nao (@parasite2006)

投稿一覧(最新100件)

長崎市の市街地の東には山地があり、爆心地の東から東南側は地形遮蔽により原爆の放射能の影響が市街地より小さかったとされるがhttps://t.co/Ihz3BXdpxM 爆心地の北東側の山間地、間の瀬地区では黒い雨が降ったとの証言があるhttps://t.co/WqqNcdebSi
RT @clear_wt: 放射線測定から見た復興 小豆川 勝見 学術の動向 Vol. 22 (2017) No. 4 p. 4_40-4_43 https://t.co/ENVkjrSCgc
福本先生、2015年3月に定年退官されたあと今は東京医大にいらっしゃるのか。https://t.co/QVYbdmWaT0 東北大学での「福島第一原発事故に伴う被災動物における体内放射性物質の動態および影響解析研究」https://t.co/E47gBNRuF7 も今年最終年度
RT @konamih: 「ヤマカガシ咬傷にて死亡した1例および本邦報告例の検討」 1984年に少年が咬まれて死亡した事例とそれ以前の事例の報告。被害は10代前半の男児に集中。これを受けて日本蛇族学術研究所が科研費による血清作成の試験を行った。 https://t.co/w…
RT @atsushimiyahara: 木下朋美「子宮頸がんワクチンの副反応と神経障害」(信州医学雑誌2016)著者自身の申し出により取り下げhttps://t.co/Z4BjlRVA8y 内科学会英文誌(Intern Med. 2014)の取り下げはしないのでしょうか?ht…
RT @atsushimiyahara: 木下朋美「子宮頸がんワクチンの副反応と神経障害」(信州医学雑誌2016)著者自身の申し出により取り下げhttps://t.co/Z4BjlRVA8y 内科学会英文誌(Intern Med. 2014)の取り下げはしないのでしょうか?ht…
RT @yas_igarashi: @NonbeeKumasan 全く同感です。科学的理解も重要(それで分るならそれに越したことない)ですが、「被災地支援」という感情でシステム1に訴えかけるのも同時に重要と思います。最近の論文では、被災地支援要因は、購買意欲を高めるだけでなく放…
このツイートhttps://t.co/gz3YMOC0MH の週プレ記事に登場する早稲田大・大河内博教授(大気試料中の植物熱分解成分の分析を予定)のグループは、福島県浪江町南津島の帰還困難区域の山林で放射性セシウムの動態を長期観測中https://t.co/MKY9ipQvTl
RT @drsteppenwolf: 研究成果報告書を読みたい人はこちらをどうぞ。 →山下俊一:甲状腺癌の原因物質の同定に向けた挑戦的疫学調査研究. PDF https://t.co/XyrK3W9WpY
RT @drsteppenwolf: 山下俊一さんは福島で硝酸・亜硝酸動態を測定している。 →甲状腺癌の原因物質の同定に向けた挑戦的疫学調査研究 https://t.co/UWDBZbuiS3
RT @y_morigucci: @clear_wt naoさんが言及されたのは、分析化学Vol. 66(2017) No. 4掲載の理科大グループの論文 https://t.co/0yW4N9nFGW もう1本、原発近傍でのタイプAに関する論文(佐藤志彦氏ら)を紹介しておきま…
@clear_wt @yard_1957 番組では何も言っていませんでしたが、実際は2011年3月当時に減衰補正した後の値だったのではないでしょうか?これは浪江町の土壌から見つかった大きめの不溶性微粒子の論文ですがhttps://t.co/t4609s05MO 減衰補正しています
この論文続報あるなら見てみたい:粒子状放射性物質の再浮遊と移流による2次汚染(飽本 一裕)Jpn. J. Health Phys., 49 (1),17 ~ 28 (2014) https://t.co/xQ9H6HVDlR 特に風速と再浮遊量の関係
「福島第一原子力発電所事故により1号機から放出された放射性粒子の放射光マイクロビーム X 線分析を用いる化学性状の解明」https://t.co/t4609s05MO 浪江町の土壌から採取した放射性微粒子の化学組成(Cs/Ba比)で1号機と2,3号機から放出された粒子を識別(続
