著者
伏見 強 安本 義正
出版者
京都文教短期大学
雑誌
京都文教短期大学研究紀要 (ISSN:03895467)
巻号頁・発行日
vol.49, pp.1-11, 2010

二十五菩薩来迎会は、極楽浄土への人々の願いを具現化した「迎え講」を原点にし、1,000年以上の歴史を有する。筆者らは、臨終行儀の音・音楽の再現を目的に、現在も練供養として継承してきた5ヶ寺で現地調査を実施し、関連分野で活躍する専門家に取材した。また、本学で文化公演会(講演・実演)を開催し、来迎引接の核心を実演によって確認した。各寺で行われている練供養の類似点と相違点を中心に検証する。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

CiNii 論文 -  臨終行儀の音・音楽の再現に関する研究--各地二十五菩薩来迎会の比較調査 https://t.co/H83YY785Zd #CiNii ※當麻寺練供養の雅楽、弘法寺踟供養の雅楽、泉涌寺即成院練供養の雅楽等について記述あり
しつこくPR。5寺院のお練り情報が! RT @beniroma: お練り(練供養)好きの方は是非こちらをご覧ください。これ本当にすごい。http://t.co/tMlC2PGB
お練り(練供養)好きの方は是非こちらをご覧ください。これ本当にすごい。http://t.co/tMlC2PGB

収集済み URL リスト