著者
櫛引 祐希子
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, pp.31-46, 2009-04-01

エズイは中世の中央語として<対象を厭わしく感じる程度の恐怖感>を表していたが、各地に伝播して意味変化を起こした。関東に伝播したエズイは意味変化を重ね、関東で新しく生まれた意味が東北に伝播して二次的な意味変化を起こした。一方、西日本の各地域に伝播したエズイは個々の地域で独自の意味変化を起こした。このように中央語のエズイは関東を挟んだ東西の地域に伝播した結果、東では関東と東北で段階的な意味変化を遂げ、西では各地域で個別的な意味変化を遂げた。エズイが起こした意味変化の東西差は、東日本では関東が東北に対して求心力を持っていたこと、西日本では中央を除くと関東のような求心力を持った地域がなく複数の地域が拮抗状態にあったことを示唆する。

言及状況

Facebook (1 users, 1 posts)

えずく勉強になりました。津久井は近いと言えば近いですが、うちのほうでは全然使わないですねぇ。 この言葉はすごく面白い!全国に流行ったらいいなと思いました。 それにしても授業ではいろいろな予想外の言葉が飛び出してくるので、えずい。あはははは~ (^^ゞ 「意味変化の東西差 : 方言『エズイ』を例として」櫛引 祐希子 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007357136

Facebook における性別

Twitter (29 users, 32 posts, 19 favorites)

「いずい」は中世日本語「えずい」(対象を厭わしく感じる程度の恐怖感)から派生したものらしいよ でもイズイと発音するところは仙台や北海道あたりだけっぽいから宮城においでよ 櫛引祐希子「意味変化の東西差 : 方言「エズイ」を例として」 https://t.co/euiQ9uldlQ
@mai_mutsu_bot @akasi_raiha えずい……ええと、どの意味なのか……狡猾、冷酷、だろうか? 意味変化の東西差 : 方言「エズイ」を例として https://t.co/7u4n1M48Gi
そもそも「えずい」という現代の方言の変遷が結構な多様性を持っているので何とも言えない(http://t.co/bkByHuv6rt)。
http://t.co/u2KrEMbz7X 「いずい」の語源らしい「えずい」のはなし
「えずい」って地域によって意味が違うのか。 http://t.co/IM6O0o8DMu
"エズイが起こした意味変化の東西差は、東日本では関東が東北に対して求心力を持っていたこと、西日本では中央を除くと関東のような求心力を持った地域がなく複数の地域が拮抗状態にあったことを示唆する。" http://t.co/kErPllSyKC
"一方、西日本の各地域に伝播したエズイは個々の地域で独自の意味変化を起こした。このように中央語のエズイは関東を挟んだ東西の地域に伝播した結果、東では関東と東北で段階的な意味変化を遂げ、西では各地域で個別的な意味変化を遂げた。" http://t.co/u88OTGD4yO
意味変化の東西差 : 方言「エズイ」を例として http://t.co/bXWmTSPtix "エズイは中世の中央語として<対象を厭わしく感じる程度の恐怖感>を表していたが、各地に伝播して意味変化を起こした。関東に伝播したエズイは意味変化を重ね、関東で新しく生まれた意味が…"

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110007357136 (30)