@kazooooya 名古屋大学医学部付属病院の「頸部術後管理ガイドライン2007年」この論文https://t.co/wsxZHVcaf7 に参考文献12として引用。1年半前には閲覧できたのにもうリンク切れ。ダウンロードはこちらからhttps://t.co/McYCzPVvft
@Kontan_Bigcat 山階鳥類研究所の2011年の調査結果は2015年の日本鳥学会誌に論文として掲載されましたhttps://t.co/eKfUJqXuYj (論文が出た時に作ったまとめhttps://t.co/8okuOr2asy )
RT @kazooooya: 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 Vol. 34 (2017) No. 1 p. 7-16 ・小児における甲状腺癌の超音波所見 : https://t.co/wKJC8l8jmG (公開日 20170428)  福島県立医科大学医学部甲状腺内分泌外科…
RT @kazooooya: 節子、雑草喰ってないってよ 福島第一原子力発電所における原子力事故直後の食品摂取量調査:https://t.co/COS3FQN4sV 流通設備の損傷、不足、小売店の閉鎖は、食品規制の前であっても一般的にヨウ素-131で汚染された食糧や供給物が…
RT @kazooooya: 症状のない子ども達に甲状腺検査を行うとこの方達を見つけることに 高野徹・甲状腺がんの自然史[レビュー] 2017/02/02 : https://t.co/SCbSSpZqAQ 【Fig. 2 検死解剖で検出された甲状腺がん】 https:/…
@shiro123456 もっとも2003年以降になると、物理II(履修率は15%程度)のように、教科書にはあっても選択項目扱いになって実際に授業で取り上げられていたとは限らないという事態になってしまっていたようです。https://t.co/My0zfxpMu3
@shiro123456 情報どうも有難うございます。もとの資料https://t.co/My0zfxpMu3 を改めて見直すと、1982年に放射線が入らない必修科目理科Iが登場したものの物理には放射線が入っていたし、90年代も物理関連の3科目には放射線が入っていたとありました。
@koduck_psyduck この記事に登場する中学校の先生の担当教科はいったい何だったのでしょうね。高校の物理から原子核と放射線が消えたのは1980年代に入ってからだそうですがhttps://t.co/My0zfxpMu3 この先生の年代なら辛うじて高校生時代に習っていた?
RT @drsteppenwolf: 【必読総説】福島県甲状腺検診の3巡目までで分かることの解説あり。 →高野徹(阪大)「甲状腺癌の自然史」(2017/02/02、無料英文PDF) https://t.co/PBeGQim92X
RT @kazooooya: ほう、 大阪大学大学院医学系研究科 甲状腺腫瘍研究チーム:https://t.co/S8XpQj1BPY 高野徹・甲状腺がんの自然史[レビュー] 2017/02/02 : https://t.co/SCbSSpZqAQ 【Fig. 2 検死解剖…
RT @kazooooya: ほう、また積読が出来てしまった…今度読もう!^^; 第59回日本甲状腺学会学術集会 : https://t.co/1a4XsBjRD4 公開日 20170131  Vol. 92 (2016) No. 3 日本内分泌学会分科会抄録集 p. 5…
武田邦彦氏が論文提出で工学博士号を取ったhttps://t.co/LNg4T5ZYQz 約1年後に日本原子力学会誌に執筆した旭化成ウラン濃縮研究所の紹介記事https://t.co/4zbYUWywlx この研究所は創設以来イオン交換体を用いたウランの化学的濃縮に取り組んできた
RT @kazooooya: 津田っちの雑誌「科学」の記事ってこれかな? 買わないけど^^; CiNii 論文 - 甲状腺がんデータの分析結果 : 2016年6月6日第23回福島県「県民健康調査」検討委員会発表より (特集 甲状腺がん172人の現実) : https://…
