尺度を実施し、学業成績、運動能力、友人関係、親が吃音を話題にする経験の4要因について分析を行った。その結果、以下の2点を明らかにした。(1)学業成績が高い/ふつう、あるいは運動能力が高い吃音児は、それらが低い吃音児より4因子得点のうち自信因子得点が有意に高かった。(2)親が吃音を話題にしていない吃音児群の5、6年生は、3、4年生より4因子得点のうち自己受容得点が有意に低かった。しかし、親が吃音を話題にしている吃音児群の3、4年生と5、6年生の間に、自己受容因子得点の有意な差はみられなかった。さらに、養育者8名へのインタビューにより、親が話題にする吃音の話は、吃音を否定的に捉えさせないように吃音児を支える内容であったことを明らかにした。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 0 favorites)

学業成績や運動能力が優れていることや、吃音に対して否定的なイメージをもたないように親子で吃音の話をすることは、学齢期の吃音児の自尊感情へ肯定的な影響を及ぼすhttp://t.co/EJMfXDyDNW
学業成績や運動能力が優れていることや、吃音に対して否定的なイメージをもたないように親子で吃音の話をすることは、学齢期の吃音児の自尊感情へ肯定的な影響を及ぼすhttp://t.co/EJMfXDyDNW

収集済み URL リスト