著者
下井 守
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.54, no.5, pp.282-285, 2006
参考文献数
8

酸素は無色透明の分子であるが,液体状態では薄い青い色を示す。また酸素は偶数の電子を持っているにもかかわらず磁石に引き寄せられる常磁性という性質をもつ。この酸素の特異的な性質は,ルイスの電子対や原子価結合法では説明ができないが,分子軌道法と分子間の相互作用により説明される。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 7 posts, 2 favorites)

子供に聞かれてググったなう CiNii 論文 -  液体酸素はどうして青く,磁性があるのか(講座:身の回りの素朴な疑問4) https://t.co/8L78s3QwMe
今初めてYouTubeで確認して感動してる。 解説も読んでみた。 http://t.co/iALcRL3b3l “@gensogaku: 化学系のひとじゃないと意外と知らないみたいだけど、液体の酸素は磁石に引っつくわ。初めてみたときは私もびっくりしたなぁ……。”
今初めてYouTubeで確認して感動してる。 解説も読んでみた。 http://t.co/iALcRL3b3l “@gensogaku: 化学系のひとじゃないと意外と知らないみたいだけど、液体の酸素は磁石に引っつくわ。初めてみたときは私もびっくりしたなぁ……。”
@hilite69 http://t.co/nc5xOTlA 本ではないが。
@hilite69 http://t.co/nc5xOTlA 本ではないが。

収集済み URL リスト