RT @kazooooya: @tonkyo_Vc はい、「p値を出すのが正しいです」というのは分かりますが、「100万人の集団相手に調査をして0人」であっても、他の集団を調査すれば3人(95%CI範囲内)があってもおかしくないというのが、この文章(https://t.co/l…
https://t.co/Yxvx53EknN 論文はここに出ていました(有料)https://t.co/iPCInXAul9 やっぱり純系の実験動物を使うと閾値が見える(知る限りではこの日本語論文https://t.co/MoVvvkdNBP に続く2報目)
RT @drsteppenwolf: 保険会社のアフラックさんは2012年の時点でしっかり計算して、原発事故のリスクを喝破している。 →CiNii 論文 -  福島原発事故のがん保険への影響について https://t.co/YsgsAJRGJQ #CiNii
もっとも閾値の存在がきっちり見えたのは、あくまで確立済みの純系実験動物を使った動物実験なればこその話でhttps://t.co/MoVvvkvotn ヒトの場合は純系実験動物と違って閾値に個体差によるばらつきがある結果、集団全体としては「線形閾値なし」として扱わざるを得ないでは?
RT @drsteppenwolf: マウスでは、生涯1回当り0.5Gyの低線量放射線被ばくを受け続けても生存中にがんが発生しない。しきい値の存在を示唆。 →【無料論文】低線量放射線反復被ばくの発がんへの関与(2016年6月) https://t.co/BOAZwjwtXI
うーん、ナノ銀除染の片棒を担いだ元東北大学の岩崎信氏の科研費交付状況https://t.co/Nt8zmxR3D7 見てたらもともとは工学部で原子力工学の助手https://t.co/bvbAlhGcfB その後物理教育にシフトhttps://t.co/dq5LHD5pbU
うーん、ナノ銀除染の片棒を担いだ元東北大学の岩崎信氏の科研費交付状況https://t.co/Nt8zmxR3D7 見てたらもともとは工学部で原子力工学の助手https://t.co/bvbAlhGcfB その後物理教育にシフトhttps://t.co/dq5LHD5pbU
(続き)茨城大学・稲垣照美教授の「ネイチャー・テクノロジー」研究2009-2011年度分https://t.co/ojR3Ra57jQ の成果報告書https://t.co/fCGMxQnoXL を読むと、3ページ目に「ナノ銀と硝化細菌による生物的な水質浄化」と出てくる
(続き)茨城大学・稲垣照美教授の「ネイチャー・テクノロジー」研究2009-2011年度分https://t.co/ojR3Ra57jQ の成果報告書https://t.co/fCGMxQnoXL を読むと、3ページ目に「ナノ銀と硝化細菌による生物的な水質浄化」と出てくる
茨城大学・稲垣照美教授の「ネイチャー・テクノロジー」研究の方は2007-2008年度には494万円https://t.co/JCnZoc8jQX 2009-2011年度には507万円https://t.co/ojR3Ra57jQ の交付を受けている。(続く)
茨城大学・稲垣照美教授の「ネイチャー・テクノロジー」研究の方は2007-2008年度には494万円https://t.co/JCnZoc8jQX 2009-2011年度には507万円https://t.co/ojR3Ra57jQ の交付を受けている。(続く)
茨城大学・稲垣照美教授の科研費交付状況https://t.co/YytgaINN9V ホタルの研究は科学教育分野の奨励研究Aとして2年で210万円を交付されているhttps://t.co/9Oo6k3Hdvi 最終年度の実績報告https://t.co/0S1QfRpAw4
茨城大学・稲垣照美教授の科研費交付状況https://t.co/YytgaINN9V ホタルの研究は科学教育分野の奨励研究Aとして2年で210万円を交付されているhttps://t.co/9Oo6k3Hdvi 最終年度の実績報告https://t.co/0S1QfRpAw4
(続き)むし企画の綾部斗清氏の学位論文の内容は英語論文としても公表されてて(掲載誌Biogeographyは日本生物地理学会の英語論文誌)https://t.co/wLULH2sC6R ラストオーサーは稲垣照美教授。稲垣研の論文リストhttps://t.co/vzWhJTgV47
