著者
奥田 賢 美濃羽 靖 高原 光 小椋 純一
出版者
森林立地学会
雑誌
森林立地 (ISSN:03888673)
巻号頁・発行日
vol.49, no.1, pp.19-26, 2007-06-25
参考文献数
20
被引用文献数
2

京都市周辺の都市近郊二次林において,近年,分布を拡大しているシイ林について,その拡大過程を解明し,今後のシイ林の拡大について考察した。2004年に撮影したデジタルオルソフォトおよび1987年,1975年,1961年撮影の空中写真を判読することによって,各年のシイの樹冠分布図を作成し,さらに1936年のシイ林の分布図も併せて比較を行うことでシイの分布拡大過程を解明した。また,現地踏査によって林冠下のシイの分布図作成を行うことによって,現在のシイの分布状況を把握した。その結果,以下のことが明らかになった。1)シイは1961年以降に分布を拡大した。2)シイの全樹冠面積は1961年には6.9haであったが2004年には32.1haに達した。3)2004年の時点で調査地の東側斜面において林冠に達しているシイはほとんどなかった。4)しかし,現地踏査によって,東側斜面の林冠下にシイの分布が確認された。このような東山における1960年代以降のシイ林拡大は,1960年代から始まったガス,電気の普及に伴う,柴刈りなどによる森林への人為的な影響の減少や1970年代以降のマツ材線虫病によるマツ枯れが遷移を促進させたことなどが考えられた。また,2004年の時点で林冠にシイが確認されなかった東側斜面の多くの地域で林冠下にシイが確認されたことから,今後,シイ林は東側斜面でさらに拡大する可能性が高いと考えられた。

言及状況

Facebook (1 users, 1 posts)

木材利用ポイントが木材業界と住宅業界をにぎわせてますが、残念ながら今のところ国産広葉樹はすべて認められておりません。 当社の看板(最後の切り札)フローリングも指定樹種に含まれておらず、このままでは致命的なダメージです。 林野庁は「資源量が増加している客観的かつ科学的なデータ」を示すよう言われていますが、ようやく京都市の事例(データ)をとある方から教えていただきました。 http://ci.nii ...

Facebook における性別

Twitter (1 users, 1 posts, 2 favorites)

@Kitsune_Hyoka カシ類の花の話を聞いてて、遠くから山見て素朴にそう思ったんやけど、東山はシイの方が多いんやね。僕の方こそ勉強不足でした…。 https://t.co/eObU73Lm5w

収集済み URL リスト