著者
石井由香理
出版者
国際基督教大学
雑誌
Gender and sexuality : journal of Center for Gender Studies, ICU (ISSN:18804764)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.3-22, 2010-03-31

This paper considers the transitions in the "Guidelines for the diagnosis and treatmentof GID" , which was created by the Japanese Society of Psychiatry and Neurology. By analyzing the text of the guidelines, we observe that the current concept of gender has become less influential in representing a consistent identity model for society today.This is reflected in the following distinctions in the transitions of the guidelines in which there are five issues to be emphasized: First, gender identity is defined as being of multiple forms. Second, the approach to medical treatment is determined not only by an individual' s gender identity but also by his/ her life, world and value system. These factors explain the need for more diversity in medical treatment. Third, it is supposed that gender identity has coherence. Fourth, since diversity of gender is more emphasized, a patient's decision concerning treatment is more highly regarded than ever. And lastly, due to the extended scope of decision-making, the range of patients' self-responsibility for the risk is extended accordingly. It is evident from these guidelines that the concept of gender that has hitherto disciplined people has become weaker.However, this does not necessarily mean that society has become an ideal world.There are still various problems concerning the issue of transgenderism that must beconsidered.

言及状況

Twitter (13 users, 77 posts, 15 favorites)

【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 https://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/hdiu3KqZ9M [PDF]
性の転換の希望は単なる好き嫌いの問題ではなく、生物学的性(sex) と性の自己認知(gender)の不一致からくる障害であり、ある意味では人間存在の本 質に関わる課題でもある。http://t.co/vGuQGey3HW
医療者は、当事者がどういった医療サービスの対象となり得るかについて、最終的な合否判断を下す権限をもつ「門番(gatekeeper)」/治療者自身のジェンダー ・ バイアスやセクシュアリティ 観が当事者の治療に影響を及ぼすことになると指摘http://t.co/vGuQGey3HW
国レベルで、「性同一性障害」という概念が認知/治療の妥当性が認められたことを意味している。また、2003 年には「性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律」が制定された/98年10月に埼玉医科大学において、当事者への外科手術http://t.co/vGuQGey3HW
1997 年、特別委員会は、「性同一性障害に関する答申と提言」を出し、その 中で性同一性障害の診断基準と治療に関するガイドラインを発表することになる。このガイド ラインには、母体保護法第 28 条の規定をクリアするための手続きを示す役割http://t.co/vGuQGey3HW
「性同一性障害と呼ばれる 疾患が存在し、性別違和に悩む人が存在することを認め、その悩みを軽減することを医学が手 助けすることは正統であると述べ、はっきりと医療の対象であることを位置づけhttp://t.co/vGuQGey3HW
1995 年の、埼玉医科大学の原科孝雄教授から同大倫理委員会への「性転換治療」の申請http://t.co/vGuQGey3HW
90 年代前半までは性別の越境を医学的に捉えるといった視点は/一般 化していなかったが、「性同一性障害」という医療概念が認知/当事者が多く生み出され、当事者団体が発足して活動するようになり ( 野宮 , 2004)、法律の制定がなされるhttp://t.co/vGuQGey3HW
医療言説は、性別とは何か、女もしくは男とは何か、そのためにどのような治療を当事者に受けさせるのか、当事者たちにどこまで権利を与え、その代わり何を求めるのかといった問いに答えることになり/そのことを通じて、新しいジェンダーのありようを示しhttp://t.co/vGuQGey3HW
「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」の分析を通じてそ うした作用の考察を行っていきたい。このガイドラインには、医師の元を訪れる人々をどのよ うに診断し、治療を施すかについての医療者に対する治療指針http://t.co/vGuQGey3HW
90 年代には性別の越境という行為が「性同一性障害」として医療化されていったのだが、 この新たな概念は、単に一方の性別から他方への移行を可能にしただけではなかった。http://t.co/vGuQGey3HW
本稿は、日本精神神経学会の「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」の初版 (1997)、第 2 版 (2002)、第 3 版 (2006) の分析を通じて、「性同一性障害」概念のポストモダ ン的な様相について考察するものであるhttp://t.co/vGuQGey3HW
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/hdiu3KqZ9M [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/HrdZIkuzKc [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/6CBQRJcuy8 [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/6CBQRJcuy8 [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/6CBQRJcuy8 [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/6CBQRJcuy8 [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/6CBQRJcuy8 [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/6CBQRJcuy8 [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/HrdZIkuzKc [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/HrdZIkuzKc [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/HrdZIkuzKc [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/HrdZIkuzKc [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/HrdZIkuzKc [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/HrdZIkuzKc [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/QNzVt5Suwa [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]
【GID】石井由香理「医療言説におけるゆらぐジェンダー概念と再帰的自己」Gender and sexuality 05 (p.3-22) 2010-03-31 国際基督教大学 http://t.co/AnJi2YIW [PDF]

収集済み URL リスト