ふーん、むし企画の綾部斗清氏は玉川大学農学部で昆虫学専攻して2001年3月には日本応用動物昆虫学会でマルハナバチについて発表しhttps://t.co/afVbgFpF1Z 2013年9月25日に茨城大学から学術博士号授与されてるのかhttps://t.co/94KxtkZGOQ
ふーん、むし企画の綾部斗清氏は玉川大学農学部で昆虫学専攻して2001年3月には日本応用動物昆虫学会でマルハナバチについて発表しhttps://t.co/afVbgFpF1Z 2013年9月25日に茨城大学から学術博士号授与されてるのかhttps://t.co/94KxtkZGOQ
RT @janeway_tlr2: https://t.co/YifiK8wHJn 「自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案」 わたしの専門以外の分野ですけど、臨床家の姿勢として、こんなんでええのかなぁ~?って疑問は残る。「研究的姿勢を臨床現場に」的な内容で危険性…
RT @_hare_jp: 液体窒素飲用による胃破裂の1例 https://t.co/eu78HcuelN 高校学園祭化学部の催しでオレンジジュースと液体窒素を混合して飲用。
RT @konamih: 比嘉照夫の『作物の波動生理学』と題された「論文」のトンデモ満載ぶりを見て,最初のページの香ばしい記述に赤を入れてみたらこういうことに。EMというのはこういう御仁が提唱しているのだ。 https://t.co/C13fvW4XMQ https://t.c…
甲状腺検査どうあるべきか 武部氏、「無実のがん」見つけている:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet https://t.co/Yn7i5o9w14 紹介の論文はこれhttps://t.co/hwOj1AZfl7 とこれhttps://t.co/TOz2cDPcON
甲状腺検査どうあるべきか 武部氏、「無実のがん」見つけている:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet https://t.co/Yn7i5o9w14 紹介の論文はこれhttps://t.co/hwOj1AZfl7 とこれhttps://t.co/TOz2cDPcON
同じ神経内科医が書いた一つ前のブログ記事https://t.co/pZsvpq7iXH では同じ2014年の論文https://t.co/xVIXLM4bqc の起立試験結果のグラフを検討し、提示されている血中ノルアドレナリン濃度が日本人標準値の範囲内なのに異常とみせかけと指摘
なるほどねえ、神経内科の人が筋電図を読めばいろいろわかることがあるのか。信州大池田教授の子宮頚がんワクチン副反応。ブログ記事https://t.co/zdcSCBY64j の図の出典はこの2014年の論文https://t.co/xVIXLM4bqc
RT @fluor_doublet: 詳しい情報は中川先生の結晶学会誌の総説を。 https://t.co/jPbfjfQy6J また、農研機構のサイトに関連情報があり。 https://t.co/zy2xVxs0ps
なるほどこういう地元事情がありましたか。しかも医療関係者でないとなかなかわからない。https://t.co/Gb5UD1Is6a 広島大学の脳神経内科には頸部血管超音波検査ガイドラインの2学会合同の作成委員会の委員長をつとめた先生がhttps://t.co/nXzfNWWleV
@kaztsuda 東工大での工学博士の学位論文のテーマも治水行政がらみhttps://t.co/xrXBDkNv2x 取得も2011年。一応論文提出じゃなしに課程修了で取ってますから、議員秘書時代の経歴をアピールして社会人入学したか。
@nyoloro 「福島子ども健康プロジェクト」って文科省の科研費(科学研究費補助金)でアンケート調査をし、報告書を2つ書いてhttps://t.co/rX2uB8AhoJ https://t.co/wwvOqx3fLf 本を1冊出版https://t.co/jE0N8zgswd
