著者
濱崎 雅弘 武田 英明 西村 拓一
出版者
情報処理学会
雑誌
研究報告音楽情報科学(MUS) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2009, no.11, pp.1-6, 2009-05-14
参考文献数
10
被引用文献数
1

本研究では,Web を介して多くの人が集い,創発的・協調的に行われる創造活動の分析を行う.ニコニコ動画は国内でもっとも人気の動画共有サイトであるが,投稿された動画の多くに協調的な創作活動が見られる.特に初音ミクという合成音声ソフトウェアを用いた動画は,作詞作曲をする人たちだけでなく,絵を描く人やビデオ編集をする人たちなど,異なるタイプの作者が参加することで新たなコンテンツが作り出されている.本論文では,そのような異なるタイプの作者が互いに影響を受けながら新しいコンテンツを作っていく様子のネットワーク分析を用いて解析する.The Web technology enables numerous people to collaborate in creation. We designate it as massively collaborative creation via the Web. As an example of massively collaborative creation, we particularly examine video development on Nico Nico Douga, which is a video sharing website that is popular in Japan. We specifically examine videos on Hatsune Miku, a version of a singing synthesizer application software that has inspired not only song creation but also songwriting, illustration, and video editing. As described herein, creators of interact to create new contents though their social network. In this paper, we analyzed the process of developing thousands of videos based on creators' social networks.

言及状況

Twitter (5 users, 6 posts, 0 favorites)

お。濱崎先生の論文や。初音ミクの奴だな RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 動画共有サイトにおける大規模協調的な創造活動の分析(濱崎 雅弘ほか),2009 http://t.co/EvjMkZyykx
こんな論文どうですか? 動画共有サイトにおける大規模協調的な創造活動の分析(濱崎 雅弘ほか),2009 http://t.co/aWLcotZuJ1

収集済み URL リスト