著者
矢代 寿寛 宮澤 彰
雑誌
研究報告情報基礎とアクセス技術(IFAT)
巻号頁・発行日
vol.2011, no.7, pp.1-6, 2011-11-15

博物館資料と図書館資料の機械的な Linked Open Data 化を行うために,展覧会カタログに着目し,実際のメタデータが機械処理に適しているか分析・評価を試みた.展覧会カタログメタデータ作成機関として主要な役割を担っている博物附属図書室のうち,NACSIS-CAT 参加機関の WebOPAC の書誌レコード約 4 万件について,記述率や一貫性を分析した.JAPAN/MARC および独自フォーマットの書誌レコードと,サンプルにおける正確性を比較し,Linked Open Data 化に適しているか,評価した.Exhibition catalog metadata have the potential to mediate library resources and museum resources, because of the specialty. we tried to analyze and evaluate metadata, with the aim of generated of linked open data. Analyzed the completeness and consistency of about 40,000 bibliographic records from a museum Libraries WebOPAC, that uses the NACSIS-CAT format. Compared the metadata with original format and JAPAN / MARC format in sample bibliographic records, evaluate the suitability for automatic linked open data generation.

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[展覧会カタログ][メタデータ][lod]
[図書館][museum][metadata][LOD] 展覧会図録

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

こういうプロジェクトはちゃんとあるんだなぁ。一度お話聞いてみたい(リンク先の論文本文はオープンアクセスです)→ CiNii 論文 -  展覧会カタログメタデータ評価の試み http://t.co/xfX8Qb1ndi #CiNii

収集済み URL リスト