@nyoloro 「福島子ども健康プロジェクト」って文科省の科研費(科学研究費補助金)でアンケート調査をし、報告書を2つ書いてhttps://t.co/rX2uB8AhoJ https://t.co/wwvOqx3fLf 本を1冊出版https://t.co/jE0N8zgswd
@drsteppenwolf はい。こういう論文https://t.co/yJJahe2M7l があればこそ例の民進党職員氏の甲状腺癌https://t.co/mtPYwxxZpf がいったいどんなきっかけで見つかったかに興味があるんですよ。
山梨県下の3つの病院で成人の人間ドック受診者全員(21,856名、 平均年齢49.7 歳)に甲状腺超音波検査をしたら、58人(男性28人、女性30人)が甲状腺がんと診断(受診者全体に対する発見率男性0.22%、女性0.32%)https://t.co/yJJahe2M7l
熊取の京大原子炉実験所が出した論文:福島第一原子力発電所事故により放射性テルルで汚染された白米の経口摂取による預託実効線量(保健物理 2016;51:19-26)https://t.co/qBbxz73JJG Te-127mの半減期は109日、Te-129mなら33.6日
日本生活協同組合連合会の陰膳調査結果(2011-2014年度)のまとめ論文https://t.co/kTUodOAHeP 対象地域は福島県と岩手県, 宮城県,群馬県,栃木県,茨城県,埼玉県,東京都,千葉県,神奈川県,山梨県,長野県,新潟県,静岡県,愛知 県,岐阜県,三重県,福岡県
700 μGy/hを最大238日間(総量で4 Gyに達するまで)マウスに連続照射しても精子の形態異常率は無照射時を越えない以上(https://t.co/RnWCgUeETa p.263、図2)浪江町西部(13.9 μSv/hと4.9 μSv/h)で野生ネズミ精子に影響なしは道理
(続き)高線量率(0.8 Gy/min=48 Gy/h=48000 μGy/h)で無照射時からの有意な増大が見られる(p.263、図2) https://t.co/RnWCgUeETa 実験法の項を見ると、実験用として最も一般的なICR系マウスに所定の照射量に達するまで連続照射。
英語論文https://t.co/9q455oBc9T の考察の項では、マウスを使ったγ線照射実験を紹介https://t.co/RnWCgUeETa 照射総量(0.2-4 Gy)は同じでも低線量率(といっても700 μGy/hです!)なら精子の形態異常率は無照射時を越えず(続)
@kazooooya 軍事域外管轄権法(MEJA )に関する国立国会図書館の解説資料https://t.co/oaXmSx08SK を見つけました。平時には軍法会議で裁けない軍属、契約者、軍属軍人の家族(いずれも文民)の犯罪を裁く法律として2000年に制定されたとあります。
RT @y_morigucci: 理系ねこさんのTwで知った千葉県環境研究Cによる論文。https://t.co/apriIJwg4s 調査対象の手賀沼流域の調整池のうち2か所には何度か足を運びました。@net2ml さんらと交わしたTwのまとめは2012年2月。https:/…
名古屋大論文https://t.co/WUvJxPuCRX は(タケノコのどの部分の放射性セシウム濃度が高いかではなく)竹の地上部の表面に原発事故直後に付着した放射性物質がどの程度内部に吸収され転流でタケノコに移行するか、また土壌からの経根吸収の影響がどの程度あるかを検討
名古屋大学農学部が福島県林業研究センターの協力を得て福島県川俣町山木屋地区(避難指示区域)のモウソウチク林を2012年5, 6月と2014年4月に調査した結果をまとめた日本語論文https://t.co/WUvJxPuCRX
RT @shanghai_ii: あったあった。これだ。 >宇都宮大学演習林における放射性降下物による樹体への影響 https://t.co/OS4QH84QU9 「晩秋は夏に比べ,Csは1.8倍の増加を示した」 (なぜか論文PDFは開かない)
