著者
諏訪 春雄
出版者
学習院大学
雑誌
調査研究報告 (ISSN:09196536)
巻号頁・発行日
vol.37, pp.22-36, 1992-03

上田秋成の名作『雨月物語』「蛇性の婬」の女主人公真名児は蛇の身でありながら、人間の男性に恋し、姿を変え、形を変えて付きまとうが、最後には紀伊国の道成寺の法海和尚の法力によって退治されてしまう。そこには蛇を忌避して、蛇と人間との恋愛など許されるはずもないとする仏教的な畜生観が反映している。このような蛇を忌避する思想はこの作の典拠となった中国明代の白話小説にもはっきりとあらわれており、秋成はその思想に共鳴して、自作に取り入れている。しかし、中国の江南地方には紀元三世紀のころまで呉、越の国が栄えており、ことに越の人々は蛇を祖神としてあがめていた。臼蛇と人間の若者との恋を主題とする白蛇伝や同じく蛇と人間との愛をあっかった蛇郎伝説などは、この越の人々によって生み出され、かれらによって中国全土にひろめられていった。それらの伝承の世界には知識人の手になる白話小説などには見られない蛇に対する崇拝の情がある。この江南の蛇信仰は呉、越の人々の日本移住とともに日本へも伝えられた可能性が強い。縄文から弥生にかけての時代に行われていた蛇巫は現在も江南の地に存在するし、中国の蛇郎伝説は日本の蛇婿入りの昔話となり、「蛇性の婬」に結晶した白蛇伝もかなり早い時期に中国から輸入され、昔話の世界で日本的に変容していたとみることができる。Manago, the heroine of"Jasei no in"in一塑亘,amasterpiece by Akinari Ueda, loves a human although she is a snake. She changes her appearance, follows the man and is finally exterminated by Houkai, who is a Buddhist priest of Dojoji Temple in Kii Province, The story reflectS the Buddhist idea that snakes should be hated and that love between snakes and humans should not be allowed, The idea that snakes should be hated is found in a novel in colloquial Chinese in the Ming dynasty which is a source of the stoly. Akinari sympathized with the idea and used the story in his novels. However, people in Yueh, which existed in the Chiangnan district in China until the 3rd century, together with the people form Wu, worshiped a snake as their God. Hakujaden(the story of the white snake), the theme of which is love between awhite snake and a human youth, and Jaroudensetsu(the legend of the snake), whose theme is also love between a snake and a human, were created and spread everywhere in China by the Yueh people. In such folk tales, we can find examples of snake worship, which cannot be seen in stories such as the novels in colloquial Chinese created by the intelligentsia. The snake worship in Chiangnan was probably introduced to Japan by Wu and Yueh immigrants. Snake shamanism, which was found from the Jomon Era to the Yayoi Era in Japan, still exists in the Changnan district. Jaroudensetsu in China tumed into Japanese folk tales. Hakujaden, which crystallized into"Jasei no in", was also introduced from China in early times and was turned into Japanese folk tales.上田秋成的名作《雨月物語》"蛇性之淫"中的女主人公眞名見原本是一條蛇,却愛懸上了人間的男性。其不噺地攣化形態,追随自己喜愛的男子,最後地被紀伊國道成寺的法海和尚制伏。此故事反映了佛教忌誰蛇、不允許入蛇相懇的畜生観。這種忌諦蛇的思想在中國明代的白話小説中也明顯地存在着,上田秋成與此思想有着共鳴,因此以明代白話小説爲藍本創作了此作品。但是,公元三世紀之前,中國江南地匪的呉、越爾國十分昌盛,尤其是越人將蛇作爲祖神來崇葬。崇舞蛇的越人1門創作出了以白蛇與年輕男子相慧爲主題的"白蛇傳"以及同様表現蛇與人相愛的"蛇郎"傳説等作品。這些傳説故事又由他椚傳播到了全國各地。在這檬的傳承世界中存在着一種封蛇的崇舞之情。這様的崇#之情,在知識分子創作的白話小説中是看不到的。江南的蛇信仰恨可能随着呉越人的移居日本而傳到日本各地。流行於縄文、彌生時代的蛇巫,今天的江南地[副乃然存在着。中國的"蛇郎"傳説傳到日本而攣成了"蛇婿"的昔話;孕育出"蛇性之淫"的白蛇傳也在相當早的時期從中國傳到了日本。総之,在昔話的世界中可以看到蛇信仰在日本愛化的形態。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

諏訪春雄「中国江南の蛇信仰と日本 (アジアの祭りと芸能)」 https://t.co/zesuuyVmoG
こんな論文どうですか? 中国江南の蛇信仰と日本 (アジアの祭りと芸能)(諏訪 春雄),1992 https://t.co/v7f1IFuC0u 上田秋成の名作『雨月物語』「蛇性の婬」の女…
こんな論文どうですか? 中国江南の蛇信仰と日本 (アジアの祭りと芸能)(諏訪 春雄),1992 https://t.co/v7f1IFuC0u 上田秋成の名作『雨月物語』「蛇性の婬」の女…

収集済み URL リスト