著者
瀬戸口 裕二
出版者
名寄市立大学
雑誌
名寄市立大学社会福祉学科研究紀要 (ISSN:21869669)
巻号頁・発行日
pp.23-33, 2012-03

ハンセン病療善所奄美和光園においては、優生保護法下に生まれた子どもたちが存在していた。末感染児童は、親と隔離された保育所内で生活していた。国立療養所であり、政府の管理下にあった和光園において、患者の出産が可能となっていた背景について、資料を通して人物史的に考察した。戦後の混乱期にあった奄美大島において、カトリックの思想に基づいた職貝たちの活動が、園内出産を可能としてきたことが明らかとなった。また、出産と同時に発生した、養育と教育についても概観した。

言及状況

Twitter (8 users, 8 posts, 8 favorites)

CiNii 論文 -  優生保護法下で生まれたハンセン病患者の子どもたち:その人物史的考察のための予備的研究 https://t.co/lFT5z8mPYs #CiNii
#NowBrowsing CiNii 論文 -  優生保護法下で生まれたハンセン病患者の子どもたち:その人物史的考察のための予備的研究 https://t.co/yuv6EcSiNi

収集済み URL リスト