RT @BON_NOB: …南北に拡大しつつある沖縄トラフの動きに連動して九州が割けてる?「別府-島原地溝は現在南北張力場の地殻の裂け目(リフトバレー)で, 沖縄トラフの延長部と結論される.」→沖縄トラフの拡大と九州地方の地殻変動/多田尭 (pdf) https://t.co/…
@drsteppenwolf 「裏目というより再発を怖れていない」米国の小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインhttps://t.co/DZSuPgSdcS では手術後も血中Tg濃度を定期測定し再発・転移を監視。手術後比較的短時間での再発があるのを前提にして備えているのですね
RT @drsteppenwolf: 「ひとたび甲状腺乳頭癌と確定診断が下されると,小児の場合も成人同様に外科手術の適応となり,手術合併症の回避が不可欠という条件下での全摘を中心とした治療指針が立てられることになる。」 →以下のWeb https://t.co/mFwOk2i…
RT @drsteppenwolf: 米国のガイドラインでは、「予後良好な小児甲状腺結節・分化がんの術前のリスク推定による治療選択ではなく,術中所見と術後リスクを考慮した術式(全摘中心)の議論」がなされている。 → https://t.co/XV5v5x4WuD
RT @drsteppenwolf: 欧米の現時点でのコンセンサス。(無料和文PDFあり) →山下俊一:ATA2015小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて https://t.co/XV5v5x4WuD
「おしょろ丸」が実習航海および研究航海で採取してきた北太平洋表層の海水中の放射性セシウム濃度の測定結果(2011年3月-2014年12月)は、この日本語論文https://t.co/aAdQdzolN1 にまとめられています。
@kaztsuda はい、沼沢湖のヒメマス放流の歴史はこの日本語論文を読みました:「福島県沼沢湖に生息するヒメマスの動物プランクトン選択性」紺野香織、坂野博之. 水産増殖 58(1),121-126(2010) https://t.co/itwqggCWM4
RT @kazooooya: 甲状腺腫瘤と超音波診断(小林 薫・隈病院外科): https://t.co/CPpFMumDiB 「微小乳頭癌がみつかる機会が増えている.それを高リスクと低リスクに分類し,低リスクの微小乳頭癌は手術を行わず経過観察を推奨しており,その結果は十分に満…
RT @kazooooya: 「今回の原子力災害から考えられることは,住民の健康を増進するためにスクリーニングは重要であるが,それ自体にも様々なメリットとデメリットがあることを受診者にもよく理解していただいて,検診をすすめてゆくことが大切である.」 https://t.co/N…
RT @kazooooya: 「小児甲状腺がんは成人のがんよりも予後がよい反面,臨床的にはリンパ 節転移や再発は比較的認められる.…スクリーニングの意味を受診者に理解してもらうためには,一般のがん検診と異なる上記の甲状腺腫瘍の特徴への理解が非常に重要である.」 https://…
RT @kazooooya: 「そこには科学的に放射線の影響を明らかにしてほしいという希望と,万一,わずかでも関連があった場合,早期発見で現実的なデメリットが少なくしてほしいという希望もあったかと思われる.」 https://t.co/NMqS4AKJRD
RT @kazooooya: 「チェルノブイリ原発事故の記憶と,低線量被曝の中で相対的に甲状腺の被曝線量が高くなるという原子力災害の特徴,子どもにおいて放射線発がん感受性が高い臓器が甲状腺であるという心配が重なり,甲状腺超音波スクリーニングが社会的に求められた」 https:/…
RT @kazooooya: 日本内科学会雑誌(2016/03/10) 甲状腺がんと放射線障害 https://t.co/NMqS4AKJRD (ウクライナ)甲状腺発がんを発症した45人の平均甲状腺等価線量は約 2,000 mSv,甲状腺がんを発症していない人の平均線量は約…
RT @kazooooya: 日本内科学会雑誌(2008/06/12)https://t.co/ljuuhFM1SU 2.チ ェルノブイ リ事故 と甲状腺癌 長瀧重信 芦澤潔人 「著明な異常は甲状腺癌で表1に示すように,ゴメリ地区では9237名中29名,10万人当 り202名と…
