著者
服部 潤吉
出版者
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部
雑誌
新潟青陵大学紀要 (ISSN:13461737)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.185-196, 2008-03-10

わが国では精神科病院において長期入院の問題が続いている。入院患者の特徴は統合失調症、長期入院、高齢者が多いことなどである。以前から、それらの人たちの受け入れ先としてグループホームの重要さが言われている。グループホームは単なる住居ではなく、自由でさまざまな支援と仲間がいることが特徴である。ここでは新潟県内の精神障害グループホーム調査から、そこでの障害者の特徴、支援の内容、課題などについて研究した。特に2005年から実施された障害者自立支援法後も、精神障害者の生活を支えるものとなっていないばかりか、むしろより困難な状況になっていることがわかった。今後の課題について考察する。

言及状況

Twitter (3 users, 5 posts, 2 favorites)

CiNii 論文 - 精神障害者グループホームの課題 : 新潟県内調査からの考察 https://t.co/LzjaUnqRwP
CiNii 論文 - 精神障害者グループホームの課題 : 新潟県内調査からの考察 https://t.co/LzjaUnqRwP
CiNii 論文 - 精神障害者グループホームの課題 : 新潟県内調査からの考察 https://t.co/LzjaUnqRwP
CiNii 論文 -  精神障害者グループホームの課題 : 新潟県内調査からの考察 https://t.co/uo6UqEKPQN #CiNii

収集済み URL リスト