著者
兼村 智也
出版者
国際ビジネス研究学会
雑誌
国際ビジネス研究 (ISSN:18835074)
巻号頁・発行日
vol.1, no.2, pp.31-43, 2009-09-30
被引用文献数
1 or 0

中国における日系乗用車メーカーの生産が拡大するなか、これまで日本からの輸入に依存してきたプレス金型の現地調達が急速に進展している。これまで技術移転しにくいと言われてきた自動車用プレス金型の現地調達がなぜ急速に進展したのか、これは日本製金型と同等の品質水準になったことを意味するのか、それとも別の要因があるのかについて、その主たるユーザーである日系自動車1次部品プレスメーカーからの視点で明らかにすることが本研究の目的である。急速な進展の背景には、従来言われる「日本製との価格差」に加え、近年の日系乗用車メーカーの世界同時生産による影響がある。この「同時」を実現するため、世界生産拠点数の数だけ同一金型が「同時」に必要となるが、供給能力が不足する日本では生産の「同期化」が困難であり、膨大な数のローカル企業が存在する中国で「現地化」を進めざるを得ない。その中国製金型の品質についてだが、これには(1)「要求形状・精度の実現」といった基本的な役割の他にも(2)「加工時の生産性」、(3)「メンテナンス性」、(4)「型寿命」がある。これら品質を決めるのは、A.加工機械の精度、B.材料品質、C.設計力、D.加工データ作成力、E.トライアウト力、F.表面処理技術力となるが、中国ではB、C、Eに問題を抱え、それらと係わりが強い(2)〜(4)ではまだ劣位にある。この品質の問題は従来のユーザーである中国乗用車産業が持つ「1モデルあたりの生産台数の少なさ」という構造的特徴に起因している。つまり耐久性のある材料品質、生産性等が求められる市場環境のなかで中国金型産業が育成されてこなかったのである。それでもローカル調達を可能にするのは、品質劣位でも使いこなさざるを得ない日系自動車1次部品プレスメーカーの取り組みによる。具体的には、部品や生産台数による日本製金型と中国製金型の使い分け、加工材、加工部位、形状による日本製材料と中国製材料の使い分け、メンテナンス体制の強化と表面処理の活用、短寿命の中国製金型での更新などである。またプレス加工時においては、多少の生産性は犠牲にしても単純構造の金型を使ったシンプルなラインを許容、加工後の後処理で対応するなどである。

言及状況

Twitter (2 users, 7 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 在中国日系サプライヤーの現地適応 : 日系T1サプライヤーによる中国製プレス金型の現地調達進展の要因とその意味(兼村 智也),2009 https://t.co/78tAn8i7dT
こんな論文どうですか? 在中国日系サプライヤーの現地適応 : 日系T1サプライヤーによる中国製プレス金型の現地調達進展の要因とその意味(兼村 智也),2009 https://t.co/78tAn8zICt
こんな論文どうですか? 在中国日系サプライヤーの現地適応 : 日系T1サプライヤーによる中国製プレス金型の現地調達進展の要因とその意味(兼村 智也),2009 https://t.co/78tAn8i7dT
こんな論文どうですか? 在中国日系サプライヤーの現地適応 : 日系T1サプライヤーによる中国製プレス金型の現地調達進展の要因とその意味(兼村 智也),2009 https://t.co/78tAn8i7dT
こんな論文どうですか? 在中国日系サプライヤーの現地適応 : 日系T1サプライヤーによる中国製プレス金型の現地調達進展の要因とその意味(兼村 智也),2009 https://t.co/78tAn8i7dT
1 1 https://t.co/zdev6JXNCR https://t.co/mVwiOhUi1U
こんな論文どうですか? 在中国日系サプライヤーの現地適応 : 日系T1サプライヤーによる中国製プレス金型の現地調達進展の要因とその意味(兼村 智也),2009 https://t.co/78tAn8i7dT

収集済み URL リスト