Endocrine Journalは日本内分泌学会の公式論文誌。ここに英語で投稿すれば世界中どこからでも無料で読んでもらえる。https://t.co/4C9L9uHO5K
福島県民健康調査の甲状腺検査一巡目(2011年10月9日-2013年3月31日検査分、すなわち2013年4月1日-2014年3月31日検査分=会津、いわき、相馬市と新地町の分を除く)の結果https://t.co/je4H5O3vBc がEndocrine Journalに掲載
@h_okumura 福本研のニホンザル研究開始は2013年3月からhttps://t.co/63jkWZK2VL 「羽山らのグループとは異なる結果となった原因の一つとして,羽山らは若齢個体のみを抽出して解析しているのに対して,我々のグループは年齢による選別をしていない点がある」
RT @h_okumura: n=9の回帰直線がどうのこうのという話だが https://t.co/ktC9PVRdHo にあるこれとの関係は?(Nスペ見てないのでわからない) https://t.co/0MQ2veGPut
RT @h_okumura: 奥村晴彦「震災と情報」情報処理 Vol.57 No.3 226-229 https://t.co/VKf0H6Krrz
@kikumaco 世界の高校生の個人線量論文https://t.co/sMOdbyjApb に福島県外から参加したのは岐阜県恵那市、岐阜県多治見市、神奈川県横浜市、兵庫県神戸市、奈良県大和郡山市、広島県福山市。これ以外のところからがいいですね。
@aizujin_k @kanna07409 (続き)「聖地の環境放射線量調査ー四国遍路編ー」埼玉県立大学紀要 ‰‡ˆ‰—ˆ‘—’„‘ˆ2012;14:35-41 https://t.co/sMOdbyjApb
@yajifun @kapyokapyo (続き)実績報告には達成度評価も書かなければならないのでhttps://t.co/dzCVaaCwie あまり大きな番狂わせは困りものです。実績報告提出の2ヶ月前なら最悪でも暴露実験のデータは揃えているのではないでしょうか。
@yajifun @kapyokapyo 科研費データベースhttps://t.co/n45G1vQdvK にはまだ1年目の実績報告書がアップされていませんが、すでに2015年3月末には文科省に提出されているはずです。1年目だけで663万円の研究費が交付されています。
RT @kanna07409: 岡山大学の津田さん、ダヴィンチ使えば、チェルノブイリのような傷跡にならない、と言ったのかな? ダヴィンチの適応→https://t.co/AnVAUjoSKs https://t.co/52VIkDBUcN
RT @Kontan_Bigcat: @ando_ryoko ちょっとググって出てきた1964年の古い論文。 https://t.co/FKzIfGVA7v 塗装面に、塩化コバルト60、核分裂生成物(FP)を付着させ、洗浄する実験。 水洗いだけでは、なかなか落ちないことがわかり…
RT @asilliza: あ、面白い論文発見。「玄米浸漬時の乳酸菌添加効果」https://t.co/ic6fmuqm3m バシラス属とエンテロバクターが玄米にはよく付着してるみたいだ。 https://t.co/gZ3jSuhbAY
この論文https://t.co/rjHbO1T3W6 の図3によれば、福島第一原発1号機の燃料のCs134/Cs137比(タービン建屋の溜まり水と原子炉建屋の地下水の測定結果から算出)は2号機3号機と比較して統計上有意に低く、1号機からの放出物は2号機3号機と区別できるのです
南相馬市小高区で栽培され、放射性物質の直接付着が認められた平成25年産玄米のCs134/Cs137比は1.013(2011年3月11日時点に換算)。一方この論文https://t.co/rjHbO1T3W6 で算出された福島第一原発2号機と3号機の燃料の比の値は1.00と1.01
