著者
小橋 浅哉
出版者
社団法人日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.53, no.11, pp.610-611, 2005-11-20

言及状況

Twitter (43 users, 50 posts, 31 favorites)

紙の汚染 2005年資料 https://t.co/Q0w088UvJe 木下ブログ https://t.co/l4McXlObmt https://t.co/93ZCpaWoD6
紙に含まれるセシウムのこのレベルは残念だが私の測定では難しい。 http://t.co/EKTLWpnZGZ ダンボールでもセシウム満載だろう。 http://t.co/NXA47t9qmR
「紙 類 に 含 まれ る放射能」 http://t.co/AAvBTnCflZ あちこちで日用品に濃縮されているかもしれないのが困る。 キロ1ベクレルレベル以上出る奴があるかもしれない。
再生紙・・・・ RT @qwert131105 本・紙の汚染 「最近の紙類につ いては, 主として顔料によりもたらされている」 『紙類に含まれる放射能』化学と教育53巻11 号(2005年)http://t.co/4ZSQh6Wa1A http://t.co/BICSxhhIqu
@cmk2wl 「311後の国産木材が混入。」よーく見て下さい、これhttp://t.co/4TaoQCEIIN は2005年に出た論文ですよ。
@kaztsuda 「天然のα核種のほうが桁違いに多いのに ^^」論より証拠、この無料論文http://t.co/4TaoQCEIIN の表2をよく見ましょう!@cmk2wl @hopi_domingo @k_reichan @taka_x_taka
@hi_kudo 私も初めて知りました。紙はパルプだけでなく、添加物として鉱物系の材質が使われており、それが天然放射性物質源となっていることがこちらの論文で指摘されています。http://t.co/S33fU3yGnN
@kokikokiya 紙類 に含 まれる放射能 http://t.co/8q090BpVGK

収集済み URL リスト