(続く)放射性物質の直接付着が認められた平成25年産米が栽培された土壌、平成26年産玄米とそれを栽培した土壌のCs134/Cs137比(2011年3月11日時点に換算)はこの論文https://t.co/rjHbO1T3W6 で算出された福島第一原発1号機の燃料の比0.91に近い
RT @kazooooya: 増田善信氏の論文ってこれか…。 ネットで無料公開ぢゃなくて良かつた(゚O゚)\(- -; CiNii 論文 - 福島原発事故による放射性ヨウ素の拡散と小児甲状腺がんとの関連性,およびその危険性 : https://t.co/LxPadewNiW
ひょっとしたら旧聞に属するかもしれないけれど、東京の甲状腺専門病院の伊藤病院が2005年1月-2013年3月までの小児(4-15歳)の超音波検査結果を福島第一原発事故前後で比較した英語論文https://t.co/852PptFIwr 年齢補正後は事故前後で差なし
RT @jsdfq43wtr: あったw -> 大気中ラドン濃度の.... https://t.co/TQJozsaOoL

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(93ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @disaster_i: 10年以上前にやりかけた研究 https://t.co/3tcAwD6Aav によると,AMeDAS極値更新観測所の出現率は観測開始20年以降で年5%程度でした.2012-2017の6年間ですから,1300箇所×0.05×6=390箇所なので,格…

フォロワー(1758ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

2 2 2 0 OA 古事記傳

RT @HisadomeK: @gishigaku 伊邪那美神や大国主神も。 https://t.co/0X0jAbsd0K https://t.co/S7VfEjPdyT

2 2 2 0 OA 古事記傳

RT @HisadomeK: @gishigaku 伊邪那美神や大国主神も。 https://t.co/0X0jAbsd0K https://t.co/S7VfEjPdyT
#OSA業績 末次 健司, 福永 裕一(2017) ムロトムヨウラン(ラン科)を福江島に記録する 分類 Vol. 17 (2017) No. 1 p. 59-61 https://t.co/h25i0xAt5I
#OSA業績 末次 健司, 福永 裕一 (2017)タブガワムヨウラン(ラン科)を福江島に記録する 分類17(1) 71-73 https://t.co/niRF7NWFNl
#OSA業績 内藤 麻子, 稗田 真也, ほか 2017. 和歌山県に帰化した外来植物ゴウシュウヒカゲミズ Parietaria debilis G.Forst.(イラクサ科)について. 分類 17(1): 83-88 https://t.co/10mBCgMkXq
RT @disaster_i: 10年以上前にやりかけた研究 https://t.co/3tcAwD6Aav によると,AMeDAS極値更新観測所の出現率は観測開始20年以降で年5%程度でした.2012-2017の6年間ですから,1300箇所×0.05×6=390箇所なので,格…
RT @gilledwhale: 木下千花『溝口健二論 映画の美学と政治学』の書評を書きました。https://t.co/AS6iNxGaZl
RT @shomotsubugyo: @kurubushi_rm ・The Oxford guide to library research / Thomas Mann. -- 3rd ed. -- New York : Oxford University Press , 20…
RT @sohsai: すごく面白い論文! https://t.co/cdn8i3za5O こういう分析の仕方もあるのかー。「田園調布」でやってみたい。
RT @__kirin_config: 河川水、ミネラルウオーターのウラン(種にU-238)とトリウム(Th-232)の濃度はこれ https://t.co/zMJsjRahfs それに比放射能をかけてBq/Lで計算する。これは、日本人が長年、代々、自然から摂り続けた水。これと…